上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

よく見るとケツアゴなのね。









…私は、ソファーに座り、グラス片手に煙草を燻らせている。

外はとうに日が沈み、辺りは静寂に包まれている。


そして、その子は私に寄りかかり、裸で毛布にくるまり、静かに寝息をたてている。

起きている時とは打って変わって、子供らしい、あどけない寝顔だ。


……、


数刻前、私は部屋に入るなり、真っ先にこの子を抱き寄せた。久方ぶりに会えたことで、感極まっていたのだ。

突然の私の来訪に戸惑いながらも、その青く大きな瞳は、誘うような目で真っ直ぐに私を見つめている。

私は抱き寄せたままソファーに倒れこみ、その身体に触れる。

少しでも腕に力をこめると、折れてしまいそうな胴や背中を、私は鳥の羽が触れるかのように優しく愛撫する。

また時に、吐息を吹きかける。

その子はくすぐったそうにしながらも、目をほそめ恍惚の表情を浮かべる。


すると、今度は反対に、その子の方から私の上に跨がってきた。

その表情は、子供らしい無邪気な顔のようでもあり、小悪魔のような表情でもある。

そして、私の指を優しく舐め、時折歯を立てて愛撫する。

私はその心地よさに浸る。


次の瞬間、私の胸に痛みが走る。

私の胸に爪を立てているのだ。

しかし私は、痛みをこらえることも、抵抗することもせず、身を委ねている。

痛みも、時に快楽へと変わる、そう思える瞬間だった。


……、


そして翌日、私は身支度を整え、部屋を後にする。

見送りながらも、その子は私を名残惜しそうに見つめている。


私もそうだ。

しがらみや体裁を全て捨て去って、この子と共に生きてゆけたら、どれほど良いだろう。

しかし、私にはもうひとつの生活がある。ここに何時までもいるわけにはいかない。


そして別れ際、私は言う。





「おーおー(´∀`)、まァた来るからのォ~。お母ちゃんらのゆーコト聞いて、エエ子にするんやで~( 〃´∀`)。ウリウリ~。」




という感じの、ざわぞんの休日でした。



え?


なにかオカシイですか?(@゚▽゚@)


ニャンニャンなひとときを、赤裸々に綴っただけですが、なにか?



…ぁあ( ̄▽ ̄;)、そうだね、レビューだね(Σコイツ)。




本日は、ちィと毛色の違う作品です。

ジャケでデカデカとアピールしている通り、『ターミネーター3』のT-Xを演じた、「クリスタナ・ローケン」を主役に持ってきたファンタヂック作品、その名もまんま『T-X』。


ただし(@゜▽゜@)。


『ターミネーター3』より製作年が古い。

つまり、A級のスピンオフではないのは確かデス。


いや~、ヤバそうだ┐('~`;)┌。



発売元―角川書店

販売元―ジェネオンエンタテインメント

監督―リック・ジェイコブソン

製作総指揮―ローレンス・カザノフ、スティーブ・ハットマン

1998年/アメリカ映画

購入価格―1280円(中古)



《ストーリー》

人間の住む世界と、人間とは異なる種族が住む闇の世界・アウトワールド。

アウトワールドの支配者シャン・ツンは、人間界をも手中に治めようと画策し、人間界に配下の兵を送り込む。

それに対抗する地下組織の戦士クン・ラオ、タージャ、シローの3人は、日々鍛練を重ね、アウトワールドから来る侵略者と戦いを繰り広げていた。


そんなある日、彼らの住む町に西の地から1人の男が訪ねてくる。

自身も戦士だと名乗る男・トマスは、すんなりタージャと打ち解け、彼らの生活に溶け込む。

しかし、彼が町に訪れてから、連続して殺人事件が起こり始める。

トマスは本当に戦士なのか、それとも…?



《登場人物紹介》

―タージャ―

女戦士。クリスタナ・ローケン。


クン・ラオやシローと共にアウトワールドからの刺客と戦い続けている。

後先考えずつっ走り、時に周囲に迷惑をかけてしまうやや身勝手な性格。

新たに加わったトマスを歓迎し、彼と一緒に過ごすうちに徐々に惹かれていくが…。


幼い頃に両親と妹と生き別れ、アウトワールドに居るといわれる父親を探している。



―クン・ラオ―

短髪のアジア系戦士。


3人の中のリーダー的人物で、沈着冷静。

地下組織の戦士の中でもトップクラスの実力を持ち、シャン・ツンすら脅威として警戒している。



―シロー―

ロン毛の白人。長身。


日本人みたいな名前だが、08小隊の隊長ではない。

直情的な性格だが仲間思いのイイヤツで、実力もクン・ラオには劣るもののかなり高い。

その仲間思いの性格ゆえに、新しく仲間に加わったトマスを不信に思っている。



―トマス―

西から来た戦士。金髪のイケメン。


クン・ラオ達と共に戦いに加わる為、町を訪れる。

ハンサムで性格も良く、非の打ち所の無いような好青年。

実はクン・ラオに匹敵する腕前をもつ実力者で、腕試しの際にはシローを圧倒した。


タージャと互いに惹かれあうが…。



―シャン・ツン―

アウトワールドの皇帝。


仮面を被っており、素顔は不明。

死人すら甦らせる強大な魔力を持つと言われ、人間界を掌握すべく、刺客を次々に送り込んでいる。



《総評》








まず原題でビビりました。


『MORTAL COMBAT』



…ほーぅ(@゚д゚@)。

原題、モータル・コンバットって言うんか…ふんふん…。


………、



…あっれェ!?(゜Д゜;



モータル・コンバット!?格ゲーの!?

なんで!?(゜ロ゜;



で、さらっと調べてみました。


どうやら原題の通り、格闘ゲーム「モータル・コンバット」の実写作品のようです。


……映画ではなくTVドラマの。


しかも全22話中の、8話と13話を無理矢理つなげて作ったそうです。



はイぃ!?Σ(゜ロ゜;


なんで?ねぇ…なんで?(半泣き)

なんでそんな中途半端なトコ寄せ集めて、『T-X』とか名付けてリリースしたの…!?


ぅオぃ角川!

なに考えとんだ!!



ぐぬ…(-""-;)、なんだコレ…、


ま…まぁ、良い。


せめて少しでも面白けりゃ、それで良い。


格ゲーが元ネタっつうことは、肉弾戦イッパイってコトでしょ?

ハナシ途中からで、終わりが中途半端でも、ストーリーなんて元から無いから大丈夫でしょ?(どーゆー理論だ)


もう、そーゆーつもりで観るワ、もう(嘆)。



…で、一応最後まで観ました。


ホントに半端に始まって半端に終わりやがった( ̄▽ ̄;)。


しかし、それは覚悟の上。

要は、たとえストーリーが意味不明でも、面白けりゃあいいんだ!

『スーパーナチュラル』とか『トゥルーコーリング』は、中途半端な回だけ観ても面白いしな!

なにせ1話完結形式だから!!(ぢゃ、ダメじゃん)



さてさて、ストーリー以外のトコは、




はい、残念!!Σ(ノд<)


駄目!全然駄目!

TVドラマってのをさっぴいても情けない出来だ!


演技やセリフ回しは恥ずかしいぐらいにクサイ、

CGは観ていて悲しくなってくる、

セットはチャチさ爆発。


さすがに肉弾戦シーンは頑張ってますが、なんだろう、この、

「一撃が軽そう」な感じは( ̄▽ ̄;)。

なんてゆーのかな、そう、ワイヤー無しの『マトリックス』の格闘シーンみたいな。

なんかパンチとかキックとか、痛くなさそう。

こんなヌルい肉弾戦で格ゲーを語るとは…。



角川ァ!!(コレは八つ当たり)

テメェ覚えてろよ畜生ォオ!!(涙目)



あーあーあーあ(;´д`)。


珍しく大金(\1280)はたいて買ったとゆーのに。

ろくでもない中身でしたヨ。


面白くなくとも内容がゲテモノなら、どんなヤツでも大歓迎だったのに。

まさかTVドラマのハンパな話数のトコを観せられるとは…。



皆様。


今さらですが、コレは映画ではありません。

というより、一つの作品ですらありません。


地雷?いやいや、そんな大層なモンではありません。


もう、道端に吐き捨てられたガム。

踏んだら「うわ、最悪や(;´д`)」と言うレベルです。


地雷踏んで爆死するほうが、何倍も幸せですヨ。鑑賞は禁物。



……角川ァ!!(言い過ぎ)


(レビューおわり)


でも角川ホラー文庫は好きヨ。
|07/17| ステゴロコメント(0)TB(0)

ジャケは嘘つき。でも邦題は正直。







過去を失ったハゲのムキムキが、

犯罪渦巻く大都会で、

銃、剣、拳、ありとあらゆる武器を駆使し、

自分の記憶を奪い、陥れた奴らに報復するため、

大都市を戦場に変える…!







ウゥッソぴょ~ん(@゜▽゜@)。



ンなダイナミックかつスケールのでっかいオハナシなワケないっしょ(@゚▽゚@)。


今のは、ジャケから想像した内容であって、中身はもっとちんまりしております。


しかしコイツは、「ちんまり」の一言では片付けるコトができない作品なのです。


前口上はこのぐらいで、始めまひょか。『ファイティング・アルティメイタム』デス。



販売元―ファインディスクコーポレーション

発売元―彩プロ

監督・脚本―ジェシー・ジョンソン

2004年/アメリカ映画

購入価格―480円(新品)



《ストーリー》


メキシコ南部の小さな町。

その町はマフィアであるマリエッタ・ファミリーが支配しており、表向きは平穏な町だが、裏ではあらゆる犯罪の温床と化していた。

そこに住む住民の楽しみは、夜な夜なマリエッタが運営する、ルール無用の賭博式デスバトル。


そして、そのデスバトルで破竹の連勝を重ねる1人の男がいた。


「エル・ヤンキー」という通り名のその男は、鍛え抜かれた肉体と高度な技をあわせ持つ格闘技の達人であったが、過去の頭部への銃撃で、一切の記憶を失っていた。


闘いに明け暮れる日々の中、彼の脳裏によぎる昔の記憶。

銃を手に多くの人の命を奪う自分の姿と、自分に優しく微笑みかける、マリアンと呼ばれる女性…。


一体自分は何者なのか。

全てを知ったとき、彼は最後の闘いに赴く…。



《登場人物紹介》

―エル・ヤンキー―

主人公。スキンヘッド。ヒゲ。細マッチョ。


過去に頭部に銃撃を受けて記憶を失っており、その治療代と日銭を稼ぐため地下のデスバトルに身を投じた。

数ラウンドは対戦相手に一方的に攻めさせ、花を持たせてから圧倒的な強さで叩き伏せるスタイルで連勝を続けている。


普段は教会で暮らし、暇な時は慈善活動をし、稼いだファイトマネーのほとんどを教会に寄付する清い心の持ち主だが、時折フラッシュバックする自分の血塗られた過去に苦悩している。


素手格闘も超一流だが、実は銃の腕前も一流である。



―マロノ―

主人公のマネージャー。マリエッタ・ファミリーの下っ端。戦わないのにムキムキ。


記憶を無くした主人公の身の回りの世話をし、主人公の格闘センスを見初め、デスバトルに参加させた。

はじめは主人公を自分がマリエッタ・ファミリーでのし上がるために利用していただけだったが、善良な主人公に心底惚れ込み、良き友人となる。

実は主人公の過去を知っている。


―マリアン―

主人公の夢に現れる女性。


その中では、2人は幸せそうに微笑み合い、乳繰り合い、まるで恋人同士に見える。

主人公は日々、夢でしか会えぬ彼女に思いをはせている。



《総評》







ひとォーことォー(@゚△゚@)。


一風変わった味わいの作品でした。




記憶を失った、最強の男。


と書くと、CIAの「トレッドストーン作戦」で生み出された某暗殺者にダダかぶりデスが、

戦闘力が異常に高いコトを除けば、あとは全然違います。



あのエージェントのように暗殺者から狙われたりしませんし、必死に自分を探して旅に出たりしません。

賭け試合に参加して日銭を稼ぎ、教会で寝泊まりするだけ。

ただ、毎夜夢に出てくる、人を殺している自分の姿、マリアンという女性との思い出。

そして、昼夜問わず現れ見つめる、名も知らぬ女性の幻覚…。

一体それらが何を意味するのか。


過去を取り戻したい思いと、自分の本性を恐れる思い。

日々苦悩しつつも、ズルズルと今の生活を続ける主人公。


毎日同じように起き、祈り、闘う、という生活を繰り返す主人公は、傍目には清く善良ですが、心ここにあらずという感じで、まるで抜け殻のようです。



しかし、ついにその日々にも終わりの時がやってきます。



夢の中の女性、マリアンが現実に現れるのです。

知らされる真実と、自分の正体、取り戻した過去。


予想はつきましたが、改めて聞かされると衝撃的でした。


そして、最後に主人公がとった行動とは…!?





さて、ココまでだと主人公の過去を巡るサスペンスアクションのようですが、


全然そんなコト無かったりして( ̄▽ ̄;)。


確かに本筋は主人公の過去の話。

しかし実際は、デスバトルを前面に出した、バイオレンス格闘アクションなんデス。


なにせ、尺の半分以上はステゴロシーン。

しかも出来栄えがハンパない(゜ロ゜。


『ヒューマノイド』のような洗練された近接戦闘も良いですが、

今作のような、ヒジ、ヒザ、サブミッション、何でもアリの「勝ちゃあ良いんだヨ!」的な泥臭いストリートファイトも良いですな。


それに主人公「エル・ヤンキー」が強いのなんの。

エルボー、飛びヒザ、まわし蹴り、寝技、どれも動きにキレがあってカッコイイ。


一昔前は、ワイヤーアクションを多用した人間離れしたアクションが主流でしたが、最近は現実的なリアルな肉弾戦が流行りのようですな。



そしてクライマックスでは、過去を取り戻した主人公が魅せる、最後の闘い。

銃撃戦、剣撃戦と、最後の最後にド派手な死闘を繰り広げます。

愛するマリアンの為、そして、自分の過去を精算する為に。




いやはや、なかなか見応えのある作品でした。

そりゃあ、なんだかんだ言っても所詮B級はB級ですんで、細かい不満や筋の通らない展開もありましたし、主人公以外のキャラの作り込みは浅いと感じましたネ。

特にラストの銃撃戦はややリアルさに欠けていたのが残念でした。


しかし、それなりに考え練って作られた非凡なストーリーと、良質な出来の格闘シーンは、「ありきたりな低予算映画」という一言で片付けてしまうのは、あまりに惜しい。



本筋の、失った自分の過去探しに、リアルなストリートファイトをスパイスとして味付け、見終わった後に何か奇妙な余韻を残す、風変わりなアクションエンターテイメント。

『ファイティング・アルティメイタム』、興味のある方は、御覧になってみては如何でしょうか。


(レビューおわり)


……って、アレっ?




…………、




ウワァーーーッ!!!Σ(´Д`;


なんだコノレビューはッ!!



B級の作品を、さも面白そうに書いてンぢゃねぇよ!


嘘こそ書いてないケド、表現の仕方がほとんど詐欺まがいぢゃねーか!

皆さんッ!


B級デス!B級ですからッ!

所詮新品480円のワゴンセール品ですからッ!



「へぇ~。観てみよっかな」とか考えないで!

たとえ鑑賞しても、管理人に牙を剥かないで!


久々に言いますが、


鵜呑みにしないでッ(≧∇≦)!!
|03/29| ステゴロコメント(0)TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。