上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

戦場(レジ)へ送り出すのをためらった作品



昨日はレビューしもって、テレビでやってた『フェイス・オフ』を観ておりました。

何度見ても息を飲む、素晴らしい映画デス。

ジョン・ウー最高!










…はあっ!!(°Д°)

ワシとしたことがなんちゅーダボなことを!!

昔観たA級映画に浮気やなんて!Σ(ノд<)

出来心やったんや…スマンB級…!


…ああ、そうや…あのA級とのことは昔のことや…もう見ぃひんようなって、とうの昔から会ーてなかったんや…。

それが昨日、突然ワシの前に現れよってな…。
ワシもそん時、お前と色々あったやん…?
ほいで、そないな沈んだ時に、ワシの目ェにあいつが映りよったんや。

「なつかしーなぁA級。元気しとったんか?」

それからや……ワシはA級に夢中になってもとった…。
ズルズルと…CMはさんで延々二時間…。
そん時あいつがくれた時間は、当時のワシのささくれた心を満たしてくれよったんや…。

せやけどな、ホンマのこというたら、お前んことはちゃんとアタマん中にあったんやで…レビュー書いとる途中やったしな…。

でもな、ワシ、自分のコト、抑えられんかったんや。

映画好きのサガっちゅうやつに、ワシも勝てなんだ…。

せやけど、今はちゃうで。ワシ、気付いたんや。ホンマに、ホンマに心ん底から惚れとるんは、一生でお前だけやてな…。

なぁ、ワシ、やっぱりお前を観ていたいんや…。

…ワシがアホやったんや…お前にクソカスにゆわれてもしゃーないのはわかっとる。
それでも、こんなワシを許してくれへんやろか…。

…ええんか?…おぅ、わーっとる。もう二度とお前のそばからはなれへんわ。

一生、お前とやっていこ思うとんやから。

この先、どないなっても

お前だけを観続けていくわ。

(挿入歌―LIFE TIME RESPECT/三木道山)












(茶番終了。)



はい(・∀・)。ざわぞんでス。
茶番はいかがでしたか。
文量稼ぐために、思いつきで書いちゃいました。
だって今回の作品、





中身あらへんし。(@゚▽゚@)


もう茶番で引っ張りませんから、一応レビューも見てってください。m(__)m

『バイオアマゾネス』です。



発売元―エムスリイエンタテインメント

製作総指揮―アロン・シフマン

製作―デヴィット・スターリング

監督・脚本―ブラッド・サイクス

2001年/アメリカ映画

管理人の購入価格―390円(レンタル落ち)


上の文章を茶番と書きましたが、こっから下も半分茶番です。
茶番を鵜呑みにしちゃイケませんよ(-ω-)



《(元からスッカラカンな)ストーリー》

三百年前に存在し、突如として滅び消えた「アクマ族」。

考古学者のポール、恋人でカメラマンのテレサ、テレサの親友で考古学に詳しいルビー、ポールの助手のミッシェルの4人は、アクマ族がいたといわれるペルーの森へ遺跡調査に訪れる。

そこでテレサは、キチガイメイクの半裸女性を目撃。
単身後を追うが、その女性に殴打され気絶してしまう。

テレサが目覚めると、そこは病院。
気絶していたところを発見され、搬送されていたのだ。

テレサの肩には咬み傷があり、それはいかなる獣のものとも異なる歯形だった。

その日を境に、徐々に血を渇望してゆくテレサ。

実はアクマ族が滅んだのは、女性のみが感染し凶暴化してしまう、未知のウイルスが原因だったのだ…。



《(薄すぎて水増しできない)キャラクター紹介》


―テレサ―

主人公でヒロイン。金髪ショート。巨乳。仕事はカメラマン。

ウイルスに感染してしまい、次第に血を求め、凶暴化してゆく。

登場シーンの尺の半分ぐらいチチを出す露出癖のあるヒト。

普段の管理人なら、「イェア!エェのぉ、エェのぉ」
と、鼻の下を伸ばして観てるトコだが、いかんせん好みじゃない。
なんていうか、なんとなくバタ臭い風味の女性で(女優サンに失礼)、珍しく管理人の守備範囲外だった。

ただし、脱ぎっぷりは素晴らしい(*´∀`*)。



―ポール―

テレサの恋人。考古学者。これが欧米でのイケメンなのか(いちいち失礼)。モテる。

テレサの変わりぶりに心配しながら、同僚のミッシェルの誘惑に負け、彼女の家でちちくr(自主規制)。



―ルビー―

テレサの親友。黒髪ロングの美女。この人は脱がない。残念。

アクマ族の情報通で、ストーリーにおけるキーパーソン。

凶暴化したテレサに襲われる。

何事もない様子だが…。



―ミッシェル―

ポールの助手(っていうか秘書)。金髪ショート(テレサとかぶる)。スレンダー。この人は脱ぐ。イェア!

ポールを見つめる眼差しが熱い。

テレサはそれ見てイライラ。

でもテレサより顔は可愛らしい(管理人眼)。ボディは劣るが。

ポールをトップレス姿で誘惑。
誘惑に成功し、絡みながらベッドインするも、途中でポールが「ゴメン、やっぱ無理ぽ」と拒否りやがったので「出てけ!氏ね!チンカス!!」とブチギレする。

その後、浮気現場を一部始終見ていたテレサがふみこんで…。



―ニック―

テレサの同僚。メガネくん。実はポールより男前(管理人眼)。

テレサ版の、ポールに対するミッシェル的な存在。
テレサを見つめる眼差しが熱い。
ポールはそれ見てシカト。対等に見てないな、これ。

撮影スタジオでテレサを拾い、じぶんちにお持ち帰り。

ワインで乾杯した後、テレサとs(再び自主規制)。

テレサの(今の)本性をポールから知らされるが、んなこたぁナイとテレサを弁護。

純情なヤツだ。

しかし結局…。



―ハマー―

刑事さん。ポール疑う。犯人テレサと気づく。追う。

以上。



《(規制されたら完全消滅しそうな)総評》




やっちった。Σ(ノд<)

これはアレだ。
B級ホラーの皮をかぶったソフトポルノだ。

ホラーの要素ほぼ無いし(血はまぁ出るか)、ストーリーの半分が性行為シーン。

ジャケ文句『NEWジャンル「細菌エロス」誕生!!』

「エロス」は合ってる。

「細菌」はほぼナシ。

つまりほとんどただの「エロス」。

ということは「NEWジャンル」でもないな…。








これが詐欺か!!(゜ロ゜ノ)ノ



…ま、どうでもいいか。(@゚▽゚@)
つまり、この映画は、ウイルスをスパイスに加えた、男女がアハンウフンばっかりする内容の作品です。

以上。



…ダメ?…んじゃあもう少し突っ込んだ(下ネタぢゃないよ!)レビューやっときますか。(オイ)


これホントに2001年の映画?

なんか全体的に昭和の香りがただよってますケド…。

その時代で言えば、テレサは間違いなく美人の部類でしょう。つまり古いタイプの美人。

ほかの登場人物も然り。一世代前の人たちって感じです。きっとその時はポールもイケメン。


あと、肝心の(?)アハンウフンなシーンですが、

多い。ホント多い。
そのくせたいしてエロくない('ε'*)。



そりゃあ、「大人の階段のぼってるシンデレラ」的な少年タチが携帯するのは、単純な〈シンプルブローバック方式〉または〈オープンボルト方式〉の〈反動利用式〉のヤツなので充分作動するかと思いますが。

しかし〈クローズドボルト方式〉のオトナにはもの足りません。管理人なんて〈ローラー・ロッキング・ディレイド・ブローバック方式〉なんで、この程度では快調に作動しません。
〈ガス圧作動方式〉の皆さんは、おそらくジャムを起こすでしょう。



最近あまりにセクハラ発言が多いんで、自主規制をくぐり抜けられるように銃器用語フィルターでオブラート並みに包んでみました。m(__)m

なに言ってんのかさっぱりでしョ?(@゚▽゚@)


つまりは、こどもには充分、オトナには不足っちゅうコトですわ。
だって、肝心なとこゼンゼンみえn(自主規制)。

(レビューおわり)


これからは、あまりにゴンタが過ぎるトコロは、今回のようなフィルターを活用したいと思いまス。
読みにくいし、マッタク理解不可能と思いますが、健全な(なにが健全か)レビューの為にご理解をお願い致しマスm(__)m
スポンサーサイト
【】
擬似ブローバックの俺はどうしたら…
2013/03/23 00:21* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/9-e20f6a15
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。