上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

こんなんもぅ大好物(´∀`)。





ん~、ジャスティ~ん(*´ー`*)。



の、終末世界モノです。


秩序の崩壊した世界で、

平凡な一家が、

生き残りをかけて、

銃を手に明日を生き抜く。


そんな展開を匂わせる素晴らしいジャケットでございマス。



ただ過去には、同じく素晴らしい終末ジャケでムンムンに期待させてくれ、内容は終末とは程遠い病院内でのかくれんぼだったという、

ジャケは一流、役者は二流、出来は三流の大物詐欺師『ファイナルワールド』の存在があります。


たとえ腐ったB級をこよなく愛す管理人といえど、

期待をものの見事に裏切ったコレには大いに肩をすかされたモンです。



さて今回は…?



発売元―ジャスティ

監督・脚本―ジャスティン・マコーネル

製作・原案―ケビン・ハッチンソン、ジャスティン・マコーネル

2010年/アメリカ映画

購入価格―480円(新品)



《ストーリー》


それは、大勢の人々の中の一部の人間に起こる、原因不明の症状であった。

その一部の人間は、前触れもなく突然狂人と化し、周囲の人々を無差別に殺し始めたのだ。

そして、政府が対応する間も無く、その症状を発症する人間は瞬く間に増え、世界はあっけなく終焉を迎えた…。



発症した者はもちろんのこと、そうでない者も自身が生き延びるために暴徒と化した、秩序の崩壊した世界。

そんな世界でも、一握りの正常な人々は、いまだ希望を持ちなんとか生き抜いていた。


スコットの一家も、安全な場所を求めて、大都市から遠く離れた田舎町へ向かおうとしていた。

しかし、武装した無法者たちが、彼らの近くまで迫っている。


果たしてスコット達は、無事に安息の地に辿り着くことができるのか…?



《登場人物紹介》


―スコット―

主人公。中年。一家の大黒柱。


家族を連れ、長男が住む田舎町へ向かおうとしている。

大黒柱でありながら、過去に家族をほっぽって家出していたコトもあるやや問題のある父親ではあるが、実は元ハンター(猟師)であり、彼の代までは父も祖父も皆ハンターという生粋のハンター一族の末裔。

銃器の扱いは勿論のこと、森での動き方や生活の方法を熟知したサバイバルの達人であり、一家をひっぱる頼れるオヤヂである。



―ニコール―

スコットの妻。

A級映画によく見られる、年齢の割に若く美しい人妻…ではなく、年相応の中年のオバsa…マダムである。

過去に浮気をしたコトがあるらしい。



―アーロン―

次男。

すでに一人立ちし、今は音楽関係の仕事をしているイマドキの兄ちゃんである。

父親が自身の代で狩猟をやめてしまったため、彼には父親のような戦闘力は無い。



―レベッカ―

長女。というか末っ子。

彼女も一人立ちして働いている、イマドキの若者である。

たとえ世界が崩壊してもムダ毛の処理を欠かさない、身だしなみに気をつかう女の子らしい女の子である。



《総評》

ネタバレします。

バカ映画のネタバレはいつものコトですが、今回の作品はシリアスな作品で、かつラスト数分が重要なんで、あらかじめ警告しときマス。





さて…。



ああ、惜ッしいなァ、コレ。



途中までは実に良かった。

まさに管理人が期待した、一般人のリアルなサバイバルの模様を描いておりました。




市街地を行動中、女性が自殺した現場に遭遇した一家。

彼女の手には、自らの命を断ったと思しき拳銃(コルトパイソン2インチ)。

遺体から物を取るということに若干の後ろめたさを感じつつも、拳銃を手にし、シリンダーに込められた残弾を確認し、腰に差す主人公。

さらに、彼女(遺体)の物と思われる車を探り、トランクにもう1人の死体を見つけ、毛布にくるんで外に出し、家族と共に乗車。


ガソリンの残り少ない車、残弾4発の拳銃。


頼り無い武器と車で、親類の住む田舎町に向けて出発する一家。




もう、掴みは最高デス(*´ー`*)。



道中店に立ち寄り、缶詰めなどをリュックに詰め込む一家、店主が強盗対策に置いていたボルトアクション式の小銃(エンフィールド)と弾丸を見つけるスコット。


そこへ一台の車。

中から現れたのは、ガスマスクを被り、自動小銃(AK47)を携えた2人組。


スコットは手慣れた手つきで小銃に弾を装填し、家族と共に森へ逃げ込む―。




どうですか!?

最高ぢゃないですか!?


ここまでは素晴らしい!



移動手段、食糧の調達、武器の入手など、一般人のサバイバルの様子をじっくり綿密に描いた、素晴らしい前半です。


また、銃器の扱いを熟知し、サバイバルにも長けた父親のキャラが良い。

ライフルを分解して整備するシーンなんかは、管理人みたいなバカ野郎には生唾モンです。



そんな感じで、前半は実に良かった。

そう、実に良かった!!(強調)



でも中盤から展開がガラリと変わります。


スコットとアーロンが偵察から帰ってくると、ニコールとレベッカが死んでいます。

無法者の手にかかり、無情にも殺されてしまったのです。

悲しみに暮れながらも、旅を続ける男2人。


しかし、アーロンも森に潜んでいた謎の狙撃手の手にかかり死んでしまいます。


家族を皆殺され、1人になってしまったスコットはついにブチキれ、狙撃手を追って森の奥の建物へ向かう…。



急展開、そしてクライマックスへ。



ストーリー紹介に書きましたが、「人が突然発狂し、周りの人を殺しまくる」という症状。

コイツには実はまだ続きがありまして、「発狂した者が正気に戻った時、発狂していた時の記憶が一切無い」という後付けがあるのです。


つまり自分が発狂して誰かを殺めても、正気に戻ったときには覚えていない、いつの間にか死んでる、というコトになります。



そのコトを、森の奥の建物で生活していたグループ(無法者でも狙撃手でもない普通の人)に聞かされ、全てを悟ったスコット。

さぁ、勘の良い方はもうおわかりですネ?


そう。実はスコットが自分の家族を殺していたのです。


いつの間にか死んでいた妻と娘は、息子が遅れて戻って来る前にスコットが殺害し、息子を殺した狙撃手は主人公の幻覚。

本当は発狂した主人公が撃ち殺し、それを偽りの記憶で上塗りしていたのです。



なんと使い古した結末でしょうか。


コイツぁ拍子抜け(;´д`)。



と、クソミソに言いましたが、

実際はこの結末、決して悪いというワケではないです。

「惜しい」ってのは、ただ単に管理人が「最後までリアルなサバイバルに徹したストーリー展開」を個人的に期待してたからでして。
ただ自分の思惑に沿わなかっただけなんでネ。



ラストにいたるまでの伏線はちゃんとありましたし、ストーリーの基本設定を考えると、別に不自然ではありません。

自分が、愛し守ろうとした家族を殺していたという真実…。

それを知ってしまったスコットは絶望感に打ちのめされ、泣きじゃくりながらライフルの銃口を喉元に当て、絶叫するのです。

なんとも悲痛なエンディング。


もしかすると冒頭の自殺していた女性も、自分が発狂して周りの人(車のトランクにあった死体)を殺していたことに気付き、自ら命を断ったのかも知れません。


と、見終わった後に色々考えさせてくれる、これはこれで良くできたラストと言えます。



ただし(゜д゜)。


前半をじっくり描き過ぎたのか、なんとか時間内に収めようと、後半の展開が雑。


息子の敵を討とうと敵地(勘違いだが)に乗り込むスコット。

次から次に現れる新キャラ。

知らされる真実。

そして新キャラ全滅。

スコット叫ぶ。

end。


この間、実に十数分。



短時間で次々に急展開なもんだから、観ているコッチはおいてけぼりデス。


ラストシーンそのものは良くできていましたが、道中をあまりにチャッチャと進めすぎて、感慨にふける暇も無ェ。



前半作り込みすぎて、83分でまとまらんようになったんでしょう。ちィと初っぱなから飛ばしすぎでしたネ。

そーゆー意味でもまた惜しい。



まー冴えない(失礼)B級ですから、前半見ごたえあっただけ、良しとしますかネ。

ジャスティよく頑張った!!


(レビューおわり)
スポンサーサイト












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/51-d4f9672c
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。