上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

果たして、誰が見ても地雷だとわかるジャケの映画は地雷映画と言ってよいのでしょーか。





今回は、いつもと趣向を変えたレビューを行いたいと思いマス(@゚▽゚@)。



あらすじも登場人物も、いっさいがっさい紹介いたしません。


なぜかっちゅーと、


この作品、実に内容の90%が、かの超傑作『プレデター』の丸パクリだからであります。

ストーリーもキャラの役割もほぼ一緒。

だから説明する必要もないかと。
というかしたくない(;´д`)。

ちなみに管理人にとっても『プレデター』は、好きな映画ベスト5に含まれる思い入れの深い作品。


幼稚園の頃からずっと観てマス(あ、年バレるなコレ)。


今だに時折鑑賞しておりまして、その回数、50や100ぢゃききません。

そんな『プレデター』大好き管理人の目にゃあ、今回のコイツはまさに、肥溜めにブチこんで、わざわざ天日干しにし、挙げ句にミキサーでミンチにしたかのような(自分でもなに言ってんだろ)惨状に陥った劣化版『プレデター』に見えますわ。


もう、ヒドイんだから(;´д`)。



まず冒頭。


ジャングルにある米軍の前哨基地に、特殊部隊が乗るヘリが到着します。



…先に言っときますが、『プレデター』のストーリーぢゃなく、『ターミネーター・ソルジャー』のストーリーです。念のため。



…ハイ、次行きましょ( ̄▽ ̄;)。


任務遂行にあたり、CIAの人間(女性である点は違う)が同行します(ちなみにこのヒトは、『プレデター』でのCIA局員ディロン、ゲリラのアンナに相当)。




…あ、なんかデジャヴが。





ジャングルの奥地に潜入し、テロリストを叩きのめします。




…鳴ァ、またしてもデジャヴが。





テロリストを殲滅させた特殊部隊の面々を見つめる、赤外線の視界。




…激しくデジャヴが( ̄△ ̄;)。





CIAの女性の前で隊員の1人が襲われマス。相手は光学迷彩で半透明化しておりました。

血まみれになって怯えるCIA女性。




…オリジナリティを感じない。





周囲を散策中にまた隊員が襲われます。

プラズマ砲で。

それを目撃したもう1人の隊員が前方の密林に銃を乱射。

あとから来た隊員達が続けて銃を乱射しまくります。




…オリジナリティは感じませんが、激しいデジャヴは感じます。





銃撃を受けて傷を負った正体不明の相手は、腕のデバイスをいぢくりまわして治療、雄叫びを上げます。




…ここまで細かいトコまで再現するか。




その後、隊員総出で自然を利用した原始的なトラップを張り巡らし、正体不明の敵を迎え撃ちます。



…もはや、これはデジャヴですらない。





トラップは通用せず、次々倒される隊員。

負傷した隊員を背負い、逃げる隊長とCIA女性。

しかし、負傷した隊員はプラズマ砲により死亡。

叫ぶ隊長。

「逃げろ!ヘリまで走れ!」




……なんか…もうなんかさ…。





こっから先はまぁそれなりにオリジナルかな(ただし改悪)。


でもラストで、戦いを終えた隊長が泥まみれで鼻血たらして呆けた表情をしておりました。




…………( ̄Д ̄;)。



ちなみに正体不明の敵ってのが狩猟民族の宇宙人ではなくて、人工的に改造された元人間のサイボーグという数少ないオリジナル設定なんですが、


装備が光学迷彩、プラズマ兵器、リストブレイド。



…あー……、あのー…、( ̄◇ ̄;)



最早プレデターしか思い浮かばんのデスが?




なんだぃコノ映画はよぅ(゜д゜)。




さて、2、3、言ってもよろしいですかナ?







オドレらこンボケェええええ!!



チンカスがッ!作ったヤツら全員死ねや!!!


あァ!?アレか?お前らアレか?

自分でナンカ考えようっちゅう気は無いのか?



逆に、よくもまぁこんだけパクれたもんだなこの馬鹿野郎が!!



こンの、映画界の恥さらし共が!!


こんなんじゃ、マトモなレビューにならんわ!アホ!死ね!(`ロ´)



あ、元々マトモぢゃないか( ̄▽ ̄;)。



ま、いつも以上にマトモぢゃない、ってことで。


ちなみにこの作品、本家『プレデター』が100点なら、-2000点。


銃撃戦に迫力の「は」の字も無いし、キャラは全員が無個性なヤロウばかりで、見分けがつく前に死んでます。

クライマックスの隊長とサイボーグの一騎討ちも、何の捻りも戦略もない正面きってのモッサリバトル(激しくショボい)で、まったく盛り上がることができません。


すなわち、『プレデター』の名を汚す駄作。

とりあえず、作ったヤツは全員死んでしまえばいい。

と、『プレデター』を崇拝するが故に、B級好きの管理人にしては珍しく辛口にして、殺意を抱いた作品でございました。


(レビューおわり)


次からは元のレビューに戻りますからネ。

こんなに罵声は飛びませんヨ(多分)。
スポンサーサイト
|12/27| マシーンコメント(3)TB(0)
【海鼠】
自分はプレデター見た後、トイテックのM203とJACのM16A1を買ってプレデター仕様にしてたなぁ。
厳密にはA2じゃないとだめなんだけどテレスコの銃座が嫌いでA1だったな。
そのあとLSのガンプラでM203とA2買ってリアル仕様にしたのも持ってたな。
LSはAKやらガバやら南部やらルガーやら買ってたな
発泡スチロールの弾出るバズーカもあったな。
ガン好きはまだ真鍮色じゃないころからの変態さんでP-38のモデルガンは忘れられないな。5才の時親に捨てられたけど。
エアガンは引っ越しの際ほぼ全部捨ててしまったんだよな
今じゃもう手の届かない物になってしまったなー
2013/02/23 10:00* URL* [ EDIT]
【ざわぞん】
銃に対する熱い想いがあるんでしたら、今からだって十分手が届きますよ(´∀`)。

かく言う管理人はちっちゃい頃からずっとその想いを引っ張り続けているワケですから。
2013/02/23 21:46* URL* [ EDIT]
【】
>人工的に改造された元人間のサイボーグという数少ないオリジナル設定なんですが、

それすらも「新スタートレック」のボーグのパクリに見えてしまいます
2015/08/06 21:34* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/42-65ba8ef1
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。