上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
201511170007136bb.jpg
どう考えてもヤベェよこのジャケット…(゜ロ゜;…こんなん買うヤツいんのかよ…(←と言いつつ笑顔で買った)。











やぁー、やぁっと落ち着いたー。(-.-)y-~

引っ越し慣れしているとはいえ、新居に住むにあたり日用品やらなんやらを新たに仕入れねばならず、また地理を覚えるという意味でも、新居周辺を徘徊せねばなりませんでしたのでね。決して遊んでたワケではありませんよう。


ま、一通り暮らしに必要なものも揃いましたし、楽天でドロップポイントシースナイフも買ったので(←…?)、記事を書く余裕も出来ました次第で。

さーそろそろ執筆活動にいそしみましょうかn……





って来客数が10万人越えとるやんけ!Σ(゜ロ゜;(遅)


アッレぇ!?へ!?

前に確認したときにはそんなすぐ越えるような感じでは無かった筈なのに……いつの間に!?(仕事と買い物でほったらかしてる間だよ)

前回の記事に、心のマブダチParacelsus55さんからお祝いコメントを頂き、初めて気付くという…。自分のブログなのに( ̄▽ ̄;)。



んん…まぁ…その……今更だけど皆さんありがとうございました!




でわね。(Σアッサリ区切った)


10万人達成とはなんら関係ないんですが、前説として、ざわの出勤初日の様子でも書くことにしましょう。映画とも1mgも関係ないですけどね。(←書きたいだけ)



…新たな勤務地で、新たな仕事。ワクワク半分、期待半分。


はて、どんなことをするのやら。

いくら以前同様に溶接・溶断作業を主とした仕事とはいえ、厳密には全く異なる業種であり、そういう意味ではざわは完全に未経験者です。


果たして、ざわは新しい業界で生きていけるのか…?



AM8:00。



ざわぞん「あっ、おはようございます」

シャチョー「おー、おはよー。ほな、行こか。乗って」


大型トラックに乗車、発進。



……。



シャチョ「今日は◯◯まで行って、◯◯するからなー」

ざわ「はっ、はいぃ」(←よくわかってない)


……。


シャチョ「新居どう?もう落ち着いた? 」

ざわ「はい。家具ほぼ運びましたんで。それに前に一人暮らししてたトコより広いです」

シャチョ「近いやろ?(会社に)」

ざわ「むっちゃ近いっす。歩いて来てもいいぐらいです」


……。



シャチョ「前の仕事ってどんなんやったん?」

ざわ「えーっとですねぇ………………」

シャチョ「ほー……へぇー…ほんまかー………」




とかなんとか、身の回りの事やら世間話をしつつ。


大型トラックの助手席で、ゆらり揺られること3時間。

海沿いの工場に到着。


シャチョ「よっし」

ざわ「よっ」


トラックから降り。

工場のヒトがフォークリフトで荷台に材料やらなんやらを積み込みます。


シャチョ「よっしゃ、乗って」

ざわ「はいっ」


来た道を帰ります。


道中、PAで昼飯を食べ、またシャチョーと話ながら助手席でゆらり揺られ。


会社に帰還。PM15:00。


シャチョ「ほなら、コレら(荷台のモノ)降ろそか」

ざわ「はいっ」


降ろし。


シャチョ「でな、ココに置いてある◯◯をな……◯◯して◯◯するんやけどな……」

ざわ「はい…はい…」


指示された工作作業に従事。




……1時間半後。



シャチョ「そろそろ片付けよかー」

ざわ「あっ…はい」



……勤務初日、終了。





ボク、実質2時間ぐらいしか働いてない気がする…。


いやー…、いくら初日で、右も左もわからん新人で、移動時間も勤務時間内とはいえ…、こんなんで賃金貰うのって…なんていうか…、いいのか…?(゜ロ ゜)



販売元-オルスタックピクチャーズ

監督-デイビッドP.バートン

2007年/アメリカ映画

原題:『DEAD&ROTTING』

購入価格-980円(中古)



《ストーリー》


特に観光地も特産品も無い平々凡々な田舎町。


その町で製材所を営む男達3人組は、ある晩森の中を車で走行中、この森に住んでいる「魔女」と噂されている老女の話で盛り上がり、その老女の家に肝試しに行こうと思い立つ。


「霊能者や超能力とはわけが違う正真正銘の魔女」

「家に侵入した人間には容赦しない」

「生きたまま人間を腐らせる薬を持ち、薬を使われた人間は脳から植物が生えてくる」


ホントかウソかもわからない噂話で道中は盛り上がる。


しかし、魔女と言われる老女の家に着いたが、人の気配は無い。

単なる空き家なのか…ただの作り話だった…と、ガッカリして道を引き返そうとする3人。とその時、彼らの目の前に上半身裸の挙動不審な男が現れる。

「ここは私有地だ!不法侵入だ!呪ってやる!」

男のあまりの異様さに恐れおののいた3人は、一目散にその場を逃げ出すのだった。


次の日の晩、行きつけのバーで飲んでいた3人の前に、なんとその挙動不審男が現れる。

男は3人に気づいてはおらず、店員の女性にミルクを頼んでいる。まるで猫か何かのように手を舐め、毛繕いをしていた。


昨晩見た時はあまりに突然の事でビビらされたが、今改まって見ると、やはり異様ではあるが貧弱な体格で、喧嘩しても一方的に勝てそうな風貌をしていた。

と、男が突然、店員の尻を触った。驚く店員。

3人は昨晩のお返しに、男を威圧し店から追っ払う。やはり大したことのない男だったようだ。ただ去り際、苦し紛れの反撃とばかりに、3人の車に生卵がぶつけられたが…。


そしてその晩、その男の告げ口によって、見知らぬ老婆が3人の前に現れる。彼女こそ、例の「魔女」であった。

「死んで腐るとどうなるか、ご存じ…?」

そう言い放ち、老婆は3人の顔に向かって怪しげな液体を吹きかけた。


その液体によるものか、3人は悪夢にうなされ、体調がすこぶる悪くなる。液体をかけられた箇所も痒みが止まらなかった。

怒った3人は、町で見かけた不良2人を金で雇い、老婆の家に仕返しさせる。

ガラスでも割ってこい…ちょっと行き過ぎた程度の仕返しのつもりだった。雇われた不良達が調子に乗って、老婆の飼い猫まで殺してしまうまでは…。



体調も回復し、何事もなかったようにまたバーで酒を飲む3人。

そんな3人の前に現れる、妖艶で挑発的な、赤いドレスの見知らぬ美女。

たちまち魅了された3人は、自宅に彼女を連れ帰り、各々ベッドを共にするのだった。…彼女が、老婆の化けた姿だとは知りもしないまま。



《登場人物紹介》


-ピーター・ホリス&JB&エリック・サザーン-

町で製材業を営む3人組。能天気トリオ。


長身マッチョのピーター、ヒゲおデブのJB、チビナヨヒゲのエリック。仕事場も一緒なら飲みに行くのも一緒、住んでる家まで一緒という超仲良し3人組。

喧嘩っ早く、酒好きSEX好きでアホな冗談やイタズラも好きな、精神が中学生のまま大人になったようなヒト達。

根っからの悪人というワケではないが素行が悪く、軽い気持ちで同じ町に住む魔女を敵に回してしまい、寿命を縮める事になる。



-アシュリー&シュギ-

町の若者2人組。チンピラーズ。


ニット帽にーちゃんアシュリーと、ドレッド黒人にーちゃんシュギのコンビで、能天気トリオにお駄賃を貰う見返りに魔女の家のガラスを割ってくるよう頼まれる。

が、ガラスを割るという行為だけでは物足りなく思ったようで、調子に乗って魔女の飼い猫を鍋で煮て殺してしまうという暴挙を犯す。

その結果、能天気トリオからお駄賃を貰えなかったばかりか、猫を殺されて激怒した魔女による復讐のターゲットに加えられてしまう。



-レッド・ローズ

近隣の町の原っぱの一軒家に住んでいる女性。金髪ねーちゃん。


チンピラーズの一人、アシュリーの元恋人であり、10年も黒魔術を学んでいるという不思議ちゃん。

過去に何があったかは不明だがアシュリーは彼女に対して接近禁止命令が出ており、助けを求められても猟銃を向けて追い払おうとするほど険悪な間柄になっていたが、同伴していた能天気トリオのピーターに免じて力を貸す事に。

使用者の肉体の一部を触媒にして、投げてぶつけることで本来不死身である魔女を殺害する事のできる球体「呪い玉」を作り出し、ピーターに手渡す。



-アビゲイル-

町の郊外に住むバーサン。


町民からは魔女だと噂されており、人付き合いもせず自宅にこもっている。

パックスという知恵遅れっぽい息子がいるが、実はパックスの正体は、彼女の魔術により人間の姿に化けた黒い飼い猫。

そうとは知らぬ能天気トリオに雇われたチンピラーズによって、その息子=飼い猫を鍋で煮殺されてしまい、激昂。

息子を殺された復讐を果たすべく、妖艶な美女の姿に化けて能天気トリオを誘惑し彼らの精液を入手(どういう方法かはお察し下さい)、それを触媒にして墓地の複数の死体をゾンビとして甦らせ、一人ずつ殺害させていく。

本人自身は不死身であり、たとえ銃で撃たれても全く意に介さない。



《総評》









岡山県からお送りしております『B級映画中毒。』。記念すべきかというと別にそんなこともない第1発目でございます。あっ、でも10万人達成からの1発目という意味では結構記念すべきかもしれませんし、つってもやっぱそんなことないかもしれまs(黙れ)

まぁ、記念すべきだろうとクオリティが上がってるワケではないんですけどね。(そうね)



そんなこんなで今回は、キナ臭さ全開のジャケットが否応にも観賞意欲をそそる1品、『デット アンド ロッティング 魔女の呪いから生れし復讐のゾンビ』であります。

ジャケ絵だけでなく、邦題にも誤字脱字アリアリという。知能指数の低さをアピールしておる、たいへんな逸品ですよ。


よくもまぁこんな作品に980円も支払ったなと。自分でも思うのですよハイ。

でもね、違うんですよ。単なる酔狂で購入したワケではなくてね。それなりに事情がね、あるんですよ。


岡山に来てですね、新たな自宅からちょっと車で走ったトコにですね、GEOがあったんですよ。

管理人って、レンタルしないのにGEOが大好きな人間ですから、見付けたら一も二もなく立ち寄ってしまうんですね。


ほんでですね、中古DVDの棚に行ってみたワケですよね。

概算で100枚くらいあるかなー…というような小さな棚しかなくって、ああ…あんまり無いなー、欲しいの見付かりそうにないなー、と思いながら物色したんですよ。


じゃあね、この作品を見付けまして。


おっ、この作品イイナー、なにこのジャケット超ヤベェとか思ったんですが、値段がアレじゃないですか。

うーん…980円は高いナー、やめとこー…と、棚にソッと戻したんです。


それで、また物色を再開したんですね。


じゃあ、しばらく物色していくと、またコイツが並んでたんですよ。

こんなんが2枚売ってんのか…ここのGEOはある意味凄いな、というかこのGEOの界隈にコイツを売りに来た人間が最低でも2人はいるのかー、岡山県は凄いなー…と思いましたね。ハイ。(←偏見)


なんというか一応、2枚目も手にとって見てみたんですが、1枚目と値段が違う筈もなく、また棚に戻したんですね。


ほんで、またまた物色再開したんですがね。



…。



…。





まさかの3枚目に遭遇ですよ。


狭いスペースの中古DVD棚の、あ~わ行の作品100枚くらいのうち、コイツが3枚もあるって凄くないですか?

いや、A級ドコロの『ハリー・ポッター』とか『アバター』とかなら、3枚くらい並んでるのはよく見ますよ?


けど、よりにもよってコイツが3枚ですよ?しかも1枚ずつ全然違う場所にバラバラに配置ですよ。



なんか可哀想じゃないですか。なんか。


なので1枚くらい買ってやろうと。買っちゃいました。




酔狂以外の何物でもないですね。そうですね、ハイ。









…あ、総評でしたっけ?(オイ)



えっとですねー、作品の内容としては、「やあみんな!俺達、田舎町で一緒に製材業をやってる仲良し3人組さ!実はさ、俺達の住んでるこの町にゃ、町のみんなから気味悪がられてる魔女のババァがいてね。で、そいつの息子だかなんだかがコレまた挙動不審な不気味なヤツでさ、ある日ソイツが、俺達の行きつけの居酒屋で店員のねーちゃんのケツを触りやがったから怒鳴りつけてやったんだ。そしたらあのヤロー、腹いせに俺達の車に生卵をぶつけやがった!許せねぇ!しかもその後、魔女のババァ本人まで現れて、俺達3人の顔に気色悪い液体を吹きかけてきやがったのさ!…くっそ顔面が無性に痒いぜ…ボリボリ…あのラリった糞袋ども、絶対許さねぇ!!…でも大っぴらにやり返すのもな…俺達も体面ってのがあるし、またその上に重ねて仕返しされちゃかなわねぇ…。そうだ!その辺にいるチンピラの若造に小遣いやって、あのババァん家の窓ガラスを割らせてやるぜ!それなら俺達の仕返しだとわかんねぇ!………おおい、ちょいとソコのにーちゃん達。頼みがあんだ。小遣いやるから魔女ババァん家の窓ガラスぶち割ってきてくんねぇ?お、話がわかるなぁ、頼むぜ!………さてと、考えても始まんねー。飲みに行こうぜ……おーうねーちゃん!ビール3つ!……おっ?お…おい…カウンター見てみろ…、スゲぇマブい女が座ってんぜ…!こっち見たぞ!ちょっくら声かけてくらぁ…!……ようようねーちゃん。見ない顔だね、どっから来たんだい?……。……。お持ち帰りじゃー!3人順番にベッドへGOやで!!(←この女、実は魔女のババァ)




というハナシです。以上♪(待てぃ)


早いハナシが、魔女のババァん家にイタズラしたオッサントリオが、魔女のババァに魔術で仕返しされる、という。とってもご近所トラブル的な臭いのする内容でした。

3人組が魔女のババァの息子を飲み屋からつまみ出す→魔女のババァの息子が3人の愛車に生卵をぶつけ、魔女のババァも3人の顔面に毒霧攻撃→3人、次の日一日中、顔が痒い→3人組に金で雇われた不良が魔女のババァん家に忍び込んで飼い猫を鍋で煮殺す→実は飼い猫は魔女のババァの息子だった→ババァ発狂→魔術で3人組に復讐スタート


スケールがちっちゃいですねー。なんかご町内のゴタゴタみたいな( ̄▽ ̄;)。

この小ささこそがB級たる所以とも言えますよね。だから全然良いんです。むしろ好き。



そしてまた、件の魔女のババァの復讐方法というのがまた笑えて奇抜で。ええ。


1、まず、怪しげな薬品を調合したものを浴槽に張ります。

2、ババァ、風呂に浸かります。

3、ババァが美女に変身します。

4、ババァ(美女)、3人組の行きつけの飲み屋に出現。

5、3人組、ババァ(美女)に気付き、ナンパしてきます。

6、ババァ(美女)、3人組の誘いをアッサリOK。3人組の自宅にお持ち帰りされます。

7、ババァ(美女)、3人組から1人ずつ順番にゴム無s以下略。

8、ババァ(美女)、自分家に帰宅後、力一杯いきんで採取した3人の精の液をまt以下略。

9、ババァ(美女)、精の液をおばけカボチャの器でこねくりまわし、妙ちくりんな薬を精製します。

10、ババァ(美女)、墓地でその妙ちくりんな薬を撒きます。すると、3人分の死体がゾンビとなって甦ります。


11、さぁ…復讐開始だ!それいけババァ(美女)!!(いい加減失礼)



いやーもーこの作品、なにが衝撃かって、年老いたバーサンの入浴シーンが挿入されてるってコトですよね。

ローブを脱ぎ捨て、全裸になって湯船に浸かる老女。映画のエロシーンには観慣れている筈の管理人、目のやり場に大変困りました(;= =)。

で、湯船に浸かると、バーサンが黒髪の艶やかな美女にビフォーアフター。映画のエロシーンには観慣れている筈の管理人、その瞬間、泳いでた目の焦点が合いましたね。我ながら現金な野郎です。アハ。(最低)



あと語るトコといえば、グロシーンです。


うん、グロシーンがね。ほとんど無いんですよ。

魔女のババァの呪いから生れし復讐のゾンビ達、ホントにこの作品の監督は『300』の特殊メイクを手掛けた方なんであろうかと首を傾げたくなる被り物っぽさです。


スプラッタなシーンも全くといっていいほど皆無。なぜなら、殺戮の瞬間になると画面が切り替わるからです。

鎌を降り上げる、魔女のババァの呪いから生れし復讐のゾンビ!鎌を見上げ、叫ぶ犠牲者!鎌を降り下ろす魔女のババァの呪いから生れし復讐のゾンビ!切り替わる画面!壁に飛び散る鮮血!終了!というね。

なんという手抜き。今時そんな手法で殺害シーンを描くの、刑事ドラマとかサスペンスぐらいですよ。少なくともホラー映画ではやんないよ。


ていうかこの作品、そーゆーグロシーンがウリかと思ってたのに…ウリはババァの裸かよ。(Σコラ)

かろうじて犠牲者のオッサン達が、最終的に頭が割れて樹が生えてきてラリってる姿になる、という少々キモいシーンはありましたが、頭の後ろに苗木を重ねて撮影してるだけっぽい、お世辞にも凝ってはいないメイクでしたしね。


ただし一点だけ、美女に化けたバーサンに再会した3バカは、またしょー懲りもなく直ぐ様コトに及ぼうとするのですが、最中に美女がババァに戻るという、自分が同じ立場なら想像を絶するトラウマを抱えるであろうシーンもあります。怖い。違う意味で。(((゜д゜;)))



ストーリー構成にも見るべき所はありませんね。

魔女の猫を煮て殺したアホの不良の一人に、実は黒魔術に精通した元カノがいて助けてもらうという世間が狭すぎるにも程がある展開があったり、死人を甦らせ操るほどの力を持つ魔女のババァが呪い玉とかいうペイントボール投げつけられただけで干からびて死ぬとか、もうお手軽感ハンパない仕様になっております。


つまり、お脳にたいへん優しい、いつものゲテモノですた。ヌードババァ以外(コラ)。


世界仰天ニュースやアンビリバボーとかのご近所トラブルの再現VTR観るの好き、理想の異性は60歳以上という歳上好きの、そんなアナタに。



(レビューおわり)



うん、うん。当ブログは10万人達成したし、仕事もなんとか付いていけている(そうか?)ので、公私共に順調な滑り出しです。


ただ、ひとつ悩み事がありまして。


勤務地と新居が共に岡山の市街地ということで、まあ賑やかで色んな店があったりして便利なんです。が。

それに伴って、車の交通量がとても多いんですね。


ほんでもって、2車線以上の道路と小道が非常に多く、小道は一方通行の道がエラい多いんですよ。

新居の前の道も一方通行、しかも新居を挟んだ反対側は、4車線の大通り。


徒歩だと、なかなか道を渡れない。


そして、車運転してるとドコ走ってるのかわかんない。(方向音痴)



スポンサーサイト
【たろたろもな】
こんばんは!
なんとも香ばしい作品ですねw
気になってきました。

GEOってこういう「一体どこから掘り出してきたんだ!?」みたいな映画が置いてあって楽しいです。
そして、好事家は意外と身近にいるんだな~とw
2015/11/20 22:53* URL* [ EDIT]
【ざわぞん】
あっ、どーもこんばんはたろたろさん!(Σご近所さんか)

フフ…そうですか…興味が出てきましたか…。観たくなーる。アナタはB級どんどん観たくなーる。(ペテン師)


GEOって、ちょっと前は中古もレンタル落ちもDVDはあんまり置いてなかったのに、ここ数年で急激に勢力を伸ばしてきてますよね。こっちの分野(?)で。

ざわ、一昔前はブックオフやホームセンターが主な猟場だったんですがねー。今やGEOが一番の爆釣スポットですよね。ちょっとひと狩り行こうぜ!(コラ)
2015/11/20 23:17* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/288-c339666b
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。