上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
201510222018592db.jpg
……10!!( ̄^ ̄)(黙ろうか)






やったぁ♪(´・ω・`)


体重が増えました。


生涯の最高重量を更新。58kgになりました(Σ軽っ)。


まーね。これも仕事もせずに毎日毎日昼日中っからグータラしてるからですね。フフ。(←最低)

いやね、就職活動はね、してないワケではないんですよ。


ただ、前に書いた福島での仕事のハナシはすたむるカンパニーの対応が微妙なため、いまだに非常に不透明な状態になっておりまして。

そんな確定しない話だけを鵜呑みにして、いつまでもプータラ待つわけにもいきませんので、大型免許も取れたことですし、現在、ハローワークへ行ったりしています。


いい仕事、見付かれば良いですがねー。

幸いざわは、資格とかはわりと持ってる方ではあるので、多少は就職に有利かも。大型免許もギリギリ取れましたしね!ヒェァハハハァ!!(←心証の面が不安)

ハロワにはまだこないだ行き始めたばかりですんで、これからどうなるかもまた不透明ではありますが。


でもですね、アレですよ。

「いい仕事が」っつってもですね。それなりにちゃんとしたトコであればね。それなりに自分に合ってれば。過度に高望みなんてしませんのでね。(経験者の言葉)

働くトコも、家の近くとかじゃなくてもね。むしろ県外でも一向に構わんですよ。馴れてますからね。否応なくね。(経験者の言葉)






…おっ(。_。)。


ハロワから「こんなのどうでしょ?」と、職業紹介の封筒が来ておりますよ。


なになに…(。_。)。



「業務内容・パソコン修理」



いや…PC関係はちょっと…やめよぉ( ̄ .  ̄;)。(正直 )



販売元-タキ・コーポレーション

監督・脚本-及川 中

エグゼクティブ・プロデューサー-新堂 冬樹

企画-原田 宗一郎

2008年/日本映画

購入価格-300円(レンタル落ち)



《ストーリー》


その日、9人の年若い女性が集ったのは、山々に囲まれた湖の近くに孤立するペンション。

このペンションは、彼女達が一年前にミュージカルのオーディションを受け、最終審査の合宿に参加した場所だった。

ちなみに、そのミュージカルは企画倒れでもしてしまったのか、最終審査の結果通知もなく、今となっては公演したのかすら定かではないが。


それなのに今になって何故、彼女達は集まったのか。

それは、彼女達全員に同じ赤い封筒が送られて来たからだ。

封筒には、一年前のあの日のオーディションメンバーでの同窓会の旨を書いた手紙、それと、別の手紙を破ったような紙片が入っていた。

差出人はわからなかったが、彼女達は、その手紙が何を意味するかを直感で悟った。


奈未……。


それは、忘れたくても忘れられぬ名。


彼女は、10人目のオーディション参加者。

今となっては顔がよく思い出せないが、その歌声とダンスの技量は抜群で、参加者全員が負けを認め、妬んだ存在だった。

しかし彼女は、合宿の初日に体調不良を訴えそのままダウン。

次の日、ペンションから忽然と姿を消してしまったのだった…。


今回の同窓会は、失踪した奈未に関係のある事なのではないか。そう思い、彼女達9人は集まってきたのだった。

9人は、送られて来た紙片を見せ合い、繋ぎあわせてみた。



「わたしがいなくなったりゆうをおしえてあげる

わたしがいなくなったのは -歯抜け- が

わたしをだましてころしたから

いまいるのはみずうみのなかよ

わたしはぜったいにゆるさない

わたしといっしょにみずうみのなかであそぼう」



…これは、奈未のメッセージなのか?

まさか奈未は、誰かに殺されたのか?彼女の才能を妬む、オーディションメンバーの誰かに…?


皆の徐々に不安が募るなか、遅れてやって来たメンバーから、ペンションの地域と外界をつなぐ唯一の橋が台風で破壊され、当分復旧されないことを知らされる。

携帯も電波が届かない。

隔絶されたペンションで、9人の疑心暗鬼は高まってゆく。


あの日、何が起きたのか。

誰が、何をしたのか。

手紙の差出人は誰か。

皆を集めた目的とは。

そして奈未は、どうなってしまったのか。


9人それぞれが語る、一年前の真相とは…?



《登場人物紹介》


-橘 梨子-

エントリーナンバー1。

「いつも歌とダンスのことしか考えてません。

歌って踊ることが、私の生きていく道だと信じてます」


ペンションには13分遅れて来訪。理由なんてない。彼女にとって13分遅れは遅刻に含まれない。

一年前もオーディションや合宿へ遅刻していたらしく、初日にダウンした奈未とは顔を合わせていなかったらしい。

性格はややキツ目。



-木村 琴音-

エントリーナンバー2。

「私はずっと歌って踊ってきました。

何度も挫けそうになったけど、夢を諦めようと思ったことはありません」


手紙と共に、ペンションの鍵を受け取っている。

オーディションには、今までいた事務所に反対されたために、事務所を辞めてまで応募していた。

梨子とは仲が悪い。



-久保 楓-

エントリーナンバー3。

「私はとにかく元気がウリです!元気なら誰にも負けません!

どんな時でも挫けず、いつも笑顔を忘れません!」


テンション高い。

関西圏かどこかの方言で話すが、演技と噛み合ってなくて正直不自然。



-佐久間 未希-

エントリーナンバー4。

「~~中国語~~。

私は中国から小学4年の時に日本に来ました。

バレエをずっとやっていたので、ダンスには自信があります。謝謝」


でっかい星型イヤリングが特徴。



-堀内 美央-

エントリーナンバー5。

「14歳です。

私はこの中で一番年下ですが、必ずこのオーディションには、受かりたいと思っています。

自慢なのは、髪の毛がキレイなことです」


おさげ。一番年下だけあって喋り方が少し子供っぽい。



-小宮 あずみ-


エントリーナンバー6。

「20歳です。もっと年上に見られますが、…正真正銘の、ハタチです♪

ずっとグラビアのお仕事をしてきましたが、ミュージカルに出たいと思っていたので、このオーディションに賭けたいと思います」


普段は猫撫で声で温厚だが、本性はかなりガラが悪い。

皆がペンションに集まった後、不安から苛立ち、外へ出て行ってしまう。



-菅原 やよい-

エントリーナンバー7。

「ダンスには自信があります。

大学に合格しましたが、やっぱりダンスがやりたくて入学しませんでした。

とにかく私のダンスを見てください」


雰囲気が男っぽい。



-武井 梨緒-

エントリーナンバー8。

「私はお母さんにプロ劇団に入れられて、そこでお芝居をすることの楽しさを知りました。

『サウンド・オブ・ミュージック』という昔の映画を観てから、いつか本格的なミュージカルに出るのが夢でした。

精一杯がんばります!」


薄い。影が。



-小西 亜弓-

エントリーナンバー9。

「17歳です。

私は、誰にも負けたくないです。

このオーディションには、絶対受かります」


集合時間に大幅に遅れ、ペンションには最後に来訪。

理由は、「早くに来てたけど、外の景観が懐かしかったから散歩してた」だそうである。

冷めた印象。少しばかりお姉さん気質。



-奈未-

エントリーナンバー10。


1年前、オーディションでの合宿中、失踪した。

黒髪のおかっぱで赤いジャージを着ていたらしいが、ほとんど常に前髪を顔に垂らしていた上に無口で暗い印象だったからか、他のメンバーは誰ひとり顔を覚えていない。

しかし、ダンスと歌の実力は他のオーディションメンバー全員から「絶対に勝てない」「ものが違う」と評されるほど抜きん出ていたらしく、突然の失踪も相まって、顔こそ印象に残っていないもののその大きな存在感から皆が忘れられないでいる。

9人の過去の回想では、毛糸を編みながら子守唄を歌い、ハサミをシャキンシャキンさせていたようである。怖い。



《総評》







『富江』シリーズや実写版『ひぐらしのなく頃に』の及川中監督による、女の子だらけのリベンジホラーでございます。



ダンスミュージカルの主演を賭けてオーディションを戦った、かつてのライバル達。

彼女達が、何者かに呼び出されて再び集結する。

彼女達が集まった目的、それは、同じくオーディションで争いながら、原因不明の失踪を遂げた少女による復讐なのか!?


…っというね。

ちょっと面白げな感じしません?やんわり金田一っぽい作品で。


消えた天才、少女達の過ち、過去の清算、ってね。中々の期待値ですよ( ̄ー ̄)。




……(゜-゜)。




それやのに、 やで…。(急に関西弁)



管理人、ホンマはこん作品が復讐系、つまり『ラストサマー』的なヤツなんやと勝手に勘違いしとってん…。

もっとアレや… 。登場人物のネエチャンらが、全編通して過去の復讐で追っかけ回されて、一人ずつ順番に殺られてもーて、ジワジワ追い詰められていってまうハナシやと思っとってん…。


ほなら実際、どうや…?本編尺9割が、テーブルに座って登場人物同士が会話するのみで構成されとるやないか…。

話をする場が変わるワケでもない。話以外になんか行動するワケでもない。


変化の起きない、「アンタが悪口言ってた」「アンタが奈未をひどくいじめてた」「ワタシ、見たんだからぁ~」てな感じの、テーブル上での蹴落とし合いガールズトーク。しかも中々に大根芝居と来た。


なんやコレは(゜-゜)。



ちゃうねん…こないな会話だけで進行する映画が観たかったんちゃうねんよ…(-″-;)。

管理人はもっとこう…スラッシャーでスクリームな展開をやね…期待しとったワケなんですわ…。


なんなんや…なんでこんなに動きが無いんやこの作品は…。


なんちゅーか…なんか…真っ当そうなジャケを選んで…結果、中身が見当外れで失敗って…普通にジャケットで騙されとるやないか(~_~;)。完全に一般基準で詐欺られとるやないか…。


違うんや…ワイが観たかったのは、ガールズトークなんぞではないんや…。せや…せやねん、血ィや。ワイが観たいのは、血ィと暴力なんや…。(誰になったつもりだよ)





ん?


いや、まぁ、当『B級映画中毒。』としては当たりですよ?(←立ち直った)


そう、そう。当たりも当たり、大変に大当たりですわよ。


そんな…ガールズトーク映画でしかもガールズの演技がビミョーってもう、 最高に最低ですよ。つまり最低ですよ。(無駄に復唱)



それに、ですよ。

管理人はさっき、「尺の9割が変化の無いガールズトーク」と言いましたね。

あと1割、残ってるじゃあないですか。ホラ、ホラ。

この1割がね。ミソです。その内訳は…、



クライマックスに突然の登場人物殺戮開始、が0.5。んで、ガールズのダンスレッスンが0.5。


そぉうなんです。ちゃんとあったんですよ!スラッシャーでスクリームなシーンが!もう片方の0.5は不要でしたがね!

だから、みんな。

前半~中盤で挫折して、途中で鑑賞を止めないようにネ。勿体ないヨ。ラスト数分が見せ場なんだから。管理人も止めたいのは山々でしたけどね!(オイ)


しかし、最後にはちゃんとやってくれました。いやー良かった良かった。


しかも殺戮シーンは、大鋏をアタマにブッ刺したり、大鋏で腕をチョン切ったり、大鋏で首をチョン切ったり、ワイヤートラップで脚がチョン切れたり、メイクはチープ極まりないけど切り株が満載ですよ。


素晴らしいですね!所要時間2分ぐらいでしたけどね!短ぇよバーカ!


ほんで、最後の最後に遂に明らかになる、復讐者の姿。

なんか反則臭いオチではありましたけどね。別に構いませんよー。イイですよー。ぽい。金田一っぽい。


…、


…という感じの作品ですた。(まとめ雑だなオイ)



あ、あともう1コだけ。



こんな作品なのに、エンディングテーマはまたわりとイイ歌なんですよねー(´ω`;)。

ホント日本のホラー映画って、作品本編の出来具合に関係なく、エンディングの歌には力入ってますよね。


重要ですよー。エンドロールやエンディングテーマはねー。

作品によってはねー。余韻ブチ壊しなのもありますからねー。どれとは言いませんけどねー。(やらしい)


で言うと、本作品のエンドロールは個人的にはイイ感じだったと思いますよ。


まぁ、アレなんですけどね。ただ単に観終わった後が余韻もクソも無いカラッポ思考だったからなんすけどね┐('~`;)┌。


本編では何も感慨が沸かなかったけれど、エンディングテーマにはグッときた。

全ての鑑賞を終えた際の気分は、結果的に悪くなかった。つまり底上げ映画やね。(どんな映画だ)


や、良いんです。

観終わった後の気分が良ければ、それで良いんです。底上げだって、手段の一つ。


映画ってのは、エンドロールまでを含めての、ひとつの作品なんですね。んん。イイこと言った。(相当のドヤ顔)



若い女性がキャッキャ語り合う映画好き、本編なんてどうでもいい、終わりが良ければ全てが良い、そんなアナタに。



(レビューおわり)



で、「雇用保険受給資格者証」なる紙を貰いました。

いわゆる失業給付金を貰う際に必要な書類ですね。保険者番号やら、離職理由などなど…。



「離職時賃金日額」

おおぅ?(。_。)


これは…以前の仕事を辞める前の、6ヶ月間の基本給を日額で割って換算した、つまりは元の仕事してた時の平均日給額ですな。



「8234円」




…(。_。)。

8年勤めて…か…。
スポンサーサイト
|10/22| スリラーコメント(3)TB(0)
【ライム】
就活忙しいのに更新お疲れ様です!

最近このブログにきていろいろレビュー読ませてもらいましたがDVDは買うのです⁇

レンタルは嫌なんですかー⁇
(ちょっとしたギモン笑)
2015/10/24 15:41* URL* [ EDIT]
【ざわぞん】
毎度ご来場、ありがとうございますぅん♪(Σ商人か)

その通りですよー。ざわはDVDは「買う派」。

ご存知のように、当『B級映画中毒。』は更新に日数を要します。日数を「かける」ではなく「かかる」ですね(←怠け者)。さらにレビューの際は、作品を今一度観直さないと文をうまく書けないものでして。

で言うと、レンタルは鑑賞期間に限りがあり、返却までに記事をあらかた完成させねばなりません。

ざわ、レビューは書きたい時に書くという性分なもので。〆切があるようなプロでもないですしね。

買って、所有して、好きな時に観て、好きなタイミングでレビューする。だから楽しく続けていられるのかも知れませんね。


あと、返すのめんどいですね。(本音)
2015/10/25 19:11* URL* [ EDIT]
【ざわぞん】
《追記》

あ、ちなみにレビューとは関係ない、有名ドコロの作品も全部「買う派」ですねー。

基本的に何度も観るタチなんですよ。あと、返すのめんどくさい。(わかったよ)

2015/10/25 20:46* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/285-3127d62b
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。