上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
20151012154915094.jpg
色んなトコのパクリ!(° ∀° )(Σ直球)







めっ…。


めめっ、めっめっめめっ、めめめっめっめ…。



免許とれた!!!Σ\(°∀°′)(デジャヴ)



取れましたよ大型一種!ブイーンブイーン、ヒェァハハハハァ!!(危ない笑い)


いやーまー…卒検ギリギリでしたけどね!!( ̄▽ ̄;)もうね、今ほど路上駐車のドライバーに殺意が沸くコトはそうそう無いと思いますね。あと、大型車に乗って初めて気付く街路樹のウザさたるやね!路肩に木なんて生やしてんじゃねーよ(暴言)。


ともかく、ギリギリであれ卒検通りゃコッチのモンですから、次の日は5時半に起床し、速攻で免許試験センターへ。

行列に並び、証紙を買い、行列に並び。



…と。



?「おっ?おお!君も来とったんか!」

ざわ「あっ!どうも!(・・#)」


その方は、同じ教習所で、同じ大型一種を受講し、同じ日に卒検を受けたオッチャンでした。


オッチャン「やー、こないな平日の朝っぱらからぎょーさんヒト並んで、皆が2000円からの金払うて、警察ボロ儲けやなぁ!!

ざわ「コレ毎日やってるんですからねー。ボロ儲けですわねー。公務員、いいなぁ


…なんて庶民の会話を交わしつつ。


ざわ「次の講習の時間、10時半ですて。今、まだ8時半なんすけどねぇ…(。_。)」

オッチャン「なんじゃいな…ほなら朝早うから並ばさんでもええやんけ…。ほんまクソやな!!」(おいおい(^_^;))

ざわ「ハハ( ̄▽ ̄)。どうします?」

オッチャン「そういや、建物出た道路の向かいに喫茶店あったで。行こうや」

ざわ「あ、いいっすね」



チリンチリーン♪


店員「いらっしゃいまっせー」

オッチャン「わしコーヒー」

ざわ「僕アイスコーヒーで」


オッチャン「ほんで、君も今仕事してへんの?」

ざわ「そーっす」

オッチャン「ほんまかー。何しとったん?」

ざわ「◯◯にある◯◯ですよ」

オッチャン「ほぇー。ええトコやん」

ざわ「そうなんすよねー。ヨソから見たらそうなんすよねー。でもあの会社最低なんすよー


オッチャン「わしはな、肩たたきやねん」

ざわ「うわ(゜ロ゜)。ホンマにそないなコトあるんすね」

オッチャン「そやねん。肩たたきっちゅーか電話一本やったけどなぁ。ありもせん理由付けしくさって、一方的に解雇通達や」

ざわ「ヒドイっすね……どこも


オッチャン「まぁ、辞める時にゃあ貰えるモンは貰えるだけもろて来たけどなぁ!…んでここだけの話、◯◯とかって、君は退職金とかどんぐらいもろたん?」


ざわ「8年働いてですねぇ…、だいたい6万やったっす(゜-゜)」



オッチャン「えっ…ウソやろ?」(←だいぶ絶句)


ざわ「いやぁ、マジでっすよ。やっぱ安いんすか?」

オッチャン「安いなんてモンちゃうで…(゜ロ゜;。わしも16年勤めとったけどな、こんなん言うたらアレやけど君の20倍はあったで…。6万て…お小遣いやん…」






…やっぱり普通じゃないんだぁ(。_。)(←今更認識した)



発売元―JVD(DEEP RED)

監督―リチャード・グリフィン

脚本―リー・スミス、アンドリュー・ベロス

プロデューサー―テッド・マラ

2007年/アメリカ映画

原題:『CREATURE FROM THE HILLBILLY LAGOON』

購入価格―950円(中古)



《ストーリー》

ロードアイランド州、いまだ多くの自然の残る田舎町。

町の郊外の森では、学生達がロッジに泊まり込み、河川の水質調査を行っていた。

この辺りでは数年前、生物科学企業ライオゲン・コーポレーションが、遺伝子組み換えによって発生した化学性廃棄物を不法投棄しており、それによって川が汚染され、生態系にも多大な影響を及ぼしていたのだ。

その日も川に入り生物の探索を行っていたが、その時学生の一人が、川に潜んでいた蛇か何かに腕を噛まれてしまう。

傷口は化膿したようになり、徐々に広がっていく。そして彼の首筋にはエラのような物が…。


時同じくして、町に住むハンターのグループが森に集まっていた。

しかし仲間の何人かが合流せず行方知れず。彼らは仲間を捜し森の奥へ踏み込む。


しばらくして、肉を食い散らかされた仲間の無惨な死体が見付かる。

熊か何かか。

だが、警戒する彼らに襲いかかったのは、見たこともない醜悪な生命体だった!



《登場人物紹介》


-ラボン博士-

学生達のリーダー。車椅子おばちゃん。


自分が川に自由に入れない為、水質サンプル採取は学生達に頼み、自身は化学性廃棄物による河川の汚染具合を調べている。



-バクスター-

学生。チョビヒゲにーちゃん。


真面目で優しい、いつもの学生キャラ。

ただし、少々臆病さが目立つ。弱音吐きまくり。

でも巨根。



-ウィル-

学生。茶髪長身にーちゃん。


冗談好きで下ネタ好き、いつもの学生キャラ。

冒頭、川で何かに腕を噛まれ、身体に変調が起きていく。

短小。



-シャノン-

学生。黒髪ねーちゃん。


バクスター達と一緒に調査に勤しんでいるように見えたが、実は彼女は学生ではなく、学生達の調査に紛れ込んで潜入していた、ライオゲン・コーポレーションの自称「お荷物社員」。

その目的は、自社の不正を監視し、生み出した怪物の正体を探り、全てを葬る事である。



-ジェシカ-

学生。茶髪ねーちゃん。


男好きで遊び好き、いつもの学生キャラ。

その場の勢いで、腕の傷によって既に人間から変わりつつあったウィルと肉体関係を持ってしまう。



-レックス-

学生。サングラス細マッチョ。


無駄の無い絞りこまれた肉体を持つイケメンで、女性に熱い眼差しを受けているが、シャノン曰く「見るからにホモ」。

見た目は非常にワイルドだが、研究熱心で真面目な性格。

吹替え版では声が女性になり、おなべ設定になる(ただし男が好き)。



-クレイ-

カウボーイハットおっちゃん。


辺り一帯を縄張りにしているハンターのオヤヂ。

普段は命令口調の威張りんぼうだが、子分思いで勇敢な一面もあり、実はかなり良いヤツ。でも女房には頭が上がらない。

ウィンチェスターレバーアクションライフルを所持。

吹替え版では関西弁のオッチャンと化す。



-ボビー・スー-

クレイの娘。おさげねーちゃん。


親子なのにクレイと肉体関係があるらしい(真相は不明)。

かなり尻軽だが、性格はわりと良い。



-バッバ&クーター-

クレアの子分。


おつむの弱いクーターと、特に特徴のないバッバのコンビ。

クレアの子分は、実は他にももう二人いたのだが、合流する前に死んでしまった。

賑やかしポジション。



《総評》






こんな作品に950円も出すなんて…。あの時の管理人はどうかしてたぜ!(そうだね)


まーね。いいですよ。なんせ本作品は、安心と信頼のDEEP REDですからねぇ!

ホラ、例えば食品でも、値段は安いけど見知らぬ国のモノより、ちょいとお高いけど国産のモノを選んだ方が安心するでしょう?


その品質に対する、確かな信用。


様々な商品、製品の品質が疑問視されている昨今。それでも世の消費者が選択するのは、多少は値が張ろうとも、やはり長く親しまれているメーカー、ブランドだと思うのです。


つまりそういうことです。(意味不明)




…なんだったっけ。あぁそう、作品のレビューだね。(←本懐)


え~今回は、少々知恵の足りない人々が、凶悪で妙ちくりんなモンスターに襲われてああヤバい!!という、「今回は」っつーか「今回も」な内容でございます。


もう完全に見飽きた設定ではありますが、登場人物が没個性的にはならずに意外としっかりしてて、「なんだよ、またバカばっかりかよ…もういいよ…」と、観賞意欲を削がれることは無かったです。

ヒドイものでは、登場人物がバカとチャラさが前面に出過ぎて、冒頭からウンザリする作品もありますからねぇ。

そういった点で本作品は冒頭からスッと観賞モードに入り易く、「気軽に観れる」という利点はありますね。単純で脳にも優しいしね!


ジョークが好きなにーちゃん、恋心にやきもきする恋人未満な男女から、男前でワイルドでマッチョ、なのにホモなどなど。いつものようなキャラ構成に見せかけておいて微妙に違う、だから見分けが付くし観易いんですかね。



モンスターもちょっと奇をてらしてあります。

流入した汚染物質によって河川の魚類が変異した…という緑色で人型の着ぐるみモンスターなんですが、このモンスターに人間が咬まれてしまうと、その人間もまた身体が変異してしまいます。感染→被害拡大とか素敵やん。


…ただ、醜悪な半人半魚になる…とかではなく、凶暴になる…とかでもないんですね。感染して死んだ場合は、着ぐるみモンスターになって復活するようなんですが。


噛まれただけのヒトの場合…、


首筋にエラができる。

指間に水かきができる。

思考がなんだか魚寄りになる。以上。



脚本の意図が不明です。


なんだオイ。せっかく感染要素があるのに、感染者おとなしいって…被害全然拡大しとらんやないか。


なんとなく『ダゴン』の魚人を彷彿とさせる見た目でしたが、徒党を組んだりはしないし、敵対するわけでもないし、トラブルを呼び込むなんてこともない。ラストシーンは不覚にも若干面白かったですが、他には別段良いシーンも無かったので、無理に感染要素とか入れなくてもよかったんじゃないですかね。


着ぐるみモンスターの方は、怪力、凶暴、人喰いといういつもの感じで安定してましたけど。それに1体ポッキリではなく複数体いるのもポイント高かったんですがね。…ん?プレデター?何言ってんの?(゜-゜)

あと見てくれはまぁ…。いいじゃないの。(フォローが雑)



それとですね。

オープニングだけならまだしも、ダイナマイトで魚を獲るシーンや車のクラッシュシーンとかまで予算の都合でアメコミ風のイラストで表現すんのはどうかと思いますよ。

急に漫画に切り替わるから一気に醒めるし。それとなんか雰囲気的に企画前のネームみたいになってるから( ̄▽ ̄;)。


コッチだってですねぇ、わかってるんですよ。予算なんて無いのは。だってDEEP REDだもん。

それでも、絵で代用するのはやめてほしかったですねぇ。

たとえチープになろうとも、頑張ってクラッシュシーンを作ってくれれば良かったんです。

そんなド派手なものは誰も期待してないし、求めてません。車をぶつけるのが恐いならカメラワークなり効果音なりで誤魔化せばいいよ。(コラコラ)



大してストーリーに関わってこず単なる賑やかしと化している感染者といい、登場人物の少々間の抜けた掛け合いといい、観賞の興奮(←?)を唐突にぶち切るイラスト挿入といい、この作品は映画として何かがズレてるような感じですね。


んー。面白いか…面白くないか…で言うとですねぇ。


健常な方にとっては、チープで、見所は無くて、畳み掛けるようにスベってて、間違いなく面白くないと思います。

ゲテモノ好きな…ソコのアナタ。アナタにとっては、チープで、見所は無くて、畳み掛けるようにスベってて、かなり笑えると思いますよ。



そうそう、あとはアレですよ。


DEEP RED好きには外せないあの要素。吹替え

素晴らしいですねー、相も変わらないDEEP RED声優陣。成長が全く見られないというね(´ω`)。


こういったトコロも、このレーベルがいかに安心と信頼のクオリティであるかわかりますね!これからも励めよ!(上から目線)


しかしながら、今回は吹替えで遊んでる部分はいささか少なかったですねぇ。

まぁコレに関してはB級好きの中でも好みが大きく別れるトコロであろうと思いますし、場合によっては作品の根幹を叩き潰すようなモノもありますからね。ホントに好みの問題でしょう。管理人は好きですが。


B級好きを裏切らない鉄板レーベルからお送りする、鉄板チープモンスターパニック。


生まれ変わったら魚人になりたい、出来ればジンベエかしらほしが理想、そんなアナタに。ちなみに管理人はネプチューンが好きなんじゃもん。(ワンピースネタやめろ)


(レビューおわり)


警察官「それでは、皆さんの免許が出来ましたので、順番に配布しまーす」


ざわ「免許♪免許♪さっさとよこせ♪((8(°∀°)8))♪」(暴言)


警察官「はぁいどーぞ」

ざわ「アリガトー♪」(媚)



フンフンフッフーン♪…(。_。)……お?

ざわの免許の帯が…輝いているぅ…こっ…コレは…!?


金色免許になっとる!!(゜ロ゜;

見て!見てホラ!「優良」って書いてあるわ!


優良……ざわは優良ドライバーになったのか……フヒヒ…。(Σやめろ)
スポンサーサイト
【Paracelsus55】
先ずは免許獲得御目出度う御座いまする。

自分は普通免許だけで手一杯です。

しかも、乗ってないし・・・。

出ましたね!

DEEP RED’Presents。

ある意味、このブレない姿勢は称賛に値します。

観る観ないは別、ですが・・・。

やはり、進歩無しでしたか?

素人吹き替え軍団。

作品に因ってはこの吹き替えが功を奏する場合も有る事もある様ですが・・・。

自分は未だ嘗てお目に掛かった事はNothing・・・。

『ZVZ ゾンビVSゾンビ』

何て殺意が湧きました・・・。

稀にこう云うインディーズ作品の良い例もありますが・・・。

http://plaza.rakuten.co.jp/nflazusaizum/diary/201505310000/

http://plaza.rakuten.co.jp/nflazusaizum/diary/201409120000/


PS;退職金額の話に全米が泣いた・・・。


2015/10/15 23:36* URL* [ EDIT]
【ざわぞん】
最近では、DEEP REDの作品を手に取り、鑑賞して最初の台詞を聞く度 、「いつもの声優陣だぁ(´ω`)」…と安心を覚えつつあります。

ざわ個人の感想では、DEEP REDレーベルで最も吹替えがメッチャメチャなのは『ゾンビ・オブ・ザ・デッド 感染病棟』ですか。皿の上の果物まで喋りますからね!馬鹿!!


退職金は、会社が会社なので元々アテにしていなかったので、実は心理的ダメージはほとんど無かったりします。

カメムシの方がダメージでかかったです。…身体も、心も。

2015/10/16 02:37* URL* [ EDIT]
【剣将】
免許取得おめでとうございます!これで、爆走(安全運転)トラック野郎が誕生したという事ですね!(違) そして、ついに、この作品にたどり着きましたか! 開始早々に(個人的に)即死級の方言吹き替え、デ…ぽっちゃり系のヒロイン&ポロリ、マッコリなんか注文するなよ!とツッコミ入れたくなる吹き替え!掌のみの描写が多いモンスター、黒幕の末路が色々と酷い件等々、見所は十分です。
2015/10/19 18:10* URL* [ EDIT]
【ざわぞん】
ありがとうございます。トラックに乗る仕事に就ければ、もーやりたい放題ですよね!(←安全運転)

遊びが少ない(当社比)、なのに笑える吹替えって、何なんですかね。最高です。

黒幕の末路は…良かったんじゃないですかね。ある意味ハッピーエンドですよ。…快楽オチ?(やめい)
2015/10/19 21:27* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/283-87b690b7
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。