上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

邦題長いし、『LOST』ンとこ強調し過ぎだろ(゜ロ゜)。





いやぁ〜、素晴らしく丸パクリなジャケットですネ(´ψψ`)。


これだけ潔いパチもんジャケはしばらくブリ。

まさに地雷。クレイモア(@゚▽゚@)。



管理人はウレシイでス(*´ω`*)。

さて、有名海外ドラマを連想させるジャケットですが中身のほどは…?



発売元―ジャスティ

販売元―ファインディスクコーポレーション

監督―サム・ゴースキー、ニコ・ポーリンガー

脚本―グレゴリー・ギエラス、シモン・ボイエス

編集―カール・T・ハーシュ

2009年/アメリカ映画

管理人の購入価格―480円(新品)



《ストーリー》

軍事企業アルトラコープ社が、カナダ沖のマレ島にて生物兵器『テスト48』の実験を行っていた。

しかし、その島で実験を行っていた人員が突如消息を絶つ。

アルトラコープ社の科学者レイは、少数の捜索チームを結成し島へ上陸する。

島を探索する彼らの前に、消息を絶っていた同僚・ミッチェルが現れる。

人間離れした動きでチームに襲いかかってくるミッチェル。

ボート屋ウィルの助けもあり辛うじてミッチェルを抑え込むが、ミッチェルは「逃げろ、全員死ぬぞ!」と言い残し黒い煙へと霧散してしまう。

意思を持つかのようにチームを追いかけてくる黒い煙。

この煙こそ、生物兵器『テスト48』により変わり果ててしまった実験クルー達であった…。



《キャラクター紹介》

―ウィル―

一番目立ってるからきっと主人公。
ロン毛。ヒゲ。目つき悪し。

港でちっさいボートを運航しているボート屋。

捜索チームを島まで連れていく仕事を引き受ける。

冷静で腕っぷしも強い元軍人。

さらには頼りない捜索チームをほっとけず、手を貸してくれるナイスガイ。

その正義感から上官に楯突き、除隊処分になった過去がある。



―ソフィ―

ヒロイン。医者。黒髪ショートのおb…オネーサン。

捜索チームに参加した1人。

毒物治療が専門らしい。

まぁやってるコトは科学者に近いが。

ウィルが終始頼れるアンチャンなのでそれとなくアプローチ。

テントにこもって『テスト48』の血清を作ることに成功する。



―レイ―

科学者。アジア顔。坊主頭。

捜索チームを結成したヒト。リーダー。

科学者とは思えない見事な格闘センス。

銃も使う(ベレッタM92F)。

消息を絶った人達の救出と『テスト48』の実験データ回収を目的としているが…。

根はいいヤツ。

レイチェルとは同僚以上の間柄のようだ。


クライマックスには覇気を会得し、ロギア系と取っ組み合う。



―アレン―

メガネ。もやしっ子。

捜索チームの1人で、IT(?)の専門家。

テントの組み立てもロクに出来ない頼りないヤツ。

しかし、無線と電話を直結したりと役に立つ場面も。

薬を服用している。


クライマックスには悪魔の実の能力者と化し、もやしっ子を返上。
ロギア系の能力を駆使し、圧倒的な強さを見せる。



―レイチェル―

レイの同行者。アジア顔の丸顔。
決して美人とは言えない(失礼)。

レイの同僚のようだが、科学者ではなさそう。

ナイフさばき、銃の扱い、素手格闘にも長ける特殊部隊顔負けの戦闘力。


足を負傷してしまい、休んでいるところを襲われ感染してしまう。



《総評》





LOST全然関係無ェええええ(°Д°)



っちゅーか………、





クオリティ高ぇええええー(゜Д゜;



あ…ああ…あ…、


ダーマーサーレータァーァア!!!
(ノд<。)゜。



畜生!畜生!畜生!


また詐欺かよゥ!(泣)



結構面白かったぢゃねぇかよぉ!!



くっそぉおおお(ノд<。)゜。





…フンッ(鼻かんだ)!


はー…、さて。


つまるところこの作品、ゲテモノではありません。
サンテレビの地上波放送でも何無く通用するレベル。

ストーリー設定、CG、アクション、演出、全て合格(管理人眼)。

特筆すべきはCGとアクション。
その質の良さはB級映画とは思えません。

CGで作られた黒煙・テスト48は非常にリアル。

巨大な(つっても一軒家ぐらいか)黒煙が高速で襲いかかってくるサマは、結構すっごいデス(゜ロ゜;


対する主人公たちは、『テスト48』を抑制する薬剤を噴射する消火器みたいなボンベを手に戦います。

アクマで抑制するだけなんで、倒せるワケではなく、ただ退けるだけ。
いつかは無くなる薬剤。
しかし黒煙に包まれれば『テスト48』に感染してしまう。


この緊張感、素晴らしい!


そしてアクション。

CQC(近接格闘)のデキが良すぎるッツ!

動きも速えェ!!

『トランスポーター』みたいだ!!


いや!アレほどじゃないケド!!


それでも『ブレイド』と互角か!?


ちょっとしか無いケド!!


そしてクライマックス!!


『テスト48』を自身に取り込んだアレンと、血清を注入したレイ、そしてウィルのラストバトル!

格闘と人外パワーを織り混ぜたまさにラストバトルですヨ!



アッという間だケド!!




ところでアレン…お前…!





ス〇ーカー大佐かッ!!(°Д°)


モク〇クの実の能力者かお前は!


「ホ〇イトブローーーッ!!!」



あ、



白くねェや。


じゃ、いいや(´ω`)。



ま、悪いトコも無くはないですヨ。



『LOST』を意識してんのか、時折り主要キャラの過去の回想シーンが入りマス。

あっても構わんケド、別に無くてもストーリーに支障は無かったデス。



それとラスト。

あんだけスリル満点のサバイバル、熱いバトルを繰り広げてやっとこさ生還したっつうのに、あのBAD ENDはあんまりだ(;つД`)。


モンスター映画によくある、


「HEHEEY!まだ終わっとらんぜぇー!」

的な終わりかたならイイ。


しかしこれは非道い!


せっかく脱出したのに…。

ウィル可哀想だろコレ!(つд;*)




こんなトコですか。

大したことないデスね、こんくらい。


はい。




《良作》でしたッ!

すいませんッ!!


(レビューおわり)


あくまで変人の視点の絶賛デスから。そのへんは御承知を。
スポンサーサイト












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/28-ddd7b380
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。