上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
20150219223307ae1.jpg
なんか想像してたのと違う。







こないだ、バレンタインデーでしたね。


それまでざわの人生には一切関わってこなかった、ほろ苦いどころかカカオ100%な日。しかしついに去年、会社のパートさんに義理チョコを貰い、義理とはいえ喜んでたワケですが。


今年はなんと、例の行き付けの飲み屋のおねーさん方からそれぞれ貰いました。…ん?所詮は義理?ソレにすら縁が無かったざわには超ホットな出来事だったんだよ黙ってろ。(悲)


ママ「ざわちゃんバレンタインほれ~」

ざわ「おお…ありがとうございますm(_ _)m。可愛らしいラッピングだ…」

店員おねーさんA「ざわちゃん、はい」

ざわ「およよ…それぞれから貰えるとは…なんかワザワザすいません…ところで、なんでオロナミンC入ってんですか?

店員おねーさんB「ざわちゃん、いつもありがとー」

ざわ「うほ…Bさんまで…。…アレっ?(。_。)」


紙袋の中に、チョコレートの他にもうひとつ、ラッピングされた小箱が。

ざわ「(なんだろうコレ…おまけかな…?帰ってから開けよう)」


で、例によって夜遅くまで飲んだくれ、帰宅。


ざわ「さてさて…。あの小箱の正体は…と」


ビリビリ…。



…(。_。)。



…(。_。)。



ぱんつ。


あでだすの男物のボクサーブリーフ。1800円。



!!??(。_。)


ど…どういう意味なんだろう…?

アレかな…?キムタクが共演してる女優さんにTバックをプレゼントしてるって前にテレビで言ってたけど、そんな感じなのかな…?

それとも、もっと別の意味合いが込められているのだろうか…?勝負ぱんつに使え!的な。(勘繰り過ぎ)


バレンタインに頂いた、不思議なプレゼント。その真の意味を探し続ける、今日この頃です(多分深い意味は無い)。



発売元-プライムウェーブ

監督-デヴィッド・ウィニング

製作総指揮-ロバート・ハルミJr.、ロバート・ハルミSr.

脚本-マーク・マリン、エスリー・アン・ヴェア

2007年/アメリカ映画

原題:『SOMETHING』

購入価格-200円(レンタル落ち)



《ストーリー》

都市部から離れた自然豊かな土地に建設された、シダーゲート会議センター。

そのセンターのお披露目となる最初の会議は、国際的な一大イベントとなる、クリーンプラネット世界環境問題会議であった。

世界各国から著名な活動家や学者がシダーゲートに集まり、彼らは会議が開かれるまでの数日をセンターの一部でもあるホテルで過ごしていた。


そんな折、会議参加者が変死する事件が発生する。

誰かと争った形跡も無く、事故死と判断されたが、一概に事故で片付けるには不可解な点が残る奇妙な遺体だった。

そしてさらに、シダーゲートで新たな変死体が発見される。

今度は自殺。手首を斬り、全身血塗れの状態で発見された。

別段自殺するような素振りも見せなかった人物の、突然の自殺。死因は違えど、これまた不可解な事件であった。


その後も、シダーゲートでは次々に不可解な行方不明者が続出する。

この異様な事態に恐れをなした会議参加者達は、逃げるように同地から去ってゆく。記念すべき初お披露目のイベントは、もはや続行不能に陥っていた。


実は、不可解な死を遂げた人々には共通点があった。

死ぬ前に、黒いタールのような、ネバネバした液状の物質に触れていたこと。

そして彼らは、各々が「最も恐れている出来事」に直面して死を遂げていたこと…。



《登場人物紹介》

-ダグラス・ミドルトン-

牧師。甘いマスクの長身おじさん。


牧師であると同時に世界的に著名な環境活動家であり、今回のクリーンプラネット会議の責任者として招待された。

いわゆる「いかにも」な牧師らしくない、陽気で冗談も言うユーモラスな人物。ちなみに13歳で啓示を受けて牧師になったとのこと。

カトリックではなく聖公会派であり、結婚も出来るし子供も持てるが、世界中を飛び回る生活であるためと内心まだ落ち着く気が無いらしく、独身。



-ケリー・スペンス-

シダーゲート職員で会議コーディネーター。ちぢれ黒髪おねーさん。


祖母はネイティブアメリカンで、センターのある土地一帯に住むオジブワ族とのことで、祖母から譲り受けたオジブワ族の装飾品をいつも首に下げている。

シダーゲートの人間だが、騒動を隠蔽しようとする上の人間とは違い、会議参加者や客の安全を優先して行動するため、サイムズに叱責されることが多い。

幼少時にこの土地に住んでいた際、地元の頑固牧師の飼う狼犬に咬まれた過去があり、以来犬が非常に苦手。



-エイミー-

シダーゲート職員。童顔ねーちゃん。


ケリーの助手で、彼女に付き従っている。フレンドリーで意外と芸能通。



-サイムズ-

シダーゲート職員。痩せ型にーさん。


ケイトやエイミーの上司。

完全にシダーゲートの元締め企業側の人間であり、会社の不利益になるセンター内で次々に起こる変死事件を、公にせず内々で処理しようとケリーはじめ方々の従業員に圧力をかけている。

高圧的な性格で「環境保護団体は能無しの連中」と見下している。



-ジャクソン・デッドマーシュ-

センター警備主任。ハゲおやぢ。


元オレゴン州の警察所長で、現在はその経歴を買われセンターの警備を任されている。

ミドルトンとは警察所長時代に面識があり、ネイティブアメリカンのジム・ベイリーという若者を証拠捏造によって殺人犯に仕立て、死刑に追いやったことがあるらしい。

その過去からミドルトンは良い印象を持っていないが、警備主任となった現在は有能かつ職務に実直な人物であり、センター職員達からは頼られている。



-トニー-

センター警備員。ノッポにーさん。


デッドマーシュの部下で、信頼できる片腕的存在。

頑固なデッドマーシュに時にはボヤキながらも、共に行方不明事件や変死事件を捜査する。



-ユージーン・ハーマン-

環境問題会議の参加者。モジャ頭メガネぽっちゃりにーちゃん。


まだ大学生ながら、環境問題に関する論文が高い評価を受けており、今回の環境問題会議でスピーチ役に任命された。

ミドルトンからも「すごく優秀な青年」と太鼓判を押されるほどだが、実はその力強い論文内容とは対照的なほどに気が弱く、おまけにスピーチ恐怖症だったりする。

喘息の持病があり、パイプが手放せない。



-ミカエラ・ストラフスキー-

ファッションモデル。黒髪ねーちゃん。


知る人は知っている有名人であり、今回の環境問題会議のスポンサーの一人を父親に持つセレブ。

元々の会議のスピーチ役だったのだが、直前でミドルトンの判断で論文を書いた本人であるユージーンに変更されてしまったことで不機嫌になっている。

まさに絵に描いたような金持ちワガママ娘で、周囲のありとあらゆるものにケチをつけて罵り、誰彼構わず命令する。性格ブス。

その不満の連発っぷりをカメラで自撮りして、ブログにアップするのが日課。ホント残念な子である。

クレオパトラという名のチワワを飼っている。飼い主とは対称的におとなしい。



-レジー-

センター設備技師。口ヒゲおやぢ。


センターの会議場、ホテル部分を問わない全ての配管や内装、地下下水設備を一手に任されている何でも屋。

デッドマーシュにも物怖じしない豪気なオヤジだが、普通にいい人。



-ハンク-

センター設備技師。ボサ頭にーちゃん。


レジーの部下で、いつも一緒に作業している。

暇な時間があればずっとTVゲームをしているゲーム好きで、今のマイブームは「ハウス・オブ・ザ・デッド」。

仕事には基本真面目だが、弱音や愚痴が多い。



-ウォルター・コネリー-

生物学者。博士。メガネおじさん。


有能な学者で、シダーゲート会議センターの開発における土壌調査を務めていたが、野性動物が激減したことで建設に異を唱え、解雇されてしまう。

しかし、学者魂が刺激されたのかシダーゲートの土地を去ることはなく、その後一年もの間、会議センター周辺の森林地帯にある小屋で地下下水道に潜む未知の生命体を独自に調査・研究し続けていた。

生命体による人々への攻撃を危ぶむ一方、新種であり未知の存在である生命体を保護することも目指しており、滅ぼそうとは考えていない。

ミドルトンとは以前別の環境活動イベントで同席したことがあり、顔見知り。



《総評》







やぁー…凄いですねー…(゜ロ゜)。

大したモンです。ええ。


どう見ても低予算、まごうことなきB級映画。

なのにどうしてどうして。A級映画にも十分匹敵しますよ。うん。声優が。(引き延ばし方がわざとらしいわ)


凄いですよね。豪華ですよね。声優。

どのキャラの声も、絶対どっかで聞いたことある声ですもん。一瞬、メジャーな映画を観てるんじゃないかと錯覚してしまいましたよ。うん。


低予算ながら、豪華声優陣を配役した、贅沢な一品。


洋画は基本吹き替えで観る、やっぱり声って大事だよネ!という、そんな声フェチなアナタに。









わかってますよ。


レビューになってないですもんね( ̄▽ ̄;)。ええ。わかってますとも。

ホントは、個人的にはもうコレで十分かなとも思うんですが、このまま終わらせると色んなトコから怒られそうなので、頑張りますよ(不真面目)。



で、今回の記事なんですが、ストーリー紹介もキャラ紹介も不十分な作りになってしまっておりますね。

なんていうか、長々と書いてる割に、作品の概要が不透明というか…。結局はこの映画はどんなタイプの作品なんだかがよくわからない文章ですな。我ながら( ̄▽ ̄;)。


そもそも、ジャケットがモンスターパニック系なのに、紹介のトコにほとんど書いてないというね。あんなストーリー紹介じゃ、モンスター映画かどうかも謎ですよね。

解説がヘタッピですいませんねー…(- -;)。いやね、書いてたら結果的にこうなっちゃったんですよ。書き終わった後に気付いたもんで(´ω`)ゞ。


と、いうワケで。

この《総評》の場で、改めて本作品についてシッカリと解説したいと思います。決して、総評っていえるほどのレビューが書けないからではありませんよ。(頑張れよ)


本作は、間違いなくモンスターパニックです。

ただし、ジャケのイメージ通りの内容かというと、そういうワケではありません。


簡単に概要を説明しますと、昔からの自然が残る土地に環境保全お構いなしにコンベンションセンターを建てた結果、太古からその土地の地下深くに生き続けていた知的生命体を怒らせちゃった、というオハナシです。

この知的生命体というのがジャケのワーム頭みたいなヤツであり、邦題の「スライム」であります。

普段はスライム、つまり黒いタール状の液体で活動しており、分散した液体全てが知性を持つという驚異の生命体で、集合するとジャケのような巨大生物となるのです。


そしてこの生命体の持つ特殊能力こそが、様々な変死事件の正体。

生命体の肉体の一部である液体に触れてしまった人間は、脳を侵食されてしまい、強力な幻覚に支配されてしまいます。

その幻覚の内容は人によって様々。ただし、「その人間が最も恐れていることを具現化する」というもの。


つまり液体に触れた人間は、自らが最も御免こうむりたい恐い恐い目に遭い、恐怖で狂い死にしてしまうことになるのです…!(((゜ロ゜;)))



…って書くと、ちょっと風変わりで面白そうでしょ?

確かにね。良いと思いますよ。アイデアは。

ただ、モンスターパニックでその設定はいかがなものか、と。


普通、モンスターパニックといえば、モンスターそのものが恐怖の対象であり、戦う相手です。

しかし本作品では、モンスターが人間を直接襲うワケではありません。

ただ、肉体を分散させて人間に触らせ、幻覚で死に追いやる、それのみなんです。


そりゃね、知的生命体ですから、自分の住みかを土足で踏み荒らす不届きな人間どもへの制裁も、これまた知的に攻めるのは間違っちゃいないかもしれませんが。

B級のモンスターパニックでやっちゃ駄目だよね┐('~`;)。

我々は、そんな戦略的な戦いを観たくて、こんなジャケット(←ヒドイ)の作品を手に取ったワケではないんですよね。

普通に人間に襲いかかって、食い千切ったり、丸飲みにしたりする画を観たいんですよ。人間を精神的に追い詰めて死に追いやるワーム頭なんて求めてないよ。そういうのはフレディみたいな怪人とかの殺り方ですよ。


さらに、そんな感じで死に追いやられた犠牲者の皆さんが画面にほとんど映らないというのも、かなりガッカリなポイント。

各々皆さん、それはそれは酷い死に様を迎えるわけですから、『リング』で殺されたヒトみたいなスンゴイ形相とかになってんのかなーとか少なからず期待してしまったんですが、犠牲者の姿がまぁ映らない。

画面が超暗かったりとか、倒れた遺体の腕だけがチラッて映ってるだけとか、そんなんばっかり。


そして、今ひとつ。

登場人物に、露出の高いカッコしたセクスィーなお姉ちゃんが出てきます。

バスルームに行きます。

もうここまで来たら、否が応にも期待してしまうのが雄というもの。


風呂入る前に死にます(。_。)。

ふっ、ざっ、けっ、やがってぇぇぇぇぇぇ!!

死ぬんなら、見せるモン見せて死ねや!!(暴言)



…とまぁ、この作品の不満点をつらつらと挙げましたが、全部通して言えるのが、鑑賞者側の期待を、悪い意味でことごとく裏切るというコトです。

モンスターパニックとしての期待、グロ・スプラッター面での期待、エロ面の期待、総じてB級映画としての期待。

その全てが、我々B級好きの求める展開に、作りになっていないのです。


これまでにも何回も言ってきましたが、なまじ上品な作りのB級映画ほど、鑑賞を楽しむのも、レビューを書くのにも困るのですよね(_ _ ;)。

本作品は、その中でも特に顕著な出来でした。

モンスターパニックとしては中途半端、B級映画としても中途半端。どれか一つだけでも抜きん出た部分があれば良かったんですが…(- -;)。



…ああ、声優ね。うん。(Σ忘れてたな)


薄味薄口だけど普段とはひと味違う、変わり種モンスターパニック、騙されて観てみてもいいかな、なんてアナタに。


(レビューおわり)


後日。


ママ&Aさん&Bさん「いらっしゃいませぇ」

ざわ「こないだはどうも…m(_ _)m。あの、Bさん?」

Bさん「ん?」

ざわ「あのー…あの箱なんですが…アレは…?」

Bさん「あぁー!サイズ大丈夫だった!?


サイズは…うん…バッチ…じゃなくて。Σ\(゜-゜)
スポンサーサイト
|02/19| 架空生物コメント(4)TB(0)
【カルビ】
知り合いから貰いましたね。

カカオ70%と99%のチョコの詰め合わせ…
70%でも食うの難儀してます。
2015/02/23 21:08* URL* [ EDIT]
【ざわぞん】
昔、こういったチョコが出始めの頃に買ってみたんですよ。カルビさんと同じく70%と99%のヤツを。

70%ですら結構苦いですよね(~_~;)。これでも一応ビター派のつもりだったのですが。

99%は…食うのが恐ろしくて冷蔵庫に入れっぱなしでした…。アレは結局ドコへ行ったんだろう…(遠い目)。
2015/02/24 07:03* URL* [ EDIT]
【カルビ】
多分もう食べないと思います…

そういや最近ディスカウントストアの500円DVDコーナーで見つけたダークウォーリアーってのが中々のジャケ&パッケージ裏のストーリー詐欺でしたわー。
……別にエロに惹かれた訳では御座いませんよ?
2015/02/25 23:54* URL* [ EDIT]
【ざわぞん】
このジャケットは…うん、確かにエロそうだ(コラ)。

こういったデザインで似たようなタイトルの作品って多いですよね。

『ダークワールド』とか。あっちはちょっとありましたよ、エロが。…あっ、エロ目的じゃなかったんでしたっけ(棒読み)。
2015/02/26 07:01* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/266-e06582af
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。