上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

いろんなイミで期待が持てます。




お久しぶりでゴザイマスm(__)m。

只今帰還いたしました。

やっとこさ落ち着いてきたんで、再開したいと思ひます(*´∇`*)。



さあ〜、


マトモ仕事人モードから、


偏屈変人モードにぃ〜、





シフトチェーーーーンジ(*`Д´)!!!



ぬはははははははッ…!!


…っゲッホゲホッ!( ̄△ ̄;)



…っしゃあぁ!!


シャバに帰ってったでぇ(*`Д´)ノ!!!


ほないくでぇ!
美人がいっぱい、銃がいっぱい、ツッコミ所がいっぱいのSFアクション『サイボーグ・シティ』やぁ〜!(*´∇`*)



発売元―ジャスティ

販売元―ファンディスクコーポレーション

監督・脚本―リー・スコット

製作―ケネス・M・バディッシュ、リー・スコット

編集―クリステン・クイントラル

2009年/アメリカ映画

管理人の購入価格480円(新品)



ひさかたぶりのレビューなんで、管理人は興奮ぎみデス。
なるべく記述に支障が出ないよう努力いたしますが、ナンカ無理なような気がします。
ご了承くださいませm(__)m。



《(間違ってはいない)ストーリー》

4つの州で指名手配され、全米で話題になっている8人の女強盗団。

大金を手にした彼女らは、メキシコへ逃亡しようと画策。
道中のバーに立ち寄る。


そこで強盗団の1人レイラは、バーの男性客に因縁をつけられる。

厄介事は避けたいので最初は堪えるが、ツケ上がったその男にケツを揉まれ、我慢の限界に達したレイラは男を蜂の巣にしてしまう。

案の定、バーの客全員が銃を構え、一触即発の状況に。


ふとレイラが蜂の巣男を見ると、なんと男は火花を散らして痙攣しており、ちぎれた腕は機械であった。

そしてバーテンがイキナリ機械音声で誰かと交信、次の瞬間、バーの客全員の目が緑色に発光、機械音声で「始末しろ」と連呼する。


そして…8人の女強盗とサイボーグ集団の銃撃戦が始まった―。



偶然にも住民が全てサイボーグの街を訪れてしまった、美人強盗団の戦いを描く、エセSFアクション!!



《(無闇に多い)キャラクター紹介》



―Shi(彼女)、レディー―

主人公。本名不明。強盗。ブロンド。巨乳。黒人美女。


強盗団を結成した中心人物。
リーダーシップがハンパない。


強盗なんで、当然悪人。でも仲間には優しい。

仲間以外のヒトには鬼。容赦ナシ。



友達大事!あとはシラネ(・ε・ )。
って感じのヒト。


二丁拳銃を好む。

使用銃器はレリーフの入ったシルバーのベレッタM92F、シルバーのコルトSAA。



―グレッチェン―

強盗。黒髪。長身。姉御肌。縦長顔。

強盗団のNo.2(管理人眼)。

バーでの銃撃戦でモリー、ダスティらと共に捕まり、サイボーグ軍団の本拠地へ連行される。

実験台にされ、脳を瓜二つのサイボーグに移植(!?)されてしまう。


脳ミソ移植されたのにピンピンしてますケド…?


管理人には判別できないシルバーのオートマチックを使用。



―レイラ―

強盗。茶髪のまとめ髪。猿顔。ワイルド。短気。


バーで男にケツを揉まれ、我慢できずに男を射殺。結果的にサイボーグ軍団と戦うハメになる。

ゲイターとは元恋人。別れていてもアツアツ(言い方Σ( ̄ロ ̄;))。

このヒトも二丁拳銃好き。

ベレッタM93Rのフルオート仕様を乱射。



―ダスティ―

強盗。黒髪にグレーのメッシュ。爆弾とか使う。

グレッチェンらと共に捕まる。


レディーを心から信頼しており、助けに来てくれると信じている。

ベレッタM84を使用。


…それにしてもベレッタが多いな。

色々出てきて管理人はウハウハですヨ。



―K・J―

強盗。金髪。巨乳。

バーでの銃撃戦で負傷、モーテルで闇医者に荒療治される。

復活後は元通りの悪人に。



管理人は強盗団で一番好み(誰も聞いてない)。

ワルサーP99デュアルトーンを使用。
当然二丁で。



―ティンク―

強盗。金髪。童顔。気弱。

元カレのボビーが武器をいっぱい持ってるので彼を訪ねる。

強盗団らしからぬ気弱な性格。
ていうかフツーのギャルにしか見えん。


使用銃器は…ワカラン。



―モリー―

強盗。全身デニム。レズ。

影薄い。

以上。



―ミルウォーキー―

強盗。金髪。カチューシャ。

バーでの銃撃戦で死亡。

ベレッタM92Fのフルオートカスタムを使用。
もちろん二丁拳銃。



―ゲイター―

カウボーイ。ヒゲ。チビっ子。

レイラの元カレ。

銃の達人らしい。

手先が器用で、車の改造も出来る。

レディーとも知り合いで、彼女らに協力する。

小柄な体格を活かし、スーパーのカートに乗りながらミニUZIを二丁持ちでぶっぱなす活躍を見せる。



―ボビー―

ティンクの元カレ。ヒゲ。野球帽。

悪人ではないが、口数が多い。うるさい。

レディー達に脅され、渋々協力する。



―エリオット―

サイボーグ軍団を作った博士。

3つ子。



―ブレイン―

博士の助手。

メガネくん。



《(久しぶりに)総評》





この作品、2009年製作なんですよネ。

けっこう新し目。

今回は製作年に相応しく、強盗団のほとんどが今時のギャル。

今までは、たとえ製作年が新しい作品でもナゼか登場人物から昭和の香りが漂ってましたんで、コレは意外でしたネ。


しかも美女多し。



管理人はウレシイでス(〃ω〃)。


ほいでデスね、序盤のバーでの銃撃戦なんデスが、これがまた



良く出来てるのナンノって( ̄ω ̄)b。

まさかマイナー作品でこんな銃撃戦にお目にかかるとは…。


出来具合でいうと、アントニオ・バンデラス主演の『デスぺラード』の酒場での銃撃戦ぐらい。




あ、言い過ぎました。


アレよりかヤヤ雑。


でも、低予算B級としては見事な出来栄えと言えるでしょう。



もうね、

女の子は(ほぼ)みんな可愛いし、

銃撃戦はナイス出来だし、

ベレッタ系をはじめ、登場する銃の種類は豊富だし、

オマケに管理人はワイルドな女性が好み(どうでもいい)なんで、



冒頭から管理人のハートを撃ち抜きまくり。



管理人の心の臓は弾痕まみれデス(≧∇≦)。



期待値MAXで鑑賞を続けていると、

強盗団の半分はサイボーグに捕まり本拠地へ。

逃げおおせた半分は、捕まった半分を救出する為に西へ東へエッチラオッチラ。


このあたりはダレます。


我慢してしばらく観てると、ナント敵の武装ヘリが襲来!!


ウオッ!!!(゜д゜)コイツは…!



CGが安い!!Σ(´□`;)


しかも弱い!!(゜ロ゜ノ)ノ


あ〜あ(*´△`*)。


自分のハートの弾痕が治癒してゆくのがワカリマス。



以降はストーリー展開が微妙。

終わり方も雑。



ンも〜(´△`)。



ナンカどうでもヨクなっちったC=(´◇`)。



序盤のワクワクを返してくれぇ(´д`)。


それとさ、



1人ぐらい脱いだっていいぢゃないか(悲)。


あんだけ美女揃いナンだからさ、

少しぐらいサービスしてくれてもいいぢゃないか(つД`)。





あー…ハイ、スミマセン。

毎度毎度スケベな発言してスミマセン。



…デモ…、



久々ナンだからいいぢゃないか(オイ)。



ところで劇中でも言ってるケド、アレってサイボーグじゃなくてアンドロイドじゃね?

(レビューおわり)


また、時間作ってレビューしたいと思いマス。
いつになるかワカランけど。
スポンサーサイト
|10/27| ドンパチコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/26-9835e55b
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。