上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
201406262239585f2.jpg
往診の時間だぉ♪(そういうハナシじゃない)








AM 0:30。

ガチャ。

「た~だいま~ン♪(´ω`〃)」(←また酔ってる)


いや、大丈夫です。翌日は休みですから(そういう問題か?)。

「ト~イレトイレ~っと♪(´ω`〃)」

荷物を部屋そこら中にブン投げ、壁にぶつかりながらトイレへ向かうざわ。隣人から苦情がきても文句は言えません。(わかってんなら控えろよ)


便座に座り、コンビニで買った『世界の銃 最強ランキング』に読み耽るざわ。

20分後。(Σ長)

「さて、酔いも落ち着いたし、出るか(゜-゜)」

便座から立ち上がるざわ。


……(。_。)。


なんで便器ん中が真っ赤っ赤なんですか?

ケツ拭いたトイレットペーパーも真っ赤っ赤。よく見りゃおぱんつも真っ赤っ赤。


……(。_。)。


ま、とりあえず、風呂に入りましょうか。(ちょっと待て)

シャワーを浴びます。

ザァァァァァ……。

排水口を流れ行く、血、血、血。

止まる気配がありません。


……(。_。)、

……(。_。)、



……うっ、



うぉわぁあああああああああ!!Σ(゜ロ゜;(遅い)


けっ…ケツから大量の血がぁぁあ!キャアァァ!!(((′° Д°′ ;)))

死ぬぅう!ケツから出血多量で死ぬぅう!んなアホみたいな死に方いやぁああ!!


その場はケツ筋を総動員させ、止血してしのぐざわ。

風呂はなんとかやり過ごしたけど、どうしましょう。


よし、とりあえず、スッポンポンのまま布団でうつ伏せで寝ることにしましょう。

明日の朝、ケツの血が固まって止まってるか。それとも血溜まりの中で死体で発見されるか。

事なきを得て、再び変わらぬ日々を送るのか。それとも後世まで語り継がれる伝説を残すのか。


生きるか、恥かいて死ぬか。ざわぞんの長く熾烈な一夜が始まった!(寝るだけだろうが)



発売元-日活

監督-稲船 敬二

脚本-稲船 敬二、池原 実

製作-カプコン

原案-『デッドライジング2』

2010年/日本映画

購入価格-750円(中古)



《ストーリー》

ウィラメッテで起きたゾンビハザード事件。

軍による隔離もむなしく、事件の後ゾンビハザードは世界中に飛び火し、各国は感染者の隔離に追われていた。

それは日本も例外ではなく、そのゾンビ化現象を「屍病」と名付け、全国で汚染区域と安全区域を隔てる隔離対策がとられていた。


そんな中、シンとジョージの兄弟の住む一帯も、運悪く隔離地域になってしまう。

過去に遭った事故以来、車椅子での生活を送る弟ジョージを連れ出し、シンは安全区域を目指して汚染区域からの脱出を試みる。

しかし、各所に点在する安全区域はどれも満杯で、二人を受け入れる余裕は無いとアッサリ突っぱねられてしまう。

二人は失意の中帰路につくが、既に日が傾き出していた。

今から家へ帰ろうにも、道中には夜になってしまうだろう。それは、感染者に襲われる危険も増すことを意味する。


港近くの人気の無い倉庫街に辿り着いた二人は一軒の倉庫に目をつけ、そこで一夜を明かそうと中に入る。

だがその倉庫には、明らかに真っ当には見えない所有者が取り巻き達と籠城していた。

シンは所有者に一晩だけ居させて欲しいと頼むが、ここでも二人は突っぱねられる。

銃を突き付け、二人に出て行くよう脅す所有者。が、空気を読めないジョージは所有者に悪態をついてしまう。

みるみる悪くなる空気。今にも二人に危害を加えようとする所有者。

これ以上の話し合いは無意味と判断したシンは所有者に飛び掛かるが…。



《登場人物紹介》

-シン-

兄。普通のにーちゃん。


半身不随になってしまったの弟の面倒を献身的にみている弟思いの兄貴。

卑屈な弟に比べて落ち着いた大人びた人物で、余計な一言を口にする弟をなだめる係。

腕っぷしはかなりのものらしく、3バカ全員と同時に殴り合っても優勢に運ぶほど強い。



-ジョージ-

弟。車椅子にーちゃん。


数年前に交通事故によって半身不随となり、車椅子生活を余儀無くされている。

事故以来自らの境遇を悲観し、何をするにも物事を後ろ向きに捉え、行動する前から諦めてしまうようになってしまう。

健常者に対するある種の歪んだ嫉妬からか態度だけはデカい卑屈な性格で、周りの人の神経を逆撫でしてしまい、それがトラブルの種になることも多い。



-高橋-

3バカのリーダー。短髪ヒゲおっさん。


兄弟が逃げ込んだ倉庫の持ち主。

ゾンビハザードが起きた後、おヒキの2バカを従えて自らの倉庫を根城にしているお山の大将。

助け合いや慈悲といった良心が微塵も無く、遊び感覚で人を殺す残忍な人物。

どこから手に入れたのか回転式拳銃を所持している。



-ダン-

3バカの一人。チンピラ風にーさん。


リーダーにはへつらい、デブには横柄な態度をとる、不良の典型みたいな男。

これまたどこから手に入れたのか不明のボルトアクションライフルを所持しており、倉庫の屋上からゾンビを狙撃して遊んでいるが、腕は良くない。



-デブ-

3バカの一人。でぶ。


3人の中で一番地位が低い。

頭も要領も悪く、ダンによくどやされている。



-エミリ-

3バカリーダーの愛人。ケバギャルねーちゃん。


リーダーに性的な奉仕を行うことを見返りに守ってもらっている。

お金好き。



-マリ-

看護師。黒髪ねーちゃん。


街の病院で屍病患者の治療に追われていたが、患者のゾンビ化や同僚達の感染により院内の秩序が崩壊。

ゾンブレックスの予備在庫を求めて救急車で倉庫街へ向かっていたが、同行していた医師が車内でゾンビ化して暴れ出してパニックとなり、3バカの倉庫に突っ込んでしまう。

困難な状況でも決して諦めない芯の強い女性で、歩けないことを理由にいつまでも悪態をついてイジイジしてばかりいるジョージを叱咤し、彼が人間的に成長するきっかけを作る。



《総評》





『デッドライジング』、面白かったですねぇ(´ω`)。

管理人は当時XBOX360を買いたてで、初めて購入したゲームがコイツでございました。

プレイした時は衝撃的でしたね。

開始数分で画面を埋め尽くす、大量のゾンビ。

バットで、鉄パイプで、ゴミ箱で、ベンチで。手近な雑貨でゾンビを蹴散らす爽快感。

ステータスの引き継ぎにより、徐々に無双と化す主人公フランクと、それによって広がる楽しみの幅。

サイコパス達の強烈なインパクトと、ストーリー後半の怒濤の展開。


残念ながら、管理人は『デッドライジング2』をプレイする前にゲームをやらなくなってしまったんですが、今回レビューする本作は、その『デッドラ』の生みの親が自らメガホンをとり、あまつさえ「デッドラ」の名を冠する、由緒ある血統の作品。

これは相当なモノに仕上がっているんだろうなぁ…なんて期待してm嘘です。


前評判は聞いてましたからね。愛と哀しみのガッカリ感、ってね。(CAPCOMだからって鬼武者ネタかよ)


なので、今回はそんな感じでいきたいと思います。

なまじ名作の映画化作品ですからね。中途半端に褒めるのは逆に無礼というものです。というワケで容赦なく叩きますよ。(性悪)


さて。


まず、なんで映画になるとですね、ゾンビがこんなに減っちゃってるんですか?(゜ロ゜;

ゲームでの醍醐味だった、身近な物で大量のゾンビの群れをバッサバッサと薙ぎ倒す、そんな画はこの作品には微塵も無いんですけども。


この映画は、港近くの倉庫に逃げ込んだ兄弟と、倉庫の所有者達がケンカする、ただそれだけのオハナシです。

基本的にゾンビは倉庫の外でウロウロしてるだけ、たまに侵入してきても数匹で、生存者に噛み付くこともなく瞬殺されるだけ。

本当の本当に、倉庫の中でゾンビじゃないヒト達が争ってるだけの映画でした。ゾンビ映画なのにゾンビは蚊帳の外。本末転倒ですな。


確かに『デッドラ』もボスキャラはみんな人間で、「敵は基本ゾンビだけど、最終的に本当に恐ろしいのはやっぱ人間」ということを、映画でも同様に伝えたいのは理解できます。

ただ、この映画はゾンビないがしろにし過ぎです。単に倉庫ン中でバカが乱痴気騒ぎしてるだけじゃないですか( ̄▽ ̄;)。

ゲームは「ゾンビパラダイスアクション」なのに…これじゃゾンビじゃなくて「ロクデナシパラダイス」ですね。


それでも、人間の醜さとか狂気とかがありありと描かれていれば、まーそれはそれでイイかと思ったんですが。

なんでしょうね。狂気とかの前に単にアホなだけなんですよね。

エゴや欲望に狂った人間とかなら分かりますが、この3バカは暴力にモノを言わせて人を虐げる、たぶんゾンビハザードが起きる前からこんな奴らなんだと思います。つまり、元からこういうバカなだけ。

『デッドラ』のようなサイコパスではなく、単純にチンピラみたいな奴らが、ゾンビハザードに便乗して威張り散らしてヒャッハーしてるだけなのです。

しかも拳銃もってるだけでケンカは弱いし。全然恐くありません。普通に腹立たしいだけでしたね。


対する兄弟も、兄貴は真っ当で頼りになりますが、弟君がそれを補って余りある残念な子だったりします。

この弟君、半身不随で車椅子なんですが、その境遇ゆえかねじ曲がった性格になってしまっています。

不平不満を連発し、悪態をつき、3バカはバカにする。なのに自分では行動することはなく、いつも他人任せ。

そしてこの弟君が殻を破り、自らの力で前に進もうと決意する、なんて成長ドラマもあったりするのです。


…ゾンビはあんま出てこないわ、グロ描写なぞ皆無だわな内容なのに、なんで青年の成長ドラマとか盛り込んでんですかね(゜-゜)。しかも大して面白くない、っていうね。

斬新っちゃ斬新ですけども。それゾンビ映画でやんないで下さいよ( ̄▽ ̄;)。


まー他に一般的なゾンビ映画とは変わった点としては、撮影手法ですかね。

本作のストーリーは、ジョージの数刻前の過去の回想と、今現在のジョージの視点、この2つが交互に映し出されて展開していきます。

過去の回想の場合は、客観的な三人称視点映像。普通の映画と同様です。

しかし、今現在のジョージの視点の場合、映像がマジにジョージ目線となっています。リアル一人称視点ですな。

これにより、一人称視点なら今のジョージの状況、三人称、つまりジョージ自身が画面に映っていれば、それは過去の回想と区別出来るワケです。


ほんで、ですね。

凝った作りなのは認めますが、コレぶっちゃけ別に意味無いんじゃないですかね?( ̄▽ ̄;)

POVやフェイクドキュメンタリーではなく、終始一人称に徹した映画ってワケでもないので、特に臨場感とかもかんじられないです。

なんていうか、POVやらなんやらでらなくFPS視点、『デッドラ』で言うところのエイムビューに近い演出なんだとは思いますが。せっかくの演出ですが、正直三人称のままでも大差無かった気がしますねぇ。


それでも、『デッドラ2』のオマージュである、工具や資材で改造した完全武装車椅子、それを駆る弟君が3バカのリーダーと対決するクライマックスは熱い展開で良かったです。

チェーンソーを地面に当て、チェーンの回転を推進力にして火花を散らして車椅子を加速させたり、車椅子を覆うように取り付けた鋼板で銃撃を弾いたり、車椅子の各所に備え付けた電動ドリルやガスバーナーを駆使したり。


その車椅子だからこその攻撃方法が非常にユニークで、観ていて面白かったですね。画面をわざわざ一人称視点にしなけれゃ、なお良かったですね。



あ、あと、DVDの追加としてエンドロール後にエピローグがあるんですが…アレは何だ?( ̄▽ ̄;)

そりゃあ、作品の完成度次第では十分アリなオチだったかもしれませんがね。

この作品の場合は完成度以前にゾンビの恐怖が念頭に無い、つまりゾンビサバイバル映画としてあまり成立してないですからね。「ハ?(怒)」って言われるのが関の山かと思いますよ。



元ネタは一級品、監督はその生みの親。なのにこんなんなっちゃった、そんな一品。

「ゲームを原作とした映画作りは難しい」とはこういうコトかと知りたい、デッドラとの微妙なリンクを楽しめる、そんなアナタに。


(レビューおわり)


翌日。

昨晩の血の惨劇が嘘のように、何事もなく起床いたしました。

アレは泥酔状態からくる幻覚だったのかと思いましたが、洗濯機に入れたおぱんつが朱染めになっていました。どうやらケツからの出ケツ(寒)は確かにあったようです。

しかし、別に尻は痛くないし、その後のトイレタイムも問題ありませんでした。


…ああなるほど、そういうことか。

とうとうざわにも初潮g(自主規制)
スポンサーサイト
|06/26| ゾンビコメント(4)TB(0)
【斑鳩】
「どん判」発言で有名なプロデューサーさんですね(゚o゚;;
ゾンビ無双な感じが好きでよく遊んでいたゲームです。
国産ゾンビ映画と聞くと興味深いのですがヽ(´o`;

お尻から出血するのは痔が原因なのが殆どらしいのですが、検査された方がイイと思いますよΣ(゚д゚lll)
2014/06/27 11:58* URL* [ EDIT]
【シャロン】
映画の話が頭に入らないくらい、お尻の出血が気になって仕方なかったですがっ!
病院行ってください!

ブログ画面変えたんですね、読みやすくなりましたね。
拍手も元画面に戻れるのでやりやすいです。
2014/06/28 21:59* URL* [ EDIT]
【剣将】
 ゾンビ云々よりも、改造車椅子で悪いニイチャンと戦う!って感じの映画ですね。これはこれでアリ…ですか?

 俺も過去に似た経験がありました。それは痔の可能性が…俺のケースでは出血は少量で止まった後に気が付き、たまたまあった薬で事なきを得ましたが、病院に行ってみたほうがいいと思います。
2014/06/29 00:48* URL* [ EDIT]
【ざわぞん】
ハハハ…。ざわ、皆様に尻を心配して頂き、大変申し訳なく( ̄▽ ̄;)。

ホント、あの後一切何も起こらず、用を足してもトイレットペーパーに血も着かず、気持ち悪いぐらいに平穏無事な日々を送っております。

しかし、皆様おっしゃるように、病院いった方がいいんでしょうか…?でも、他人に尻を見られるだけでも恥ずかしいのに、お尻に注射とかになると勘弁ですねぇ…。

とりあえず薬局に行って、「中に注入、外にサッと」のアレを試してみたいと思います。
2014/06/29 02:52* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/237-aeeadc21
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。