上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
20140408221558b9f.jpg
学生だって、大変なのよ。(そういう問題じゃない)






欲しいんですよぅ( ̄д ̄#)。(主語が無い)


いやぁね、最近、またムラムラと銃欲が出てきちまいまして。

もういい加減、大抵の分類の銃がウチに散乱してるんですが…。45口径に9mmにマグナムにコンパクトオートにパーカッションにマシンピストルにデリンジャーに散弾n(自主規制)


なのにまだ欲しいんですよねぇ…。ホント、ざわったら欲しがりやさん♪(気色悪い)


で、今回欲しいのはというと。

リボルバーです。ちなみにリボルバーは10挺目です。(Σバカ野郎)


タナカワークス製、「S&W M327 R8」。

コイツはS&W M27のパフォーマンスセンターカスタムモデルで、.357マグナム弾を8発装填できるリボルバーです。

8連発のリボルバーって中々無いですからねぇ('~`〃)。あ、いや、エアガン化されているモノという意味であって実銃で中々無いという意味ではn(やかましいわオタク)


でね。

コレの、ヘヴィウエイト樹脂製の2インチモデルが欲しいんです。ABS樹脂製の5インチは持ってるんで。(Σ持っとんかい)

でも19000円ぐらいすんですよね(-_-;)。ざわも別に資金が潤沢なワケではないので、果たしてホントに買うべきか否か悩んでおります。



この場でこんなコト書くと、近日中に買うことになる気がします。(わかってて何故書く)



発売元-プライムウェーブ・ネクシード

監督-越坂 康史

製作総指揮-原 啓二郎

脚本・プロデューサー-宮島 幸雄

助監督-近藤 康太郎

監督補-高原 一

2010/日本映画

購入価格-480円(レンタル落ち)



《ストーリー》

女子高生のノゾミは、付き合っているアツシとの軽率な行為で妊娠してしまう。

しかし、高校生である2人には子供を育てる経済力も、責任能力も無かった。

ノゾミの兄トシヒロは無責任な2人の行いに激怒し、ノゾミは堕胎させ、アツシには「二度と近付くな」と言い放ち、2人を別れさせてしまった。


それからしばらく経ったある日。

ノゾミは、見覚えのない場所で目覚めた。

そこは人気のまるで無い山の奥深く、何も無い山小屋だった。

何故こんな所ににいるのか、まるでワケのわからないノゾミ。

すると、小屋に1人の男が-、いや、性別すらもわからないほどフードやマスクで姿を覆い隠した人物が入ってくる。

激しく憤り詰問するノゾミ。するとその人物は語り出す。

「5分やる。逃げろ。」

そして、彼女の頬をかすめるようにクロスボウを撃ち込んだ!



《登場人物紹介》

-ノゾミ-

主人公。女子高生。金子さとみ。


アツシと付き合っていたが、自らの不注意で孕んでしまい堕胎。

数日後、突如拉致され山奥に連れていかれ、ワケもわからないまま正体不明の異常者に追いかけ回され痛ぶられる羽目になる。

兄と二人暮らしで、両親は早くに亡くしている。



-ハンター-

異常者。


フード付レインコートを着込み顔にはフェイスガードを被っているため素顔は見えず、またボイスチェンジャーを使用しており声すらも不明。

ノゾミを拉致して山奥に連れこみ、わざと解放してはクロスボウ片手に追い回し痛めつけてゆく。

武器はジャガーリカーブクロスボウ、ハンティングナイフ。



-アツシ-

ノゾミの(元)彼氏。高校生。磯村智彦。


ノゾミを妊娠させてしまい、トシヒロに無理矢理別れさせられてしまう。

軽率だったとはいえノゾミとの交際は真剣であり、子供を堕胎することも真っ向から反対していた。



-トシヒロ-

ノゾミの兄。サラリーマン。雨宮徹。


両親に早くに先立たれて以来、親代わりとしてノゾミの面倒をみてきた。

妹を大切にしているがゆえに安易な妊娠に激怒し、ノゾミとアツシを無理矢理別れさせてしまう。

出勤途中、携帯にノゾミが拉致されている画像が届き、指定された場所へ急行するのだが…。



-ショウイチ&キョーコ-

カップル。中藪浩二&佐久間麻由。


ノゾミが連れて来られた山の近くの道を車で走行中、逃げてきたノゾミと鉢合わせて危うく轢いてしまいそうになる。

車はノゾミをかわした際にパンクしてしまい、タイヤの交換をしつつ傷だらけのノゾミを介抱していたが…。



《総評》





ジャケからわかる通り、和製『NAKED』といった内容です(゜ω゜)。

つっても本作は与太った邦画ですので、いつもの例にのっとり、60数分の短めの構成となっちょります。

で、その尺の内分けは、

1:主要キャラの説明。

2:主人公、いきなり山小屋で目覚める。

3:主人公、理由も解らぬままクロスボウ持ったハンターに追いかけ回される。

4:主人公、ハンターに捕まるが、何故か手当てを受けた上で解放される。

5:3~4を3回ほど繰り返す。

6:拉致された主人公を捜して、◯◯君が登場。

7:◯◯君と◯◯君が色々あって最終決戦。景品は木に磔られた半裸の主人公。ただしハンターは不参加


以上です。


ハイ。よーするに、ストーリーなんて存在しません。┐('~`;)┌


てなワケで、ネタバレします。中身無さすぎてネタバレしないと解説出来ないので( ̄▽ ̄;)。


まぁそもそも、本作品を棚から手に取るヒトは、恐らくはそんなマトモな要素なんぞ求めてないと思いますし。

うら若きおねーちゃんがハンターに追いかけ回されて、たまにクロスボウで撃たれたり、ナイフで斬りつけられたりして、徐々に満身創痍になってゆく。

身体中に怪我をしながら、泣きべそをかきながら、必死に逃げ回る。

そんな痛めつけられてる女の子を観たいという、ハッキリ言わせて貰えばドSなヒトのための作品となってます。


そりゃあ確かに、殺人鬼モノであれ、スリラーモノであれ、おねーちゃんがブッ殺されるってのはよくあるコトではあります。

しかし、本作品はそれらとは決定的に主旨が違うんですな。


まず、獲物である女子高生を「殺さない」。

クロスボウで狙うのも肩や脚で、ナイフも急所を外して斬りつけます。

そして女子高生が気絶したりすると山小屋へ連れ帰り、ワザワザ手当てして再度山へ放ち、また追いかけ回して痛めつけるのです。


この残忍なゲームは、◯◯君がとあるネット掲示板に主人公への歪んだ愛を書き込んだことが発端になっています。

掲示板には、「こんなに自分は愛しているのだから、彼女も愛しているはず」「彼女には罰を与えなければいけない」「痛みを体に刻み込む」「そして彼女に伝えるのだ、許す、と」「そうすれば、彼女は自分だけの物になるはずだ」だのなんだのと、まごうことなき変態の戯れ言が書き込まれています。


これが◯◯君自身の書いたモノなのか、それとも◯◯君に共感した閲覧者のコメなのかは知りませんが、この書き込みが今回のゲームの最終目的。

ようするに、◯◯君から離れてしまった主人公に罰として何度も何度も痛みを与え、極限状態まで追い詰め、最終的に◯◯君が主人公を「許してあげる」。

すると、主人公は◯◯君の元へ戻り、彼だけのものになる、と。


…変態の理論にもほどがあるだろ( ̄▽ ̄;)

ナニをどう考えればそんな結論に達するんでしょ?想いが通じ合うどころか、逆に全身全霊でドン引きされるだろ。

本当にアタマがオカシイのは、ハンターではなくこの◯◯君。ハンターは単に掲示板の書き込みに沿って主人公を襲撃したに過ぎないのです。


だからなのか、このハンターは最後まで正体が全くわからない仕様になっています。

冒頭から、「ハンターの正体はコイツか?」という捻りの浅い推理パートをちょくちょく差し込んだりしてますが、残念ながらこれが全くの無駄。

なんせホントに正体不明でしたからね。素顔も最後まで謎のまま。

あくまで◯◯君の「匿名の協力者」であり、言うなれば黒子の立ち位置なのでしょう。


さて、この変態プレイの結果、主人公は◯◯君のものになるのか、それとも…?


総括すると、変態が変態と共謀して変態行為にふける変態映画と、ソッチ方面がお好きなちょっと健全じゃない性癖をお持ちな皆様(Σコラ)に大変オススメ出来る作品

でもないです┐('~`)。

確かに痛いシーンがある映画には違いないです。

ただし、コッチが観て「痛ってェ!Σ(´д`;)」となるのは、主人公が逃げる最中に木の枝を裸足で踏み抜いて勝手に自爆するという一連のシーンぐらい。

ハンターがクロスボウで肩をブチ抜こうがナイフで軽く斬りつけようが、次の瞬間主人公が気絶するので、痛みに悶絶したりすることはあんまり無いです。

そういった痛いシーンより、主人公がおっかなびっくり逃げ回るシーンの方が多いので、単純に鬼ごっこホラーと言った方が正しいかと。決して「痛み」に突出した作品ではありませんね。

特殊メイクも今一つだし、なにより演技と演出がアレな出来で、総じてチープな感は否めません。

ラストも何一つ解決してないブツ切りっぷりです。…そういえば今気付きましたが、B級に限って言えば、日本映画ってロシア映画並にジャベリン率が高いですね(゜-゜)。


あとはまぁ…数少ないミドコロって言や、クライマックスになると主人公が意味無く半裸になるコトぐらいですかね。ハハ…すいませんね。こんなんばっかしで( ̄▽ ̄;)。

別に濡れ場ではないですし、まず大前提に主人公、血塗れのズタボロです。

なので大してエロくはないんですが、DVDの特典に主人公を演じた女優さんのインタビューが収録されていたりするんですね。

どうやらこの女優さん、コイツが初仕事の初主演だそうで。


Q:「映画初主演、どうでしたか?」

Q:「一番大変だった撮影シーンは?」

というフッツーの質問に始まり、


Q:「初主演で初ヌードでしたが?」

という少々デリカシーの無い質問をされたりしています。

しかし、それら全部に正直に答えてて、磔になるシーンで凄い雨が降って凍傷になって救急車で運ばれたとか、ヌードOKは母親譲りとか、磔、実は嫌いじゃないとか、かなり赤裸々に語ってくれてました。

愛想も大変よろしかったです。良いコですね。クライマックスのチャプターだけもう一回観たくなります。(下衆)



それと、後日GEOのレンタル棚を見て気付いたんですが、なんと本作品にはシリーズが(゜д゜;。『マン・ハンティング ◯◯』ってのが他に2本ほど陳列されてました。

シリーズ化されるほどの出来の作品とも思えんのですが…( ̄▽ ̄;)。血塗れになりながらヒィヒィ駆けずり回る女子高生フェチが世の中には沢山いらっしゃるというコトでしょうかね(遠回し過ぎてヤラシイわw)。


『NAKED』系ムービーがお好き、または凶暴すぎて変態な純愛に共感できる、愛溢るるアナタに(言い方悪)。


(レビューおわり)


もったいないから♪もったいないから♪(自覚あるならヤメとけやw)
スポンサーサイト
【剣将】
 肉体的よりも心理的に痛々しい映画ですね。マトモなヤツがほとんどいないとは… エアガンには詳しくありませんが、自分が撃つとしたらガトリングガンがいいです。
2014/04/09 21:54* URL* [ EDIT]
【ざわぞん】
あー…確かに。マトモなヤツはほとんどいませんでしたねぇ…この映画(-_-;)。

主人公と通りがかって助けてくれたカップルくらいですか。あぁ、演技自体はあんまりマトモじゃn(コラ)

ガトリングガンは流石にざわも持ってないです…1個小隊相当のユキチが必要ですからね…( ̄▽ ̄;)。
2014/04/10 07:50* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/225-5bcdf203
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。