上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
201403221708399b1.jpg
ゴポポポポポ…( ̄x ̄).。(Σセリフ思いつかなかったな)





朝。


目覚ましが鳴ります。

…ピピ♪ベシィィッ!!(Σ速)


……朝か…(_ _〃).。

とりあえず、コーヒー入れての寝起きの一服です。ハブアブレイク。

テレビをつけ、Zipでフトモモを鑑賞します(朝からケダモノ)。


…目、痒っ。

ん~何でかのぅ……ヘクチッ!Σ(>。<)


…(゜。゜;、

……(゜ロ゜;、


もしやこの症状…プラントパウダーによるノーズバーストからくるアレルギー反応か!?(゜Д゜;(普通に花粉症って言えよ)


そ…そんな…、

ばんなそかな!!(TRICKネタ出すなっつの)

去年の春は何事も無かったのに…!

もう、植物達がざわを目の敵にして、ワザワザ東北にまでピンポイントでパウダーをばら蒔きに来ているとしか考えられないですよ!(被害妄想)


こうなりゃ全面戦争です。ざわぞんvs日本植物です。かかってこいや!

言っときますが、ざわは一度始めると徹底的に闘るタチですからね?泣いても許してあげませんからね?


以下、ざわぞんの対植物用兵装。


まず、パウダー吸入を防ぐべく顔面にプロテクター(只のマスクだろ)。

次に、ポッケにポケットティッシュを最低でも4つ。

さらに、鼻のかみすぎで猛り狂って雄叫びを上げることが予想されるのでのど飴。


これで防御はバッチリです。あとは攻撃ですね。誰か火炎放射器を貸s




…なんだこのアタマの悪い前説は(゜ロ゜;。(いつもだろ)



発売元-アット・エンタテインメント

監督・脚本・製作-アレックス・インファセリ

脚本-ヴィンス・ヴィラーニ

2006年/イタリア映画

原題:『Hate 2 O』

購入価格-780円(中古)



《ストーリー》

自分自身を変える-。オリヴィアは決心した。

自らのもって生まれた罪…自分で自分に課した戒めと決別し、新たな人生を始めよう、と。


そのキッカケの為、オリヴィアは自身が昔住んでいた孤島の山荘へと、友人4人と共にやって来た。

何年も前から、電気も水道もガスも通っていない、外界から隔絶された場所だった。

勿論、オリヴィア達はこの島へ単に遊びに来たわけではない。


島では一切の食物を断ち、天然水だけで過ごす。

それにより自身の精神を高め、邪念を打ち払い、本来の自分を取り戻す。

すなわちダイエットを兼ねた、自己を高める為の1週間の「断食」ツアーだった。


当初は意気揚々と挑んでいたが、次第に増す空腹と何も無い島での暇な生活により、都会暮らしに慣れきった彼女達は徐々に追いつめられてゆく……唯一人、オリヴィアを除いては。

断食により衰弱した身体と、疲弊し、麻痺した心。

その果てにオリヴィアは、遂に「本来の自分」を目覚めさせたのだった。


「バニシング・ツイン」。

母親の胎内で双子の胎児の一方が死亡し、遺体が母体もしくはもう一方に吸収されてしまう現象。


オリヴィアは目覚めさせた。

自分が吸収した妹であり、もう1人の自分、ヘレンを。



《登場人物紹介》

-オリヴィア-

主人公。赤毛ねーちゃん。


双子としてこの世に生を受けたが、母体の中で妹ヘレンが発育不良で死亡、遺体を自分の養分として吸収してしまう。

生まれた後、妹のことは知らされていなかったオリヴィアだったが、幼少の頃から妹が自分の中に存在していることを自覚し、生活していた。

母親はオリヴィアの状態を目の当たりにし、悲観からか罪悪感からか自殺している。



-ニコール-

黒髪ショートねーちゃん。


気が強く、人の神経を逆撫でするような言動が多い。



-アナ-

ブロンドねーちゃん。


5人の中で一番今時のギャルっぽく、言動も子供っぽい。



-サマー-

黒髪ねーちゃん。


アーティスティックな女性で、島には絵の具や絵筆を持ち込んでいる。



-クリスティーナ-

茶髪ボブねーちゃん。


5人の中で最も大人びており、ヨガ的なものをたしなむ。



《総評》



双子の一方が妊娠の初期になんらかの要因によって死亡した際、母体かもう一方に養分として吸収され、あたかも消失してしまったかのように見える現象。

本作は、そんな「バニシング・ツイン」を核に据えた作品であります。


wikiでちょっと調べてみましたが、バニシング・ツインにより一方を吸収してしまった胎児は、まれに2人分の遺伝子情報を持っていたりすることもあるそうです。

人体の謎と言いますか、何が起こっても不思議ではない、というのを改めて思い知らされる記事でした。


さて、本作の主人公オリヴィアは、バニシング・ツインで死亡した妹ヘレンを吸収してしまった結果、自身の心とヘレンの心が混在した状態になってしまっています。

普段は表に出ることはないヘレン、しかし、その意識は確実にオリヴィアの体内に存在し、互いに意志疎通しているのです。


そんなオリヴィアは、友達を連れて自身がかつて生まれ育った孤島で1週間の断食を始めます。


ここで疑問なのが、この断食ツアーを計画した理由です。

友人達はダイエットだったり、精神的に己を高めようと考えていたり、単に友達付き合いだったりと、それぞれ参加した理由があります。

しかし、当の計画を立てたオリヴィアの動機が謎なんです。


自らの過去と向き合う為?人生を変えるキッカケにする為?

それとも、自分の中の妹を呼び覚ます為…?



この映画の問題は、ストーリーの中でのオリヴィアの心情が非常に掴みにくく、何を考えているのか、妹に対してどのような思いを抱いているのかが不明瞭なことです。

捕捉説明なども皆無で、キモであるバニシング・ツインが語られるのも後半に差し掛かってから。

前半はいかほど、「一体ナニを観てんだろ?(゜ロ゜;」と思うコトうけあいです。


そして後半。

断食の末、オリヴィアの意図通りなのか予想外なのかはともかく、ヘレンは目覚めます。

ただ、ヘレンはオリヴィア同様に物静かな佇まいですが、実はその本性は邪悪。

明確な理由も無く、オリヴィアの友人達を次々に殺害してゆくのです。


で、それは構わんのですが。

それすら説明不足著しいんですけど?(- -;)

ダラダラと余計なシーンを挟まず、淡々と進む分には全然よろしいと思いますよ?

でも、必要最低限の説明すら挟まず、淡々と進む分には全然よろしくないと思いますよ?(゜-゜)


本当に捕捉が一切成されません、この映画。

バニシング・ツインという重いテーマ、電気も水道も無い絶界の孤島というロケーション、これら素材はスリラーとしては申し分無いと思います。

撮影の手法も独特で、海に囲まれた何も無い島の美しくも不気味な静けさ、断食によって追い詰められる登場人物達の不穏な空気や閉塞感が見事に表現されています。音楽の使い方もまた上手い。

時折フラッシュバックするオリヴィア≒ヘレンの幻覚や記憶の断片の描写もイイ感じです。

心身が疲弊した友人達の変わりようもまたある意味見ものでしたしね( ̄▽ ̄;)。


なのに、説明は全ッ然してくれないのよね、この映画(。_。)。


鑑賞者が自分で話を読み解くしかなく、かなり難易度が高い作りです。

全てを理解して観るヒトには、雰囲気抜群の上質なスリラーかも知れません。しかしそうでなければマッハで置いていかれるかと思います。

管理人は後者( ̄▽ ̄;)。見直しましたがやっぱり置いていかれました。ちょっと待ってPlayback。(意味不明)


ラストの、オリヴィアにヘレンが言葉を送るシーンなど、非常に素晴らしい部分はあったんですが、もちっと万人に理解出来る作品にしてほしかったですね。


「元来、妊娠の1/8は双生児なのだ」

「あなたは双子の生き残り?」

これは終幕の際の文章です。

本当はあくまで仮説らしいのですが、作品を鑑賞した後のこの言葉はかなり重い。

そういった面でも、やはりこの作品はキッチリしたモノだったと思います。



ちなみに、本作の題名である『Hate 2 O』。

「Hate」とは憎しみ、憎悪。そして頭文字の「H」はヘレンであり、「O」はオリヴィア、「2」は双子。

勿論、「H」「2」「O」とは水。

「水」に囲まれた島。

天然「水」だけの生活。

母の胎内、羊「水」でヘレンを吸収したオリヴィア。

「水」の張られた浴槽で手首を切り自殺した母親。


題名のセンスもイイです。っつーかウマいコト言いやがってこんチクショウ!Σ\(≧ω≦)(誰だよ)


重いテーマながら、卓越した映像美と雰囲気で魅せる、それのみ!の、作品。

少々難解な作品に挑んでみよう、または断食ダイエットに挑戦しようとしている、長続きしないアナタに(Σ決め付けんな)。


(レビューおわり)


うおぉぉ…目と鼻がやべぇぇえ…!(´д`;)

毎朝モーニングアタックが…せっかくのざわの朝のフトモモニュース鑑賞タイムが台無しです…!

…誰か山にナパーム落t(危険思想)
スポンサーサイト
|03/22| スリラーコメント(2)TB(0)
【】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/03/22 20:28* * [ EDIT]
【ざわぞん】
ハハハ( ´∀`)。お気に召して頂けたようですねぇ?(鬼)

また何ぞあればいつでも。
2014/03/22 20:57* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/221-1fb65f29
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。