上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

今夜はスラッシャーな気分(@゚▽゚@)





昨日は、あー…( ̄▽ ̄)

決して、泥酔して爆睡してたワケぢゃないですよ?

昨日は仕事が残業でして、レビュー書く時間が無くなっちゃいまして。

ホントですヨ。
変人だって、たまには真っ当な理由でお休みすることもあるんですヨ。
(´∇`)



さてさて、レビューに移り…、

…移りたいんですが、今回の作品は内容がカラッポ。

スグ済んじゃうんデス。


なワケで、ちょいと無駄話を。
飛ばしてくれてカマイマセンヨ。(@゚▽゚@)



管理人の中には、一般の方で言う、「本能と理性」や「天使の声と悪魔の声」的な、2つのココロが存在しマス。

すなわち、

変人変態ガンマニア、B級映画好きの「サガ」と、

一般的、常識的な考えのA級映画好き、「タガ」であります。


サガとタガは管理人の頭の中で常時せめぎあっており、その勝敗により、管理人の行動が決まります。



たとえば…

どの映画DVDを買うか選んでいる時の頭の中。

1・《REC2》

2・《トランスポーター3 アンリミテッド》

3・《ブラッド・リッパー》



(サガ)「3を選ぶ!」

「変人よ(自分)!」

「地雷の爆発に備えるのだ!」


(タガ)「さ、3だと!? 正気なのか…!?」

「3には良いところなど無い!」
「1か、2か、死ぬだけだ!」


(サガ)「どれを選ぶかなど容易いコトだ!一般人よ!」

「変人は、けして逃げない!」

「変人はA級に、降伏はせん!」


(タガ)「A級は、もとの棚に連れていく…。」

「…神の加護を祈る。」



(《300》よりセリフ引用)




こんなカンジ(@゚▽゚@)(なんのこっちゃ)


とユーワケで、「サガ」がチョイスした『ブラッド・リッパー』のレビューでゴザイマス。



発売元―トランスワールドアソシエイツ

監督―ローリー・マイケル・リンゲット

脚本―ダグラス・ヘンズリー

製作―マイケル・J・スチュワート

2004年/アメリカ映画

管理人の購入価格―490円



今回は内容が無さすぎるので、あまり脚色されていません(できない)が、だからと言って鵜呑みにするのはヤメタほうがイイですヨ。



《(いっそのこと不要な)ストーリー》

死者・行方不明者が後を絶たない、呪われた森。

その森には、殺人鬼が潜んでいるという噂があり、「ジュベル」と呼ばれるその人物は、閏年の満月の夜のみ出没するといわれる。

そして、今年は閏年。

その日、数人の若者がその森のキャンプ場を訪れた…。



《(ぶっちゃけ不要な)キャラクター紹介》


―ジュベル・フィッシャー―

殺人鬼。無口。常にガスマスク。

コンバットナイフや斧を愛用している。

スラッシャー映画のお約束、「1人のところを狙う」を実践している正統派…かと思いきや、サシの勝負じゃないと勝てないくらい弱いからでした(TДT)

むしろサシでも負けそう(しかも女性)。


喧嘩は弱いが非常にタフ。不死身かと思うほど。


…ただしラストを除いて。(´□`)



―若者(キャンパー)グループ―

老けて見える若者達。バカ。

全部で6人くらい。
男3人、女3人。

1人1人書くほどたいしたヤツラじゃないんで割愛。

だって、いつの間にか死んでるヤツとかだし。
(管理人の見落としではなく、ホントにいつの間にか死んでる)



―森林警備官―

オッサン。怪しい。

いつの間にか死ぬ。



―おばちゃん―

もしくはおばあちゃん。本名忘れた。

まーいーや(@゚▽゚@)


赤ん坊の人形にご飯あげてる。

コエェΣ(゜ロ゜;


いつの間にか死ぬ。



《(評価すんのもめんどくさい)総評》





わー、つまんねー(´◇`;)



つまんない。

そう。つまらない。


ゲテモノのB級映画を、楽しんで鑑賞する変人管理人がつまんないんだから、

もうスんゴくつまんない作品デス。




具体的にナニがドウつまんないかって?





ナニがドウって……、





全て。(漠然的回答)





えーっと、とりあえず、

・グロ度低い。二時間テレビドラマ並み。


・俳優陣のルックス悪い。一般人より悪い。


・殺人鬼の戦闘力・インパクトの両方が弱い。
強そうな外見とのギャップで、なお弱い。


・ストーリーが適当。管理人が言ってンだから相当適当。
辻褄が合わないシーン多々。また、要所要所でシーンを飛ばす。さらに理解不能。
伏線を全て放置。
ラストは投げヤリすぎて予想外。
なんでそうなる(゜ロ゜;

絶対にラストシーン作ってからオープニングのシーン作ってるなコレ。


・2004年製作なのに、作りが古すぎる。間違いなく『13金』『ハロウィン』の時代の人々。
古臭すぎてリアルさ皆無。

特殊メイクもリアルさ皆無。


・見ドコロが全く無い。
グロシーンはおろか、
スリルは無し、
裸女も無し、
B級的な笑いドコロすら無し。

おかげで鑑賞しててもなんの思いもワカない。終始ずっと平常心。


以上デス。

つまんないヨ〜ン(*´△`*)


もっとゲテモノらしく、
「ヘボすぎて逆に見ドコロ満載」の作品を期待してたのに。


ツマンナイだけぢゃん(´ 3`)


次はもうちょい(B級的な)盛り上がりのある作品を見たいなー。

(レビューおわり)



「つまんない」言い過ぎだろ(゜ロ゜;

何回言ってんだ( ̄▽ ̄;)
スポンサーサイト












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/21-d61673bc
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。