上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

ガーゴイル第2弾!!
いっきマース(@゚▽゚@)





やっほー( ̄▽ ̄)

またもやガーゴイルネタでございますデスよ。

第1弾が予想外の良作っぷりだったんで、リベンジと気晴らしをかねてモット駄目そうなヤツをチョイス。

今度は期待できそうデス(@゚▽゚@)





……UNIVERSAL



ハァっ!?(゜Д゜;

なっ…ナ・ン・ダ・ト・ォ〜!!


ゆ、ゆにばーさるダト!?

ヤバイヨヤバイヨ(鉄板ネタ)



グぬッ………(-""-;)

致し方あるまい…!

ここまできたら…

観るしかねェ!(*`Д´)



発売・販売元―ネクシード

監督―アイトン・デイビス

製作―ジェフリー・ビーチ、フィリップ・ロス

脚本―チェイス・パーカー

編集―マット・ミッチェル

2007年/アメリカ映画

管理人の購入価格―390円(レンタル落ち)



今回の作品は銃がイッパイなんで、管理人はナニゲにテンション高めデス。

誇張がハンパない箇所がいくつかありますんで、鵜呑みは厳禁デスよ。



《(面白そうに書いた)ストーリー》

時は第二次世界大戦末期―。

ドイツ・ナチスの領土下にあるポーランドの古城で、謎の石像が無数に発見される。

その石像の真価を知るナチスの高級将官が現地を訪れ、ある儀式をおこなうと無数の石像は動き出し、瞬く間に飛び立って行った…。


アメリカ軍第316飛行隊〈グレイゴースト〉の指揮官ガス少佐とその部下たち爆撃機隊は、古城爆撃の任務を帯び現地を目指す道中、突如現れた怪物の軍勢に襲撃され、全機が撃墜されてしまう。

辛うじて落下傘で脱出に成功したガス少佐と数名は、現地に派兵されていたイギリス空挺部隊と、現地民に合流。
そこで怪物の正体は石の魔物ガーゴイルだと知らされ…。


無数のガーゴイルvsアメリカ空軍&イギリス空挺&民兵vsドイツ軍!!

スカイアクション×モンスターパニックのハイブリッド超大作!



《(多いので選抜した)キャラクター紹介》

―ウィル―

主人公。ガスの部下。若き二等軍曹。機銃手。

有能な機銃手だが、スタンドプレーをするためにガス少佐に地上勤務を命じられてしまう。

しかし、翌日の古城爆撃の任務の際にどうやってか後任のヴァン・ホーンの代わりに機銃手として潜り込んでいた。

その後も幾度となく少佐に叱咤されるも、自分は国のために戦いたいと懇願。
少佐にその思いが認められ、以降は徐々に少佐と打ち解けてゆく。
いつかは操縦士になりたいらしい。

現地民のソフィーとやんわりイイ感じ。

主人公らしくリーダーシップがハンパねぇ。

MP40サブマシンガン、ポンプアクションショットガンを使用。



―ガス(グスタフセン)少佐―

〈グレイゴースト〉指揮官。いぶし銀のオッチャン。

経験豊富で、幾多の空を飛んだ歴戦のパイロット。

部下には厳しい人物だが、内心ではちゃんと信頼している。

ウィルには特に厳しく当たるが、それは昔亡くした息子に重ねているため。

地上戦闘は埒外ながらも、地元民を守るため、部下と共に脱出するためにガーゴイル殲滅を決意する。

ポンプアクションショットガンを使用。



―ディーコン少佐―

イギリス空挺部隊隊長。地上戦闘のプロ。

4日間の間、地元民と協力してガーゴイルと戦っていた。

ガスと同格で、ベテランの風格漂う戦闘のエキスパートのハズなのだが、当時のアメリカ人はイギリス人と仲が良くなかったのか、ウィルらに軽視され、結構タメ口をきかれてる。

でも本人は気にしてない。

終盤はウィルに指揮を任せ、サポートに回る。
その際も、ウィルは「お前は残ってここ守れ」みたいな命令口調。

でも本人は気にしてない。

なんだろうこの違和感。

使用するのはステンMk-2サブマシンガン、MG42軽機関銃。



―ソフィー―

地元民。美人。バンダナ。外すとブロンド。

ガーゴイルの伝説をよく知る人物で、ガスらに話を聞かせる。

かつてガーゴイルの親玉を封印した槍の場所まで皆を案内をする。

ウィルとやんわりイイ感じ。

どこで手にいれたのか、ソ連製ボルトアクションライフル、モシン・ナガンを使用。(バリエーションが複数あり、正確には不明)



―ナチス高級将官―

名前ワカラン。見逃したかも。

スキンヘッド。まさにナチス。

空のアメリカ兵を一掃するためにガーゴイルの封印を解いた張本人。

ガーゴイルを封印しようと行動するガス達を阻止しようとする。

無抵抗な地元民を虐殺したりするヒドイ人。

ドイツ高官らしくルガーP08を使用。



―ワイツ―

ガスの部下。ウィルと仲良し。

MP40サブマシンガン二挺持ちを披露。
ただし役には立たなかった。



―ポーター大尉―

ガスの副官。副操縦士。

優秀な軍人だが、ウィルとはウマが合わずよく言い争う。

重傷のナッシュと共に軍用トラックに残る。

そこをドイツ軍が襲撃。1人奮闘するが…。

彼の最期はカメラに映らない。

扱いひどくね?(´д`;)



―ナッシュ―

ガスの部下。ガーゴイルに襲われ重傷を負う。

以上。



―イギリス空挺部隊の皆さん―

戦闘のプロ。

ステンMk-2やMP40や手榴弾や迫撃砲を使う。

ザ・キルカウント会員。



《(銃器マニア一色の)総評》




ガーゴイルが戦場に………、









キタァーーー!(´Д`)ノ
(これがやりたかった―…。)



はい!(@゚▽゚@)


これは駄目!

間違いなく一般ウケ致しません!

CGちゃっち!(゜ロ゜;


ストーリーざっつ!(゜ロ゜;


発砲シーンへっぼ!(゜ロ゜;


銃器イッパイ!(@`▽´@)


イェア!(≧∇≦)

イェア!(≧∇≦)

YEAAAAAAAAAAAAAAッ!!(≧Д≦)





ア、ごめんチャイ(@゚▽゚@)

脱線しましたネ。



特筆すべきオカシなトコは、ガーゴイルと爆撃機のチープこのうえないCG、
そして、主要人物の異常な戦闘能力の高さが挙げられます。


皆サン強すぎ(゜ロ゜;

地上戦闘は経験無いって言ってなかったかい?

1人当たり何人のドイツ兵ぶっ殺してんでスカ?


十分勲章モンじゃね?(゜ロ゜;


挙げ句に、迫撃砲でメッサーシュミット戦闘機を、一発で打ち落としてましたネ。


神ワザΣ(゜ロ゜;
(まぁやったのはイギリス空挺のヒトデスが。)


そんな超神兵、補正MAXの皆サンですから、ガーゴイルの30匹や40匹、ワケ無いぢゃないですか
(@゚▽゚@)



ラストもあり得なさスギ。

高高度・高速度で巨大ガーゴイル相手に爆撃機で正面からぶち当たるんですヨ…。



普通死ぬだろオイ!Σ(´Д`;)

フロントボロッボロなのに、着陸成功するし…。


何より…、



オマエ、操縦初めてダロ!(゜д゜;


あり得ねぇだろ!!(´□`;)




デーモっ(@゚▽゚@)

この非常識っぷりがB級の醍醐味(@゚ω゚@)


これぞB級!

そして…忘れちゃイケナイ銃器の数々!

しかも時代、各々の所属にちゃんとマッチした装備デス。

ここはスバラシイ!




イイトコそれだけ!!(@゚▽゚@)


マジで!(@゚▽゚@)


(レビューおわり)




今日は夜に予定があるんで早めに作成。

休みだからできるコトですケド。
スポンサーサイト
|10/02| 架空生物コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/19-58f9a30a
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。