上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

語り文句が一切無いジャケってのも最近じゃ珍しいです。





更新がだいぶ遅れておりますね( ̄▽ ̄;)。

いやはや、多少なりとも楽しみにしておられる皆様、すいませんねm(__)m。


今回は決して、怠けているワケでも、酒を呑んだくれてるワケでも、レビュー意欲の掻き立てられる素晴らしい作品が見付かっていないワケでもないのです。


実は、盆明けから仕事が急激に忙しくなりおったんですワイ(ーー;)。


この野郎(゜д゜)。給料は減らしやがったクセに仕事は増やしやがってこの野郎。

そりゃまぁ、ざわぞんはヨソの会社に出稼ぎ(?)に出ている身であって、コチラの会社がいくら忙しかろうが、本社の景気は良くはなりませんからね。

ンでもね。

コッチでいくら汗水鼻水を垂れ流そうが、自身には一切還元されない現実を目の当たりにしたワケですよ。

空しいったらありゃしませんぜダンナ┐(´д`)┌。


で、そんな感じで悶々としていたある日。

「ざわぞんチャン、キミの会社からなんか封筒来てたヨ」(←ホントにこんな感じ)

それは、「職業性ストレス診断アンケート」。

一問一答形式の問診表であります。


Q.あなたは、現在の仕事に熱意・やる気を感じていますか?

Q.仕事に集中できていますか?



…タイムリーなモン送ってきやがって(ーー;)。



発売元―JVD (DEEP RED)

監督―ショーン・テレタ

脚本―ショーン・テレタ、マイク・マッシュ

製作―ダスティン・ローウェイ

2008年/アメリカ映画

原題:『THE DEATH FACTORY BLOODLETTING』

購入価格―650円(中古)



《ストーリー》

ありとあらゆる違法な商品の売買が行われている究極の闇サイト「ゴアハウス」。

ゴアハウスでは、サイトの参加者の中でも選りすぐった者だけを集めて執り行う秘密のイベント「流血」があった。

それは、とある廃工場に招き、実際に目の前で人間が惨殺されるのを鑑賞できる歪んだ殺人ゲーム。


だが「流血」とは、実は主催者が選りすぐりの極悪人を殺害するために催したものであり、真の目的は参加者自身を生け贄とすることにあった。


廃工場は電流フェンスによって完全に隔絶され、そして、主催者の妹であり不死身の殺人マシーン、「アレクサ」が解き放たれる…。



《登場人物紹介》

―アナ・ロメロ―

主人公。黒髪ねーちゃん。アゴ割。


幼い娘を誘拐された挙げ句になぶり殺しにされ、その一部始終の動画がゴアハウスにアップされたことから、犯人はサイトの動画収集家の1人と確信。

自身の正体を隠してゴアハウスに潜入し、犯人を突き止めるべく「流血」に参加する。

ゴアハウスでのハンドルネームは「デカブツ」。

その「商品」の収集力からかなり名が知れわたっており、他の参加者達は彼女のことを男だと思っていた。



―ジェローム・ラーソン―

参加者。黒人にーちゃん。


ハンドルネームは「ブラック・ジョンソン」。

金儲けが好きな人身売買業者。

喧嘩っ早いが、参加者の中では幾分か物分かりのいい部類。



―ヘンリー・ベッカー―

参加者。白人スキンヘッドにーちゃん。


ハンドルネームは「ホワイト・マンソン」。

ナチの画像やレイプ動画、スナッフフィルムなどを出品している白人主義者。

自身も元ネオナチであり凶暴な性格だが、頭も回る。



―ロビー・シュウプ―

参加者。のび太。


ハンドルネームは「女たらし」。

爆弾を作っているアナーキストで、大量殺人で世界に名を博すのが夢というイカれた青年。

しかし、いわゆるオタクの重症化した部類に過ぎず、実際には殺人どころかマトモにケンカしたこともなさげなナヨ男である。



―パトリシア・スナイダー―

参加者。パツキンのチャンネー。


ハンドルネームは「ふしだら娘」。

高級娼婦で、ゴアハウス内の売春オークションに出ている。

年に一度は視聴者側にまわって憂さ晴らしをするという理由で「流血」に参加した。



―チャールズ・ドネリー―

参加者。でぶ。ヒゲメガネ。


ハンドルネームは「ラバー・ラブ」。

小児性愛者であり、児童ポルノ、殺人動画の収集家兼作成者。

異常者揃いの参加者でも屈指の狂人で、アナはこの男が仇だと考えている。



―ウェンディ・ジャクソン&奴隷男―

参加者。SMルックの女王様と奴隷コンビ。


ハンドルネームは「ヘンゼル」と「グレーテル」。

血や死体を見ると興奮する異常性愛者。

奴隷の吹替えがふざけてます。



―デニー―

主催者。ロン毛ヒゲモジャにーちゃん。


「流血」によりゴアハウスで名の知れた面々を集め、妹のアレクサに殺害させ、その一部始終を動画に収めて新たな商品にしている。

粗暴で口汚い。



―シド―

デニーの助手でアレクサの世話係。ぽっちゃりメガネ。


うだつの上がらない性格で、デニーにコキ使われ罵声を浴びせられてる可哀想なヒト。

「流血」に加担してはいるが性格は純粋であり、単純にアレクサの為を思って薬を与えている。



―アレクサ―

デニーの妹にして「流血」の処刑人。黒髪ねーちゃん。黒目小さい。


とある製薬会社の新薬の実験台になり、副作用で怪物と化した女性。

身体能力は常人の範疇だが、驚異的な細胞回復力によってほぼ不死身の肉体を持つ。

一切の理性が失われており、誰彼見境なく襲い掛かり捕食するほど凶暴。

ただしバカ。



《総評》





DEEP REDなんですよねぇ(゜_゜)。

やっぱDEEP REDとくりゃあ、

流血。

臓物出し。

四肢もぎ。

乳。


そして乳。(Σなんで2回言った)

要は、グロく、エロく、管理人のような低俗な人間が好む、下世話な作風が特徴です(@゜▽゜@)。


しかし、今回のこの作品、残念なコトにDEEP REDでありながらグロ度が低いのです。

無いワケではないです。流血はかなり多いし、乳児が犠牲になるようなショッキングなシーンもあったりします。

しかし、四肢が千切れたり首がすっ飛んだりはしません。

内臓も無いぞう(…アホ)。


これまでのDEEP REDスタイルから言えば、若干パワー不足な感じが否めません。

DEEP REDの作品を手に取る人間が期待するのは、やはりドン引きするほどのグロさでしょう。

そういう意味では、本作は残念ながらかなり期待外れと言えます。


まぁ、乳はいっぱいでしたが。その辺は良かったですヨ。ムフ。ムフ(〃ω〃)。(コラ)


ストーリーは、人々が集まる→どんどん死ぬ→反撃という、ありきたりな流れ。

しかし、集められた人々は皆が皆闇サイトで幅をきかせる犯罪者、異常者であり、ココは普段の作品とは少々違うトコロ。

主人公であるアナが闇サイトの住人になりすまし、殺された娘の復讐を企てているのも、一風変わったアクセントになってて良かったと思います。


劇中の演出も凝っていて、やたらとBGMがロック調になったり、映像がガシャガシャなったりする妙な作り。

悪人揃いの面子、犯罪、復讐と、実際にはかなり重い内容なんですが、そのキテレツな演出のおかげで暗さがある程度軽減されておりました。


そして後半に差し掛かると、アナもアレクサ同様に超人化し、ガチンコバトルを繰り広げる展開に。

この辺は御約束っちゃ御約束ですが、コレはコレで良かったんではないかと思います。


が(゜д゜)。

見事にやってしまってるんですねぇ。コイツも(´ー`)┌。

そうです。

ジャケ裏ですよ。


前回のアレほどではないですが、上記の展開は全て網羅されております。

まさか2連発でネタバレを喰らうコトになろうとは思いませんでしたワ( ̄▽ ̄;)。


作品自体も、多少捻った設定ではあるもののそれが面白さに直結しているとは言い難く、前述の通りグロも控え目なため、ゲテモノとしてもガチとしても半端な出来。

可哀想ではありますが、コレこそジャケだけ見りゃ十分、中身を鑑賞する必要があまり無い作品ですかね。中身よりジャケの方が恐いしネ(オイ)。


あ(゜д゜)、そうそう。それとですね、


どの辺がデモンズですか?(今更)


(レビューおわり)


仕事に熱意?やる気?


んなモン出るワケあるかァボケェェエエエ!!(ノ`Д´)ノ~┻━┻

…と、会社の中心で不満を叫ぼうかとも思いましたが。

一応、管理人にも羞恥心というモノが…ネ。
スポンサーサイト
【斑鳩】
このタイトル、DEEP REDなんですね(゚o゚;;
〈ゾンビ・オブ・ザ・デッド〉は見たことありますが、この作品も惹かれる内容です( ´ ▽ ` )ノ
Blu-rayが主流となりつつありますが、B級作品はDVDでしかリリースされない作品が多いので頑張って欲しい、欲しいぞ(=゚ω゚)ノ

斑鳩も盆明けから仕事が忙しくなり、更に新しい仕事まで増える始末(つД`)ノ
ざわぞんさんと同じく、自分の会社とは違う会社へ配属されているので、どれだけ頑張っても給料は上がらず。
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
2013/08/23 16:34* URL* [ EDIT]
【ざわぞん】
あれまァ、そりゃまた似たような境遇ですな( ̄▽ ̄;)。

お互い、鬱にならないように頑張りましょうネ。


DEEP REDの代表ですね。『死のゾンビ』シリーズ。

吹替エンディングが大好きです(´ψψ`)。
2013/08/25 07:42* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/183-aff386f8
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。