上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

シチュエーションスリラーと見せかけて…。



あ〜…とうとうヤッチッタΣ(ノд<)


はい。

昨日は飯食って酒飲んで、そのまま眠りこけてしまいました。

起きたら夜中の3時半(゜ロ゜;

しかも座椅子に座ったマンマ。

しかたないのでまた寝ました(オイ)

管理人は、仕事から帰宅→晩めし製作→最中に飲む→映画観てレビュー書く
というのが日課でして、

タマタマ泥酔が酷かっただけナンですヨ。

だから、


よくあるコト(*´▽`*)。

本日は、当然飲んでます。

日課ですから。日課。(無理矢理正当化)

ふらついてますが、昨日やろうとしてたレビューをやりたいと思いマス。

ガンバリマス。ゲフッ(* ̄◇)=3


本日は一作目をガン無視して購入した『パズラー2 リターン・オブ・マッドネス』です。

邦題が『2』なだけなんで、話は別物ですんでダイジョブです。

管理人のほうがダイジョブじゃないデス。


まぁガンバリマス(二回目)。



販売元―ニューセレクト

監督・脚本―デビッド・カレラス

製作総指揮―ポウ・カルペ、エネコ・リザラガ

原作―ジャヴィエ・アズペイティア

脚本―ルイス・コルドバ

2004年/スペイン映画

管理人の購入価格―250円(レンタル落ち)



《(つまみ食った)ストーリー》

ある雨の夜。
とあるマンションから異臭がするとの通報があり、警察が2回のその部屋に踏み込む。
そこには顔が潰された女性の死体と、傍らに立ち尽くす少女がいた…。


―とある海沿いの精神病棟。そこに新たに、神経科医のベアトリスが赴任してくる。
看護師長のエレナに施設を案内される道中、ベアトリスは1人の少女と交流を持つ。

その少女は母親を目の前で殺され、ショックで心を閉ざしてしまっていた。

その夜、ベアトリスは、その少女が治療のためのセラピーを受けているのを目撃する。
しかし、担当医のサンチェズが彼女に囁いていたのは、自殺をするイメージであった…。


翌日、ベアトリスはサンチェズに少女の担当をさせてほしいと申し出たが、その2日後少女は自殺してしまう。

実は彼女以外にも、この施設では自殺者が頻発しており、サンチェズのセラピーのやり方に疑問を持つベアトリスだったが…。



《(モラル無視の)キャラクター紹介》

―ベアトリス―

主人公。神経科医。黒髪ロング。巨乳。

精神科医としての実力を買われて、サンチェズ医師に施設に招かれた。

少女の自殺について不審に感じ、独力で調査をするが…。

もう、ホント超可愛い(管理人目線)。


しかも入浴シーンが多い(*/ω\*)


イェア!!(出た)



時折起こる幻覚や妄想に悩まされており、錠剤を服用している。

中盤になぜか突如髪型が変わり、サラサラヘアーのおかっぱに。

ストーリーと一切関係がないし、説明もないので、おそらく映画の撮影中に女優サンが髪型を変えただけだと思われる。


仕事やる気あんのか?(゜ロ゜

でもカワイイから許す(おい)。



―サンチェズ―

精神科医。ハゲ。ヒゲ。オジサマ。

彼の患者に対するセラピーは、自殺のイメージを患者に刷り込むという一風変わったモノ。

施設の自殺者の多さとは関係はあるのか…?



―M―

精神病患者。くちヒゲ、パーマ。

普段はおとなしいが、突如感情が爆発する危険人物。

その所為で、過去に付き合っていた女性をドライバー(工具)で刺し殺した。

ベアトリスのセラピーを受けていたが、突然、ベアトリスに自分は警官だと話始め…。


ナニゲにエレナと浜辺で〈ブローバック〉してたりする。
実は只のお色気シーンではなく、オチへの伏線のひとつである。

その正体とは…。



―エレナ―

看護師長。金髪熟女。

当初はベアトリスに親切だが、日毎に態度や行動が変わるおかしな人。

時にMと〈ブローバック〉。

時に病棟の廊下で笑顔で泥酔。

時にベアトリスにMとのことで侮蔑的発言。

行動に一貫性が無い。

彼女の意外な正体とは…。

ベアトリスに次いで、裸・半裸シーンがあるが、管理人はこういう熟女に興味は無い。

え?管理人の趣味なんて聞いてない?


そりゃそうデスね。
ゴメンねゴメンね〜(古っ)



―ウロア―

精神病患者。青年。

なんか、色んなシーンでチラホラでてくる人。

マッパで夜の海に飛び込んだり、ベアトリスにMとエレナの〈ブローバック〉の現場を見せたり、首吊ったり、顔からウジわかせたりする人。

自殺した少女と、なんらかの関係があるようだが…。



―少女(名前無し)―

施設にいる12〜13歳くらいの少女。

無口。ずっと絵を描いてる。

夜は担当医のサンチェズのセラピーを受けていたが、後に自殺してしまう…。



《(変人ばわー+酒ぱわーの)総評》

これより下はネタバレレビューです。
普段のストーリーなんてどうでもいい映画ならいいんですが、今作品はオチがすべてなんで、いないと思うケド見ようと思っているヒトは、読むのをやめまショウ。






コレは良く作り込んでますネ。


最後のオチは、ストーリー上の謎はすべて解決してくれますヨ。




なんたって、「主人公が精神病だった」っていう使い古しのオチですから。

どんなに辻褄が合わなくても、「主人公の幻想」で全て解決デス。



…というのは他の映画の話。

この映画は少々違います。


他の映画(主にB級)での「主人公イカレポンチ」のオチは、いわば「ストーリーの収拾がつかなくなった時の最後の手段」であり、辻褄が合わなくなったストーリーを無理矢理終わらせる荒業であります。


しかしこの作品では、ちゃんとオチへの伏線がイッパイ存在します。
つまり、この作品は、「収拾がつかなくなったから」ではなく、ハナっからそのオチで終わらせるべく、最初から最後まで綿密に考えられたストーリーの作品だったのです。

そのため、他の作品のような無理矢理こじつけたような感じが一切しません。
伏線の張り方も中々。

「主人公キチガイ」オチでありながら、終始まとまっている感じがします。

惜しくらむは、そのテのオチが既に世間に広まりきってしまっていること。
そして今となっては 、映画を無理矢理終わらせるための陳腐な手法として認識されていることです。

もっと早くに作られていれば、もっと違った評価を得られたかも知れません。




…えらいこの作品のこと弁護してるな…。

まぁ、ベアトリスが可愛いからな…。
多少ヒイキもするわな…。





と、思ったアナタ(*・・)σ





半分正しい。

管理人が可愛いと思ってんのはホントですが、管理人はキャラが好みだからって、作品の評価を変えたりしません!!

潔白です!潔白!(`Δ´)


『ギガンテス』のレビューを見てくだサイ!

「ドキッチ可愛い」とは書いても、「この作品は良くできてる」とは書いてませんヨ!


「腐ってて面白い」とは書きましたが。
(@゚▽゚@)


とまぁ、管理人はストーリーの評価はちゃんとしてるつもりですヨ。

あ、でも、管理人は普通のヒト達とは感性が違うんで、管理人がレビューで面白そうに書いてるヤツが一般の皆様の視聴に耐えられるワケではないですから。



アクマでB級ですから(@゚▽゚@)

参考にして後悔しても知りませんヨ。

(レビューおわり)


ゲフぁ。(* ̄◇)=3


もういい加減、管理人の「マトモな人の皮をかぶる脳ミソ」が限界デス。

次にレビューが更新されなかったら、その日は管理人は爆睡してマス。
管理人がマトモ皮をかぶるまでお待ち頂くことになりマス。
ご了承クダサイませ。m(__)m

え?酒はやめませんが、何か?(@゚▽゚@)
スポンサーサイト
|09/29| スリラーコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://4774100.blog.fc2.com/tb.php/16-72f60f65
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。