上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
2016032722414606c.jpg
遊◯王カードとかにありそう。普通にありそう。(Σわかるけどやめろ)







とりあえず、ぶれいざは京都へ帰りました。現在はLINEでやりとりの毎日。

今しばらくは岡山⇔京都を往き来するようになります。車で。体力的にはキツイですねぇ。

彼女にも京都で仕事(つっても家の手伝いとかだけど)がありますし、ざわにも当然岡山に仕事があるワケで、お互いのスケジュールを話し合ってざわが車で会いに行ったりするようです。仕方ないですね。今はね。(意味深)



さて、ようやく映画の記事ですよ。やっとです。大変お待たせ致しました。


正直、ざわが好んで観てるこれらのような映画は、家族や彼氏彼女と一緒に観ると感性を疑われるのでね。ぶれいざがいない間に鑑賞→レビューですね。

鬼の居ぬ間の洗濯ならぬ、ぶれの居ぬ間の選択、ですね。上手くも何とも無いですね。すいません。





発売元-アルバトロス

監督-ニール・キンセラ

脚本-ニール・キンセラ、ピーター・ベックウィズ、デヴィッド・ウィリアムス

製作-デヴィッド・ジャンコラ、ピーター・ベックウィズ

製作総指揮-スコット・J・ジョーンズ

2005年/アメリカ映画

原題:『ICE QUEEN』

購入価格-500円(新品)




《ストーリー》


シーズンももう終わりに近付いた、とあるゲレンデ。

全くといってよいほど客はおらず、閑散としたそのゲレンデにあるロッジでは、何人かの従業員とゲレンデの監視員が仕事をしているのみであった。


そんなある日の朝、一機のセスナがゲレンデの山頂に墜落。

その墜落の衝撃と轟音により、ゲレンデにはかつてないほどの凄まじい雪崩が発生。リフト、設備、そしてロッジに至るまで、何もかもが雪崩に埋もれてしまう。


完全に外界と隔絶されてしまったロッジ。

電力供給も途絶え、屋内は極寒の世界へと変貌した。

ロッジに取り残されたゲレンデの従業員達は、とりあえず救助を待つため、暖をとり、極寒の夜に備える。


が、彼らが備えるべきなのは、寒さだけではなかった。


いや、「寒さに備えるべき」というのは、あながち間違いではない。

彼らは備えなければならない。墜落したセスナに積まれていた、極上の冷気に。

閉ざされた密閉空間での、雪山の凍てつく冷気……それを上回るほどの冷気を帯びた、氷河期からやって来た超生命体に…。




《登場人物紹介》


-ジョニー-

ゲレンデの監視員見習い。イケメンマッチョにーちゃん。


万年金欠で生活は苦しいが、同棲中の恋人トリーと共にゲレンデで働き、いつかはプロポーズするつもり。

だがある日、バーで知り合った女性エレインと酒に酔った勢いで一夜を共にしてしまい、さらにこれまた酔った勢いで、学費に困っていた彼女にトリーと住んでいる借家の今月分の家賃を貸し出してしまう(ジョニーは記憶が飛んでしまっていた)。

とはいえ普段はとても真面目な青年であり、劇中では終始エレインとの過ちを悔いている。酒を飲んじゃいけないタイプの子。



-トリー-

ヒロイン。ブロンドねーちゃん。


ゲレンデのロッジで接客業をしている。

ジョニーとの交際は真剣そのもので、彼のプロポーズを心待ちにしている。

仕事にもプライベートにも真面目な子。ゆえに彼とエレインの関係と家賃の使い込みが発覚した際には烈火の如く怒り、暴走する。

ヒロインポジションなのに微妙に影が薄い。



-エレイン-

ロースクールの学生。巨乳金髪ねーちゃん。


バーで知り合ったジョニーと酒の勢いで一夜を共にする。実はジョニーの友人から誘惑するように依頼されていたらしいが、一目見て本気で気に入ってしまったらしい。

次の日バイトの面接に行った先が、何の偶然かジョニーやトリーの勤めるゲレンデのロッジだったため、騒動(+修羅場)に巻き込まれることになる。

基本的にノーブラ。お色気要員。



-ジェシー&デブリン-

ジョニーの友人で同僚。


ジェシーは黒人にーちゃん、デブリンはロン毛にーちゃん。

二人ともノリは軽いが気のいい性格。ただしデブリンは、冗談のつもりとはいえジョニーにエレインをけしかけた張本人でもある。



-オードリー-

ゲレンデの監視員。ブロンドおねーさん。


職務に真面目過ぎてお堅い女性。見習いのジョニー達にも厳しく接する為に恐れられている。

「ダサい女(アイスクイーン)なんて私の敵じゃない」と豪語し、タイマンを張るほどの女傑。



-エド-

ゲレンデのロッジのオーナー。ハゲおじさん。


ジョニーやトリーの理解者である優しいおじさん。

雪崩でロッジが完全に埋もれてしまい、皆が雪の下に閉じ込められてしまった中、愛犬のアパッチと共に唯一雪崩を回避。

雪に閉じ込められた皆を救うべく、地上でアパッチと共にあの手この手で奮闘する。



-アパッチ-

エドの愛犬。


ゴールデンレトリバー。癒される。



-ゴダード-

研究者であり医者。ガリヒゲおやじ。


アイスクイーンを発見し、研究している男。

本来、国家レベルの研究機関が研究すべき筈の太古の超生命体であるアイスクイーンを、発見者ゆえのエゴか我が儘か、完全に己の独断で秘匿・研究している。

発見間もない中でどうやって知り得たのか、アイスクイーンの体内構造・習性・生態を詳細に熟知している。

怪我人を治療したりゲレンデの皆と脱出のため協力したりと決して悪人ではないのだが、アイスクイーンに対する執着心があまりに強いため、見境なく人を襲い殺す彼女を擁護し、殺すのを止めようとするなど、やはりマッドサイエンティストはマッドサイエンティストである。



-アイスクイーン-

主人公。


氷河期の地層から発見された、未知の生命体。

外見こそ人間の女性に見えるが体内構造は全く異なり、その性質は昆虫に近い(一応性別は女ではある)。

氷河期に生息していた為にその肉体は超低温であり、極限状態では-60℃にまで達する。当然触れた物は凍てつき、人間ならば瞬時に氷付けになってしまう。また、素手で人間を引き裂くなど膂力も凄まじい。

殺傷本能の塊と呼べるほど凶暴。また休眠状態では金髪女性の姿だが、覚醒時には本来の姿を現す。その肌は青みがかり、顔面も醜悪である。

高温に非常に弱く、暖房やドライヤーの温風すら嫌がり、受け付けようとしない。

視覚が赤外線であるために表面体温の低い人間は判別がつかず、同族と見なす傾向がある。意外と面食い。




《総評》
スポンサーサイト
|03/30| 架空生物コメント(4)TB(0)









と、いうワケで。


事後報告、かつ現在進行形ではありますが、少しずつ現在の状況を書いていきたいと思います。


無論、映画とは一切合切無関係の話です。(なにが無論だ)


それと、少々現実味に欠けた話でもあります。ハッキリ言って、第三者がこの記事を読んでも嘘臭く感じると思います。コレ書く本人が一番感じております。


でも、事実です。ノンフィクションの話です。



前述の通り、映画の記事じゃないし、管理人ざわぞんのリアル私生活の状況の話なので、「お前のハナシなんぞどうでもエエわい!映画を語れ!」という方は読む必要は全ッ然ありません。

っていうか個人的には恥ずかしいのであまり読んで欲しくもないです。(じゃあ書くなよ)あくまでも、ブログ更新遅延の理由を述べる必要があるな、と思ったので書くまでですからね。


では。
|03/23| 雑記コメント(6)TB(0)







え~。

ここしばらくの度重なる更新の遅延、本当に申し訳ございません。


正直今なんですが、くだらない映画とか観てヘラヘラしてる場合じゃない状況におります。FC2にアクセスしたのも久しぶり。



……仕事で何かあった。


No.。仕事は忙しいけど、それはさしたる障害ではありません。



……飲み歩きし過ぎ。


それはまぁ…ありますね(オイ)。そして、今回の事象の原因でもありますね。


ちょっとまぁ……まだ先行き不透明なので、報告がまだ出来ません。

一体何が、どういう状況なのか。それは前回の記事、そして今回のこの記事のタイトルで推し測って頂きたいと思います。あ、容易に想像つきそうだなコレ。


ある程度落ち着いたら、必ず報告いたします。


ん?…映画のレビュー……?

いや、マジでそれどころじゃないんで。本当にごめんなさい。待ってて下さい。
|03/19| 雑記コメント(2)TB(0)
20160302222335f97.jpg
いやぁ~ださい。(直球)










「レビューもう少し待って」ってほざいといてコレですよ。すいません(泣)。


ここしばらく、全然映画が観れてないです。

出張中は休み無しの仕事仕事で疲労が溜まってたり、あと出張先で見つけたフィリピンスナックが面白くてしょうがなかったり、まあ鑑賞意欲が湧かなくて。(遊んどるやないか)


あと、LINE始めまして。(Σおっそいな)


いやね、フィリピンのおねーちゃんに「LINEヤッテナイノー?ヤローヨー、サワコー♪」とせがまれたので、「HAHA…ほなやってみまっか…?っていうかラインってどうやってやりゃええのん…?」「カシテーヤッタゲルー」と、完全に酒の勢いで始まりまして。

それにしても驚きました。起動して数分で、親はもとより地元の友人やおっちゃん、それに東北の飲み屋のママからまでメッセージ来ましたからね。コレがラインかぁスゴいなぁ…と。



つまりは、仕事とフィリピンにかまけてたんですよね。(正直)


フィリピンスナックは、行き出してまだ5回くらいなんですが(速ェ)、すでに扱いが常連、基本的に「オトウト」と呼ばれてます。年齢差がそのぐらいなんですね。


そんで、1人、ざわが来るといっつも横に付いてくれる女の子がいるんですが。

彼女の事を、仮に「姉上」とします。ざわの実姉に顔立ち似てるんで。歳もそんぐらいですし。

姉上、基本ざわが帰るまでずっと横に付いてくれてます。

不自然に気を遣ったりおだてるようなこともせず自然体(だと思う)で話してくれるし、フィリピンの事とかも教えてくれたり。異国の文化をよく知らないざわは興味津々。喋っててオモロイです。


で、なんですが、姉上だけ何故かざわの事を上記みたいに「さわこ」と呼ぶんですよ。



姉上「サワコー、ナンカウター。ウタッテー」(デンモク置く)

ざわ「はぁ。ほならねぇ…」(『粉雪』転送)

姉上「サワコ、サケツヨイネー」(焼酎注ぐ)

ざわ「焼酎は飲み馴れてるからですかねぇ」(←適当)



ざわ「…あのー、ところで「サワコ」ってなんです?名前さわ子ちゃんやないですけど( ̄▽ ̄;)」


姉上「「サワコ」ッテユーノハ「旦那様」ッテイミダヨー♪」


ざわ「……(゜-゜)…お、おっ?…お…おぅ…」(←動揺)


姉上「…イヤ?フツーニ、ナマエデヨブ…?」(ちょっとシュンとする)


ざわ「…あっ、いや、エエです、サワコで」

姉上「サワコー♪」(←ニッコリ)


……。




ゥオオオオオオオアアアアアアァ!!(モテない男の雄叫び)





こうやって男は、ドツボにハマる。(悲)





発売元-メディア・トップ

監督-ブレット・ケリー

脚本-ブレット・ケリー、トレヴァー・ペイヤー

製作総指揮-テッド・チャルマース

製作-アン・マリー・フリガン

2011年/カナダ映画

原題:『THUNDERSTORM THE RETURN OF THOR』

購入価格-200円(レンタル落ち)




《ストーリー》



神々の世界「アースガルズ」と、人間界「ミズガルズ」の存在する世界。

しかし今の時代、人間の信仰心は薄れており、ひいては崇められることなく忘れ去られつつある神々の力は弱まっていく一方だった。


そんな機を狙い、ある組織の活動が活発化していた。


「死の騎士団」。

「女王」と呼ばれる女が統率するその組織の最終目標は、アースガルズ、ミズガルズ双方を支配すること。そのためにミズガルズで周到な下準備のもと、意図的に「ラグナロク」を引き起こそうとしていた。


特定の血筋の人間を拉致し、博物館で神々にまつわる品々を強奪。邪魔者は女王の名の元に虫けらのように殺す。

警察の捜査を掻い潜り凶行を重ねる死の騎士団。アースガルズの神々もその存在を危惧し始めていた。

しかし今の神々には、おいそれとミズガルズに干渉できる力すら無い。そこで神々の一人である雷神ソーは、「我々にゆかりのある人間に、死の騎士団打倒を託してはどうか」と主神オーディンに提案する。


神々とゆかりのある人間、つまり、神々の血を引く者。

そしてソーは、一人の人間に白羽の矢を立てた。

その人物の名はグラント。

研究所で働くしがない研究員。だがその肉体には、神の血が脈々と流れていた。


ソーからの啓示を受け、雷神の力を授かったグラントは特殊スーツを身に纏い、「雷嵐-サンダーストーム-」としてラグナロク阻止のため立ち上がる!




《登場人物紹介》


-グラント-

主人公。でこっぱち坊主頭。


軍用装備を開発する研究所で働きごくごく平凡な人生を送っていたが、ある夜、雷神ソーの啓示を受け、自らがソーの100代目の子孫、つまり神々の血統であること、そして「死の騎士団」と戦う宿命であることを知る。

ソーにより神の力の一部を授けられ、両腕から強力な稲妻を発する事が出来るようになる。

が、発生するエネルギーが凄まじ過ぎるうえにグラント自身力の使い方に慣れておらず暴発の危険があったため、ちょうど研究所で開発中だった高性能スーツによって電気エネルギーを抑制し続けていなければならなくなっている。

件の電気エネルギーを発生・抑制するスーツ(おまけに防弾)と、スーツとセットで開発中だった、スーツ内で発生した電気エネルギーを電撃に変換して打ち出すハンマー(ムジョルニア風)を使って戦う。



-グレンダ-

ヒロイン。刑事。赤毛おねーさん。


「死の騎士団」により多発する凶悪事件を捜査中、グラントに遭遇。

当初は妙なスーツ姿のグラントを全く信用しておらず、また神の存在やラグナロクなども信じてはいなかったが、グラントの超常的な力や「死の騎士団」の行いを目の当たりにし、グラントに力を貸すようになる。

刑事なので基本銃を使うが、素手でもかなり強い。



-アール-

研究員。ロン毛でこっぱち。


グラントの同僚であり親友。

スーツやハンマーを共に開発し、またグラントが神の力を得た際には稲妻を操る練習などに付き合い、積極的にサポートする。親友であることも勿論だが、彼自身がかつてヒーローに憧れていたことも起因している。



-女王-

「死の騎士団」の首魁。コスプレ熟女。


その正体は、北欧神話におけるロキの子の一人である冥界の女神「ヘル」。

己の兄でもある守護神「ミズガルズのドラゴン」(←これは北欧神話には無い創作)を人間界に降臨させ、世界の破壊と神々の抹殺、つまり「ラグナロク」を目論んでいる。

彼女もまた神の力を持つ存在であり、ソーの力を授かったグラントの稲妻をも上回る破壊力を誇る深紅の稲妻を放つ。



-エヴァン-

「死の騎士団」のメンバー。スキンヘッドヒゲメガネ。


女王の側近であり、ラグナロク計画の尖兵。

殺人にすら全くの躊躇いが無い冷酷な人物で、かつ女王に絶対の忠誠を誓っている。

普通の人間であり超常的な力は無いが、部下の兵と共に銃火器を使って戦う。



-ソー-

北欧神話における神々の一人。トールとも呼ばれる。主神オーディンの子にして北欧神話最強といわれる戦神。


殆どの人間が信仰を失いつつあるこのご時世のため、かつてのような力は無くなってしまっている。

悪の守護神「ミズガルズのドラゴン」復活を目論む「死の騎士団」の存在を危惧し、神々の血統であるグラントに力を与え戦いに送り出す。





《総評》
|03/03| ヒーローコメント(6)TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。