上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
20150517232633fd6.jpg
さりげなくハゲ頭に後光の図。






…ふぅ。(。. 。)

なんかねー。どうにも最近、仕事だけじゃなく私生活でも無気力になってんなー…と、思いましてですね。

じゃあね。見つかったんですね。その無気力な日常の原因かもしれないものがね。


癒しですよね。(その顔でか)


癒し。そう。

最近、前説でも出てこないでしょ?そう、そう!


ポケモンですよ!!

福島からこっち帰ってきてあーた、ポケモンやってないんですよ!


ホントは、関西圏だってやってるんですよ?

大阪だったらテレビ大阪!岡山だったらテレビ…なんたら!(Σ知らんのかい)


なのに、ああなのに、ざわが住む兵庫では映らない!何故、大阪から岡山へ飛び越えて、うまいこと兵庫だけ映らないんだ!

ピカチュウが恋しい…。あと、ジュンサーさんが!(ちょっと待て)


「B級映画中毒」に続き、「ポケモン中毒」になりつつあるざわ。

最近になって、DSとポケモンをセットで買おうか本気で悩んでおります。(仕事の悩みはどうした)



販売元-フルメディア

監督-マーティン・ミラー

製作・原案・脚本-ジャンニ・パオルッチ

2003年/アメリカ映画

原題:『CANNIBAL HOLOCAUST CANNIBAL vs COMMAND』

購入価格-200円(レンタル落ち)



《ストーリー》

ブラジル、アマゾン奥地で、アメリカの探検隊が消息を絶つ。

探検隊のメンバーには、アメリカ政府要人アームストロング議員の娘が含まれており、議員の要請により政府はアメリカ軍特殊部隊コマンドーの派遣することになった。

指令を受けたコマンドー隊長ウィルソン少尉は、部隊を率いただちにブラジルへ降り立つ。

ブラジル軍の支援により加わったロメロ達密林ガイドの協力を得て、アマゾン奥深くへ潜入、探検隊の救出作戦を開始する。


アマゾン原住民のシャペイ族との邂逅、そして沼族と呼ばれる、「人食い人種」エペシャ族との接触…。

ウィルソン率いるコマンドーは、探検隊を見つけ出し、危険極まりないアマゾンから生きて脱出できるのか!?



《登場人物紹介》

-ウィルソン少尉-

コマンドー隊長。ハゲ。


合衆国の命を受け、コマンドーを率いてアマゾン奥深くへ潜入する。

特殊部隊を率いる長で優秀ではあるが、実は戦闘の経験は演習が28回、実戦においてはたった2回しかなく、道中でも経験不足からくる失態をやらかすこともしばしば。

M4カービンを使用。



-キャメロン軍曹-

コマンドー隊員。ウィルソンの補佐的立ち位置の黒人隊員。


実戦経験の乏しいウィルソンを軽く見ている者が多い中、ほぼ唯一彼に忠実な人物で、戦闘時も勇猛に戦う。

M4カービンを使用。



-パディ-

コマンドー隊員。


同じく隊員であるマリアとは戦友。

M4カービンを使用。



-マリア-

コマンドー隊員。紅一点。


女だてらに特殊部隊にいるだけあって、他の隊員に劣らぬ血気盛んな性格。

M4カービンを使用。



-クルーガー-

コマンドー隊員。


逆境に弱いが、激昂すると突進するタイプ。

M4カービンを使用。



-ロメロ-

ブラジル軍と繋がりのある密林ガイド。モミアゲヒゲ白人男性。


腕利きのガイドであると同時に、アマゾンに住む数多の原住民の生活やしきたりにも精通している男。

緊張感が充満しているコマンドーの中にいても飄々としているが、その物腰の軽さとは裏腹に銃の扱いにも長けており、密林での行動力はコマンドーにも匹敵する。

元々はイリノイ州出身の歴としたアメリカ人。

M14を愛用。



-イザヤ-

現地人ガイド。上半身裸。


ロメロとはガイド仲間であり、共にコマンドーのガイドを務める。

原住民の礼儀作法への精通度はロメロと同等かそれ以上で、言語にも精通している。

レミントンM870を愛用。



-シャペイ族の青年-

人肉を食べていたところをロメロに捕まった青年。


ロメロいわくシャペイ族は文明人にも友好的な部族であり、本来は人肉を食べる習慣も無いが、とある儀式の過程においては食べることもあるという。

捕虜としてシャペイ族に差し出して 意思疏通を図り、探検隊を捜索する役に立てばと、救出作戦に連れて行かれる。



-サラ・アームストロング-

金髪ねーちゃん。


沼族に探検隊が捕まった際、族長によって愛の女神「ミリショラン」に仕立てられ、薬物によって麻痺状態にされて囲われていた。



《総評》
スポンサーサイト
|05/18| ドンパチコメント(6)TB(0)
20150506004708316.jpg
女子高生が日本刀持ってゾンビをチョンパする映画だなんて…!……なんか前にもあったな(゜-゜)。






PM5:30頃。

今日も今日とて休日出勤を終え、会社の駐車場へ辿り着いたざわ。


ざわ「あー…仕事辞めたいぃ…。辞めたい辞めたい辞めt…」(軽く病気)

ブーたれながら会社の敷地を出、山道を走るざわ。


と。

車のボンネットに何かが落ちてきました。

ちょっと大きめの緑色の虫…多分キリギリスっぽいです。キリギリスなんて、久しぶりに見ました。


キリギリス、ボンネットの上でなに食わぬ顔でくつろいでいます。

ざわ「スピード出しゃあ、どっか飛んでくだろ」

山道を抜けて平地に出たので、車のスピードがちょっと上昇。概ね50キロ。


…飛びませんね。振り落とされもしません。

それどころか、「風が気持ちE~♪チョー気持ちE~♪」といわんばかりに、長い触角をソヨソヨさせながら、後ろ足を口元に持ってきて、足の裏をカジカジしています。


ざわ「まぁ、いいや( ̄  ̄ )。気が向いたら飛んでくだろ。それに道中、二車線の大通り(制限速度70キロ)を通るし。さすがに70キロ出てる車のスピードには耐えられないだろ」

とかなんとか言いつつ車を走らせ、言った通りに二車線へ。


車がグングン加速します。


…なぜ、飛ばない(゜-゜)。

さすがに風が強いのか、ボンネットの根本とワイパーの隙間に逃げ込みはしましたが、しかし飛ぼうとはしません。結構過酷な状況に置かれているハズなのに、車から離れようとしません。


ざわ「タフな奴だなぁ…(゜ロ゜;、このままざわん家まで付いてくる気か…?ちょっと距離あるぞ…?」

まぁ、なんでこの車を気に入ったのか知りませんが、旅は道連れ、世は情けと言います。

ヒッチハイクなキリギリスを、安全運転で運んでやろうじゃありませんか。ワイパーの周りをウロチョロされて、気が散ってるのは内緒ですよ。(Σ運転に集中しろよ)


それにしても、少しの時間とはいえ道中を共にする仲です。名前でも付けてやりましょう。

ざわ「オスかメスかわかんないな…どっちでもいける名前だな。なぁ、ジェイミー。」(センスが妙)


約15分ほどの二車線の道のりをかっ飛ばすざわ。逆さになり、ワイパーにしがみつくジェイミー。

ざわ「あ、コンビニ寄らなきゃ。昨日飲み切ったから、家に焼酎が無い」(←こういうコトは記憶力がいい)


セブン◯レブン。

ざわ「焼酎♪焼酎♪おっ、そば焼酎だって。How♪」

買い物終了。車に戻…


…(。_。)。ジェイミー、まだいんじゃん。

ワイパーの下で逆さになったまんまじゃん。…なんなの?ざわの買い物が終わるのを待っててくれたの?なんなの?好きなの?(なんでそうなる)

ざわ「ホントに家まで付いてくる気かい…?まぁでも家の隣は山だから、こっちの土地でも生きていけるよ、うん。なんならウチくる?」(ちょっと感化され始めてる)


そのまま家の近くまで差し掛かった時、ふと用事があったのを思い出し、近所のホームセンターへ立ち寄ります。と。


突然、羽を広げ出すジェイミー、そして…。


ブーン♪



……(゜д゜)。(←マジで車中でこんな顔してた)


…と…飛び立った……だと?

今更?長い道のりを共に旅をしてきて、今更飛ぶ?

どうせなら家まで引っ付いてたら良かったじゃん。このホームセンターの界隈、緑地無いよ?


なんの挨拶も愛想も無く、急にいなくなるのかよぅ…さみしいじゃないか…なぁジェイミィィ!!(どんだけ気に入ってたんだよ)


ああ…。あああ…。



あー…なんかもう、会社辞めたい。(会社関係ない)



発売元-GPミュージアム

監督-藤原健一

脚本-森角威之、藤原健一

製作-山田宏貴

2008年/日本映画

購入価格-780円(レンタル落ち)



《ストーリー》

ごく普通の女子高生リカは、いつものように通学中、ふと2年前に家を出て行った祖父のことを思い出した。

かつて天才外科医と呼ばれたリカの祖父隆平は、今は都心から離れた郊外にある別荘に暮らしていた。

授業をサボるいい口実半分、大好きだった祖父に会いたい思い半分で、リカは祖父のいる別荘へ行くことを思い立つ。


一緒に付いてきた親友のナミと共に別荘の最寄り駅までやって来たリカ。

だが駅を出て早々、駅前にいる町の人々の様子がおかしいことに気付く。

彼らはボロボロの姿で、歩いているというよりは虚ろな目をしてフラフラと徘徊していた。また、中には血塗れの者までいた。

そして、リカ達の存在に気付いた彼らが、二人に群がり始め、ついには襲いかかってくるのだった。


同じく町に来たばかりのチンピラ男トモヤの助けを借り、命辛々車で駅前から脱出したリカ達。

原因はわからないが、町の人々は人の肉を喰らう屍…ゾンビになってしまっていたのだ。


ゾンビがまだ及んでいない町外れまで逃げついたリカ達は、とりあえず祖父のいる山奥の別荘へ向かうのだが…。



《登場人物紹介》

-リカ-

主人公。最強兵器女子高生。工藤里紗。


医者一家の出だが、医者になることを押し付ける親に反発しており学業にはあまり真面目ではなく、授業をサボる口実に祖父に会うために田舎町へ出向き、ゾンビ騒動に巻き込まれてしまう。

おじいちゃん子であり、再会した祖父の隆平が痴呆でボケてしまっているのを知り落ち込んだりする。

ゾンビに襲撃されて右腕を噛まれ、感染が広がる前に右腕を肩口から斬り落とされてしまうが、切り落とされた右腕の代わりに、偶然手に入った殺されたゾンビハンターの切断された右腕を祖父によって移植、その右腕の赴くまま日本刀でゾンビを叩き斬るゾンビハンターとなる。



-ナミ-

リカの親友。南まい。


授業をサボる口実がてら、祖父に会いに行くというリカについていく。

ただの女子高生で、とくにサバイバル能力や戦闘力が長けていたりするわけではないが、否応無くゾンビハンターになってしまったリカの心の拠り所である。



-香坂隆平 -

リカの祖父。なぜか眼帯。


天才外科医として名を馳せていたが、ある時突然引退し、山奥にある別荘に籠るようになってしまった。

今現在は孫のリカのことも分からなくなっているほど痴呆が進んでおり、年若い後妻と3人のメイドに世話を受け隠居生活を送っている。

しかし、往年の頃の記憶が戻る時が度々あるようで、その際の医術の技量はいささかも衰えていない。また、剣術の達人でもあり、別荘には日本刀が飾られている。



-サヤカ-

隆平の後妻。長澤つぐみ。


隆平の妻としては不自然なほど若い。

祖父の遺産目当てではないかとリカ達に勘繰られているが正にその通りであり、老い先短い隆平の遺産を狙って結婚したようである。

性悪で面食い。



-トモヤ-

アロハシャツにリーゼントという、今時清々しいチンピラ。


駅前でゾンビに襲撃され、同じく駅を出たところを襲われていたリカ達を助け、共に別荘まで向かう。

実はサヤカと結託して隆平の遺産を狙っており、リカ達に案内されずとも別荘へ行く腹積もりだった。ちなみにサヤカとは兄妹と話しているが、実際には愛人関係にある。

頼りないチンピラっぽいが、ゾンビに囲まれた際の大立回りは結構すごい。



-町の生き残り3人組-

3バカ。


町でゾンビ騒動に巻き込まれ逃げ続けていた結果、リカ達の立て籠る別荘へ逃げ込んでくる。

兄貴分の板前、ドカタっぽいモジャ頭、メガネバンダナのオタクの3人組。

なお、オタクはゾンビに詳しく、ネットサーフィンでゾンビハンターの存在を知っている。



-タカシ-

ゾンビ。


元々は町にある大学の研究員。

大学の先輩が最初期にゾンビ化し、彼もまた先輩に腕を噛まれゾンビとなってしまった。

だが、「人肉を喰わなければ人間の理性が保てる」という自論で口を拘束具で覆い「食」を封印した結果、見事自論が的中し、生前と変わらぬ理性、ゾンビでありながら平然と会話できる知性なども保ち続けられていられるようになった。

リカ達にゾンビ騒動の収束にはゾンビの親玉「グロリアン」の打倒が必要であると告げ、積極的に協力する。



-グロリアン-

本作のラスボス。最凶ゾンビ。


ゾンビ騒動の原因であり、ゾンビ達の親玉。

白装束を着込み、二振りの日本刀を振り回す醜悪な怪人だが、通常のゾンビとは違い、人語を話し、またその剣捌きはゾンビハンターの力を得たリカすら凌駕するほど。また、リカに移植された右腕の持ち主であるゾンビハンターを殺害した張本人でもある。

全てのゾンビに関わる事象を司る超常的な存在であり、このグロリアンを倒すことで、ゾンビ発生現象はおろか、ゾンビ化した人間、ゾンビによって犠牲になった人間、全てが元通りになるという。



《総評》
|05/06| ゾンビコメント(4)TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。