上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
20150129193321b36.jpg
復興…オリンピックまでに間に合いますかね?(ズレた心配)






いや~。

常連客様は気付くのが早いですねぇ。まっこと有難いことですm(_ _)m。


で、皆さんどうですか。(唐突)

ホラ、ウチのブログって、今までテンプレがどノーマルだったでしょ?

パカパカケータイの頃は携帯用ページだけは時々変えてましたけども。今回はスマホページとPCページを模様替えしてみたのですよ。


で、どうですか。(二度目)

それにテンプレだけじゃなくて、実は細かい部分もチョコっと弄ってみたんですよ。

今までの無機質な感じよりは、ちょっとはコマシになってますかね?ホラ、ホラ。(しつこいよ)

たまにこういった変わったコトすると、アピりたくなっちゃう性分でして。なんかね。浮き足立っちゃうと言いますか。


…まぁ、文章は今まで通りですけどね。見栄えがいくら良かろうと、中身はアホのまんまです。当たり前ですけども。



発売元-ネクシード

監督-エリック・エステンバーグ

製作・脚本-デヴィット・マイケル・ラット

製作総指揮-デヴィット・リマウィー

2008年/アメリカ映画

原題:『MONSTER』

購入価格-200円(レンタル落ち)



《ストーリー》

2003年1月、ジャーナリストのサラとエリンは日本にやって来た。

昨今世界中で話題に上る環境問題、地球温暖化に対する日本の対策等を取材するためだ。

早速、日本の首都東京の環境センターへ赴き、環境省の役人や、そこで働く人達へインタビューを進めていく二人。


だがその時、強烈な地鳴りが建物を襲った。

日本ではよく起きる地震だろう…。サラ達も、センターの人達もそう思っていた。初めは。

地鳴りは徐々に大きくなっていき、センターは停電。

さらに、サラ達が窓の外へカメラを向けた時、ビル群の一角が大爆発を起こすのだった。


ただの地震ではない…。センター内の人々はにわかにそう思い始めていた。

建物の外へ出た彼らは、大きく損壊したビル群に、至るところで起きる爆発…変わり果てた東京の光景を目の当たりにする。

逃げ惑う民衆、異常なほど低空を飛ぶアメリカの戦闘機。そして遠方では、「何か」がけたたましい咆哮を響かせていた…。



《登場人物紹介》

-サラ・リンチ-

ジャーナリストその1。黒髪ねーちゃん。


地球温暖化の取材のため、妹エリンと共に日本にやって来る。

不運にも、滞在中に東京で起きた未曾有の大災害に巻き込まれ、言葉も文化も違う異国の地を姉妹で逃げ惑うことになる。

カメラは常に手放さない。母親は不明だが父親は健在。



-エリン・ヤング-

ジャーナリストその2。ブロンドねーちゃん。


サラの妹。あまり似てない。

とんでもない状況に陥っているのにカメラを回し続ける姉に少々呆れているが、なんだかんだで姉妹仲は良く、時折カメラ係を交替したりする。

なんで姉妹なのに姓が違うのかは不明。



《総評》
スポンサーサイト
|01/29| 架空生物コメント(2)TB(0)
2015012123392255f.jpg
こういうジャケット、最近見ませんねぇ。





みなさん。

日曜日だからって、昼まで寝てたりしてませんか?

ダメですよ。休みの日だろうとダラダラ寝てないで早く起きなきゃ。ちゃんとポケモン観なきゃ。(どんだけ勧めてんだよ)

大事ですよ。ポケモンで癒されて、日頃のストレスを落ち着かせるのは。心をリフレッシュさせて週明けの仕事に望まないと。


でね、ポケモンにはまってからというもの、ざわは日曜日も朝に起きるようになったワケですけれども。

最近はより生活習慣が改善されたからなのか、9時より早く起きてしまうようになってしまったんですね。

とすると、二度寝すると寝過ごしてしまいそうになるので、ポケモンタイムまで間を持たせないとイカンワケで。


ここで白羽の矢が立つのは、やはり仮面ライダーとプリキュアです。

ええ。ここんトコ毎週観てますよ。プリキュア。あ、やめて。テレビの前でプリキュアを食い入るように観てるざわを想像しないで。(画ヅラ危)


いやでもね。プリキュアってここ最近になって初めて観ましたが、中々見応えありますよね。

なんかやたら恋とか愛とか友情とか、ポジティブワードを前面に掲げてね。観てるコッチが恥ずかしいぐらいに語りますよね。観てて結構考えさせられますよ。いや、だからざわの顔を見るんぢゃないよ。


…うーん…。愛って、色んな形や捉え方があるんだなぁ……深い。(Σ唸るな)

次回あたりが最終回のようです。気になるので見届けようと思いますよ。うん。


…いやいや、そんな。わかってますよ。メインはポケモンですって。うん。あくまでも余興というか、ね……スターシンフォニー!!(←ドハマり)



発売元-GPミュージアム

監督・製作・脚本-タイ語なのでわかんない

2006年/タイ映画

原題:タイ語なのでわかんない

購入価格-380円(中古)



《ストーリー》

アマゾンへ入った探検隊が消息を絶った。

その探検隊のメンバーだった考古学者コーン博士の息子アカネは、父親の身を案じ、自身もアマゾンに入り捜索しようと考える。

アカネは恋人のプレーワや父の友人ピポ博士の力を借り探検隊を結成。

父親が探し求めていた、アマゾンの奥にあるとされる古代ジャワ時代の伝説の都「アマゾンシティ」を目指すのだった。


険しいアマゾンで、危険な生物、さらには超常的な存在が探検隊に牙を剥く。

様々な危険や策謀、裏切りを経て、なんとかアマゾンシティに辿り着くアカネ達。

そこでアカネ達は、アマゾンシティ、そして自分達のルーツにまつわる悲しき歴史に触れることとなる…。



《登場人物紹介》

-アカネ-

主人公。ロン毛マッチョにーちゃん。


ジャングルで失踪した父親を捜すため、探検隊を組織してアマゾンシティを目指す。

ハンサムで優しく、勇敢で誠実、さらには恋人がいるからと美女の誘惑にも負けないという驚異的なスペックを誇る。

プレーワとイチャつくのが日課。



-プレーワ-

アカネの恋人。纏め髪ねーちゃん。


父親を捜そうとするアカネに人脈面で協力し、探検にもついていく。

とにかくアカネが大好きで、暇さえあればイチャイチャしている。

「お嬢さん」と呼ばれたりするなど、かなり育ちが良い様子。



-マヤ-

言語学者。巨乳ねーちゃん。


ジャワ時代のラマン語の専門家ということで探検隊に加わるが、その目的は、アマゾンシティにあるとされる大量の赤いダイヤを手に入れることと、また出会ってその場で一目惚れしたアカネをゲットのためである。

アカネへの執着は相当なもので、彼とイチャつくプレーワに対する嫉妬は凄まじい。



-チェ-

地質学者。細目にーちゃん。


優秀な地質学者らしいが、人間的には金に目がなく女に見境がない俗物。

マヤ同様、赤いダイヤを手に入れるために探検隊に加わる。

マヤとは肉体関係はあるが恋人未満という微妙な間柄。



-ピポ-

博士。チョビヒゲおやぢ。


ジャワ時代の研究をしている考古学者で、自宅にはジャワ時代の出土品が多数並べられている。

アカネの父親とは友人で学者仲間でもあり、アカネ達と共にジャングルへ赴く。



-ケア-

三つ編みねーちゃん。

アカネの父親のガイドだったプラン・カンの娘で、先の探検隊の唯一の生き残り。

アカネ達の探検隊に合流し、プラン・インにも劣らないサバイバルスキルで手助けするほか、アマゾンシティまでの道のりを知っているらしく案内役も務める。



-ガイド′s-

アカネ達に雇われた密林ガイド。


リーダーのプラン・インと地元の若者達で編成された隊で、ジャングルに詳しい。

プレーワの父親に恩義があるらしく、その恩返しのためにガイドを引き受けてくれる。

シングルショットライフルを装備。



《総評》
2015011303212717e.jpg
JIGSAWやん!久しぶりやん!Σ\(° ω°〃)(同級生か)






昨日、『アンストッパブル』やってましたね。

いやー、滅茶苦茶面白いですねコレ。(そうだろうね)

列車を止めようとするベテラン機関士と新米車掌の奮闘ぶりが格好良すぎですよ。

実話が元ってのも凄いし、なにより主演二人の決死の行動、怪物のように描写されている列車、手に汗握りました。

やっぱ、自分もなまじ技術がモノを言う仕事に携わってると、デンゼルみたいなベテランとかスッゲェ格好良いなぁと思いますね。うん。


当ブログは、A級映画は取り扱っておりません。(どの口が言ってんだ)



発売元-ニューセレクト

監督-クレイグ・シンガー

脚本-レーン・シャドゲット

製作-ジェレミー・ドナルドソン、マシュー・カイパース

2009年/アメリカ映画

原題:『PERKINS′14』

購入価格-200円(レンタル落ち)



《ストーリー》

ストーン・コブの街を震撼させた、連続児童失踪事件から10年の歳月が流れた。

結局、犯人は捕まることはなく、消えた14人の子供達が帰ってくることもなかった。


その日、警察署で夜勤の当直をしていたドゥエイン・ホッパーは、留置所に拘留されていたロナルド・パーキンスという男に声をかけられる。

適当にあしらおうと思っていたドゥエインだったが、パーキンスの言葉の端々に妙な違和感を覚える。

彼は…パーキンスは、会話の中で、次々と意味深な言葉や、ドゥエインが言っていない筈の彼の家族のことまで喋り出したのだ。


何故、この男は自分の家族まで知っているのだ…ドゥエインはこれまでに無いほど、パーキンスに厳しく詰め寄った。

ドゥエインがムキになるのは当然のことであった。何故なら、失踪事件最後の犠牲者は、彼の最愛の息子カイルだったからだ…。


ドゥエインは長年の同僚ハルに電話で頼み、無許可でパーキンスの自宅を捜索させる。

悪態をつき、家捜しをやめるよう警告するパーキンス。しかしドゥエインは耳を貸さない。

パーキンスの自宅には、隠された地下室があった。それを発見したハルは地下へ降りる。

「面倒なことになるぞ」

パーキンスは微かに笑みを浮かべていた。


直後、電話口からハルの悲鳴が漏れた。

ドゥエインはパーキンスをパトカーに拘束し、ハルのもとへ向かう。

パーキンス宅の地下室は、暗く、湿っぽく、様々な薬品が並び、いくつもの鉄格子があった。

鉄格子はハルの手により全て開け放たれていた。そして、ハルは血塗れの無惨な姿で天井にぶら下がっていた…。


地下室に保管されていた記録映像を確認したドゥエインは愕然とした。

そこに撮されていたのは、虐待され、泣き叫ぶ息子カイルの姿だった。

カイルだけではない。あの事件で消えた14人の子供達全員が、この10年間ずっと、パーキンスに「飼育」され続けていたのだ。

14人の子供達は、パーキンスの「教育」と薬物投与によって、人間の限界を越えた野獣に変えられてしまっていた。銃弾を受けても止まらず、本能のままに殺戮する凶暴な野獣に…。

「それは、お前に見せるために作ったテープだ。どんな気持ちだ?」

ドゥエインは怒りに任せ、笑うパーキンスの頭に銃弾を撃ち込むのだった。


パーキンス宅から逃げ出した14人の子供達は、ストーン・コブの街を疾走し、次々に人を襲い始める。

街には非常事態宣言が発令。非番の警察も総動員して事態の収拾を図るが、銃弾でも倒れない14人の子供達には歯が立たず、次々と殺されていった。

街は阿鼻叫喚の地獄と化してゆく…。


これこそが、パーキンスの目的だったのだ。

失踪事件の被害者の共通点、それは、「家族に愛された子供」だった。

親が捜索を諦め、悲嘆に暮れつつも普通の暮らしに戻っていた間も、子供達は泣き続け、親に助けを求め続けていた。10年間ずっと。

パーキンスは、自分がわざと捕まることで、そんな子供達を街に放ったのだ。

ドゥエイン達家族の心に大きな穴を空け、そして彼らがその苦しみを忘れかけた頃に、さらに苦しむように。


一度は諦め、見捨ててしまった息子、カイル。

今度こそ息子を見捨てまい。ドゥエインはカイルと正面から向き合う決心をする…。



《登場人物紹介》

-ドゥエイン・ホッパー-

警察官。スキンヘッドおやじ。


かつては妻と二人の子供達と幸せに暮らしていたが、連続児童失踪事件に巻き込まれ、長男のカイルを失ってしまう。

他の被害者の家族同様に必死に息子を捜すも結局見つかることはなく、以来10年間、惰性的に警察職務に勤める毎日を送っている。

たまたま夜勤当直の日に拘留されていたパーキンス(本当はパーキンスの策略)が、自らの息子カイルを拐った犯人だと気付き、彼の自宅を無許可で捜索させ、結果的に野獣と化した14人の子供達を街に解き放ってしまう。

街で凶行を繰り返す子供達の中に息子の姿を見つけてしまい、凶行を止めるために息子に銃を向けることに躊躇い、苦悩する。

家庭は冷めているものの、家族を大切に思う気持ちは変わっておらず、妻、娘、そして息子を守ろうとする意思はなにより強い。



-ジャニン・ホッパー-

ドゥエインの妻。


カイル失踪後、夫婦間の仲が冷えきっており、今では友人との読書会と嘘をついて男と浮気している。

モーテルで浮気相手と乳繰り合っているところを14人の子供達に襲われ、浮気相手は死亡、浴室に逃げ込んでいた。

それでも、ドゥエインと同じくカイルを深く愛し、またカイルを失った際には深く悲しんでいたことに違いは無い。



-デイジー・ホッパー-

ドゥエインの娘。黒髪ねーちゃん。


兄カイルの失踪後、幸せだった家庭はみるみるうちに荒んでしまい、今では父親は邪険にし夜遊びを繰り返している。

邪険にはされていても、ドゥエインにとってはカイル同様大切な我が子には変わりなく、14人の子供達に襲われた際もいの一番に救出される。

母が浮気しているのを知っていたが、父には言い出せずにいた。



-エリック-

デイジーの彼氏。ギタリスト。妙な髪型。


廃墟でデイジーと乳繰り合っていたところを14人の子供達の一人に襲われ右手小指を負傷してしまう。

駆け付けたドゥエインに救われ、一緒に行動する。



-ハル-

ドゥエインの同僚。太っちょ。


ドゥエインに頼まれ、パーキンス宅を捜索する。

地下室で不用意に檻を開けてしまい、子供達の最初の犠牲者になる。



-ロナルド・パーキンス-

自称薬剤師の眼鏡中年。


その正体は、10年前の連続児童失踪事件の犯人。

14人の子供達を自宅の地下室に監禁し飼育していた。

幼少時に犯罪関連で両親を失っており、その出来事の一部始終が彼の人格を歪ませる起因となっているらしい。

10年の節目にわざと軽犯罪で捕まり、ドゥエインを挑発。あえて犯人であると勘づかせ、監禁していた子供達を解き放たせ、街を地獄へと変える。

カイルを拐った際に抵抗され噛み付かれ、右手薬指を失っている。



-カイル・ホッパーと13人の子供達-

10年前の連続児童失踪事件の被害者達。


年齢も性別も出身もバラバラで、唯一の共通点は「家族に愛されている子供達」だったこと。

パーキンスによって檻に監禁され、10年間獣同然に育てられていたため一切の理性を失っており、ただただ視界に入った人に襲いかかり、食欲のままに人を食い殺す狂暴な獣と化してしまっている。

また、パーキンスに薬物「PCP」を投与されているため、銃弾はおろか車で轢いても全く動じない驚異的な耐久力と、素手で人間を引き裂く怪力を持つ。



《総評》
|01/13| 犯罪コメント(4)TB(0)
20150107211606ca1.jpg
じょう、じじょう、じょうじ、じょうじょう。(そりゃゴキブリだ)




……。


……フッ(〃 ̄_ ̄)。


あけました。おめでとうございました。(もはや毎年恒例)

ようやっと年明け一発目ですよ。相も変わらない自らのスロースターターぶりに呆れますな。ハハ(開き直るな)。


で、ですね。つい2日ほど前になるんですが、スマホがぶっ壊れてしまったので、機種変更しました。ちなみにガラケーから変えてから1年3ヵ月、早くも3代目のスマホです。(大事に使えよ)

飲み屋のママに頂いた初代は、充電器の挿込み口の内部の金属板が何故かヘシ折れ、ついこないだまで使ってた2代目は何故か液晶がバッキバキになってしまったんですよ。ええ。決して泥酔してて無理矢理力ずくで充電器をねじ込もうとしたり、泥酔して手を滑らせてアスファルトへダイブさせたワケではないんです。


しかし、いくらスマホの破損に関してざわに米粒ほどの過失も無いとはいえ(なんでそう思えんだよ)、こんな短期間で取っ替え引っ替え機種変更していては、ざわのおサイフが干からびてしまいます。

なので、ざわは型のちと古い中古のスマホ本体だけを買って、SIMカードとかいう名前のプラ板を差し替えて使用しています。

別に音質とか画質とか気にするタチでもなし、新たな機能が追加されてもどうせ使いこなせませんしね。ふん。(ちっとは頑張れよ)

古いスマホでも全然構わないのです。電話とメールと、あとこのブログが更新出来ればオッケー。


それで、リサイクルショップで中古のスマホを買ったワケです。

さてさて、SIMカードを差し替えて…と。


…φ(..)。


…(。_。)。


…なんで、カードのサイズが合わないんだろう。(確認しとけよ)



発売元-クリエイティブアクザ

監督・製作-ジェフリー・スコット・ランドー

脚本-ジェフ・オブライエン

製作総指揮-サム・エイゲン、モリス・ルスキン

2005年/アメリカ映画

原題:『INSECTICIDAL』

購入価格-200円(レンタル落ち)



《ストーリー》

女子寮で虫の研究をしているカミ。

何匹もの虫を飼育し、ひたすら研究に没頭するその特殊ぶりから、他の寮生に気味悪がられ、疎外されているが、本人はそんな人間関係より虫のことで頭が一杯である。


だが、寮生達とその彼氏達によるパーティーで賑わうその日、事件が起きる。

カミの飼育するサソリが逃げ出し、あろうことか寮の女王様ジョシーの部屋に入り込んでしまったのだ。

サソリを見つけ激怒したジョシーはカミの部屋に怒鳴り込み、飼育されている虫に片っ端から殺虫剤を噴射し、全ての虫を殺してしまうのだった。

悲嘆に暮れるカミは、虫達の死骸をゴミ箱に捨てる。


数刻して、夜も更けた頃。

カミは、寮の廊下を走り去るサソリを目撃する。それも、今までに見たこともないような巨大なサソリを…。

そして、寮にいる人々が一人、また一人と消えてゆく。

寮の外では、天を突くような巨大なカマキリが歩き回っていた…。



《登場人物紹介》

-カミ-

メガネ黒髪長髪ねーちゃん。


女子寮の半地下の自分の部屋で、タランチュラやサソリを飼育し、壁一面に虫の写真を貼っつけている虫オタク。

古代の虫が巨大で、現代の虫達にも同様の巨大化する因子が遺伝子にあるとして日々研究をしていたが、寮生のジョシーが虫達に殺虫剤を噴射、突然変異により虫達が巨大化してしまう。


ちなみに「彼女の研究+殺虫剤=虫巨大化」であり、彼女も騒動の責任の一端であるが、別に作中では触れられていない。

性格は内向的だが、人の意見に耳を貸さない。ガン子ちゃん。



-ソフィ-

金髪長髪ねーちゃん。


カミの姉でレズビアン。巨乳。

妹思いだが、同時に虫オタクの妹を心配し、普通の女の子のようになってほしいと思っている。



-マーティン-

黒髪短髪ナヨにーちゃん。


カミに好意を持っているが、当の彼女は虫しか頭に無いため、友人のポジションから進めないでいる。

腕っぷしは弱いが勇気はある。



-ジョシー-

黒髪ロングねーちゃん。


女子寮内で女王のように振る舞っており、カミを「ブキミちゃん」と呼び辛く当たっている他、彼氏に対しても高圧的な態度をとっている残念な子。

カミが飼育している虫達に殺虫剤を噴射し、虫達が巨大化してしまうことになる。

中盤、虫の分泌した特殊な液が身体に付着、全身が徐々に爛れ、心も虫に支配され、子孫を残す為の宿主にされてしまう。



-ミッチ-

金髪ロン毛ガタイにーちゃん。


ジョシーの彼氏。アメフト部。乳首ピアス。



-フミ-

黒髪おさげアジアねーちゃん。


留学生。カンフー(的な)娘。

基本的に自室で筋トレか、両手に釵を持って振り回している。



-ジェニー-

金髪長髪ねーちゃん。


ソフィの彼女。

大体いつも二人一緒にいて乳繰り合っている。



-トゥイスティ-

黒髪長髪ねーちゃん。


基本的に寮の外のジャグジーに入りっぱなし。



-ディック-

モジャ頭短身にーちゃん。


トゥイスティの彼氏。

全裸でピザの配達車に忍び込んでピザを盗み食う手クセの悪い子。



-ベリー-

黒髪長髪ねーちゃん。


胸にタトゥー。乳首ピアス。部屋の装飾が妙。



-カイル-

黒髪短髪にーちゃん。


ベリーの彼氏。役者らしい。



-チェリー-

ちぢれブロンドねーちゃん。


シャワーを浴びているところを巨大蠍に襲われて死亡。最初の犠牲者。

身体のほとんどを喰われ、また場所が浴槽ゆえに血や遺体が水で流されてしまったため、彼女の死を誰も気付くことがなかった。



《総評》
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。