上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
20140825194559e36.jpg
グッモーニンチャーリー♪(Σ違う)






PCページのプロフィール写真を変えてみましたよ(・ω・)。


…写真変えるって宣言して2ヶ月以上経ってますけども( ̄▽ ̄;)。何を今更な感がハンパないですけども。

おまけに、画像が変わったからと言って特になんも無いんですけどもね。


ま、部屋の模様替えみたいなモンでね。それにこーやって銃の画像をたまには差し替えてないと、ざわがガンマニアっていうキャラ設定が忘れられそうなので。


んで今回の写真は、前に言ってた「タナカ製スタームルガー・スーパーレッドホーク5.5インチカスタム」、それと「マルイ製シグP226カスタム陸上自衛隊仕様9mm拳銃2型」、あと後ろの方にあるのは「M9多用途銃剣」ですね。ハイ。

知らない方にはちんぷんかんぷんですね。すいませんねm(。_。)m。

いや。もっとワルサーとかAKとか万人ウケ(←そうか?)するヤツも一応あるんですがね。

鑑賞する映画といっしょで、嗜好が偏ってるのがざわぞんスタイルですから。


……ん?嗜好というより、性格そのものが偏ってますか?(゜-゜)わかってますとも。ええ。



発売元-ティーエムシー

監督-服部光則

制作-山本利雄

脚本-古怒田健志

原作-鬼窪浩久『女豹』(実業之日本社刊『週刊漫画サンデー』より)

2010年/日本映画

購入価格-780円(中古)



《ストーリー》

ファッションモデルとして働くひかりには、依頼を受けて標的を消す殺し屋という、もうひとつの顔がある。

何故、若くして彼女が殺し屋となったのか。それは、子供の頃に殺された、極道の組長だった父と母の仇を討つためだった。

仇の情報を得る為に依頼を受け、そしていずれ来る復讐の日に備え、腕を磨く。その強い思いを胸に、単身凶悪な極道組織と戦い続けているのだ。


しかし、彼女は「単身」ではあるが「一人」ではない。

両親を失った影響か、復讐のために現れたのか、ひかりは自分の中に姿すら変貌する別人格を内包していた。

常人離れした身体能力を持つ戦闘機械「セカンド」。

他の人格の殺しを贖罪する純粋無垢な「サード」。


1つの肉体に3つの心を持つ殺し屋が、今日も極道を血祭りに上げる。



《登場人物紹介》

-藤見ひかり(ファースト)-

主人公。岩佐真悠子。


普段はモデルだが、その本業は依頼を受けて標的を始末する殺し屋。

殺しの仕事は全て、過去に殺された両親の復讐を遂げる為の足掛かりであり、基本的には極道しか相手にしない。

過去の出来事により人格が分裂してしまっており、状況に応じて別人格を呼び出し戦う。

武器はシルバーのコルトマークIV二丁拳銃。



-藤見ひかり(セカンド)-

ひかりの2つ目の人格。高野モニカ。


ファーストとは互いに意志疎通が可能で、戦闘時に状況に応じてスイッチする人格。性格も口調も好戦的。

接近戦において部類の強さを誇るが、その驚異的な身体能力に本来のひかりの肉体がついていけず、100%の実力は発揮出来ない。


武器は日本刀。



-藤見ひかり(サード)-

ひかりの3つ目の人格。折井あゆみ。


他の2つの人格とは違って戦闘力は全く無く、また、ファーストやセカンドとの意志疎通が出来ておらず無関係に表に出てきてしまい、そのせいで窮地に陥ることも少なくない。

セカンドとは対称的に虫も殺せぬほどの大人しい性格で、殺人を仕事にするファーストとセカンドを恨み、教会で贖罪したりする。

ひかりの心の中の「罪の意識」といえる存在。



-韮崎誠-

ひかりの世話人。村野武範。


かつてひかりの父親の片腕だった殺し屋。

両親亡き後もひかりの面倒を見続けてきた親代わりとも言える存在であり、かつ復讐を誓う彼女の意志を汲み、自身の持つ戦いの技術をすべて叩き込み鍛え上げた師匠でもある。

現在は街角で花屋を営んでいるが、裏では殺しの依頼を受けてはひかりに「仕事」を斡旋し、変わらず彼女をサポートし続けている。



-仮面の男-

アイマスクで素顔を隠した謎の男。


ひかりの受けた仕事の現場に一足先に現れて標的を全滅させ、ひかりを待ち構えていた。

日本刀を振るい、対象を斬殺することに快感を覚える快楽殺人者で、セカンドと互角以上に渡り合う実力も併せ持つ危険な相手。



-オサム-

ひかりの兄。


定職無し、計画性無し、万年金欠のダメ人間。

金も無いのに思い立ったようにクルーザーを買ったり、妹の仕事現場まで出向いて小遣いをせびったり、借金を妹に押し付けたりするホントどうしようもないヒト。



-久我孝太郎-

依頼人。越中睦。


ひかりと同じく極道に親を殺された過去を持つカタギの男性。

そのルックスと誠実な言動からひかりは好印象を持ち、トラブルに見舞われたまたま出会ったサードが惚れるほどの男前だが、オサムは「なんかイイ男すぎて怪しい」とひかりに警告する。



-小泉小夜子-

オサムの新しい彼女。川村りか。


オサムは結婚する気でいるが、その実ひかりが敵対している組の中に居たり、裏で色々暗躍していたりと謎の多い女性。

なんでダメ兄貴の彼女に収まっているのかは不明。っていうか正体も最後までよくわからなかったりする。



《総評》
スポンサーサイト
|08/25| ドンパチコメント(4)TB(0)
2014081800573708f.jpg
トゥーフェイス。




『左利きの人々』なる本を読みました。

帰省の際の新幹線の中で読むために買ったものです。

その内容は、右利きのヒトが大多数の人間社会に暮らす、左利きのヒト達の小さな苦労、時にはちょっと有利なトコロが羅列されているというものです。

「左利きは、食事する時は一番左端の席に座りたいんだぜ!(゜Д゜)」や、

「左利きは、自販機に硬貨を入れんのも一仕事なんだぜ!(゜Д゜)」や、

「左利きは、キュウスがうまく使えないんだぜ!(゜Д゜)」等々、こういったコトが書いてあります。


つまりは、右利きのヒトに左利きの隠れた苦労をわかってもらい、左利きのヒトは「オレ達、大変だよな!」と互いのキズを舐め合うための本でございます。


そして、ざわは左利きです。ええそうです。キズを舐め合うために買ったのですよ。フフ。(悲しい人間)


そんな中でざわの目を引いた、一文。


「左利きのヒト自身あまり気付いてはいないが、実は携帯電話やパソコンのキーも、本来右利きに合わせた配置なのだ」



…………(゜-゜)。


な、な、な、なんだっテー!!Σ(゜ロ゜;ノノ(大根)


そうなんですかそうですか。成程。

だから、ざわはスマホが上手く扱えないのか。だから、ざわはいまだにパソコンのキーボードは人差し指で叩くコトしか出来ないのか。

文字を打つ時にやたら押し間違えるのも、画面をスクロールする時に勢い良すぎてギューンと下の方まで行っちゃうのも、そして更新が遅いのも(←違)、全部スマホが右利き用だからなのか!


ざわが不器用なのが悪いんだなぁ…とか落ち込んでたのに。くそぅ…原因は右利きばかりが優遇される日本社会にあったのか!スマホコノヤロー!(難癖)


…ん?(゜-゜)

スマホ使う時は右手ですけど?(オイ)



発売元-GPミュージアム

監督-松村克弥

製作総指揮-古屋文明、中島仁

製作-小松賢志、岩崎統

脚本-松村克弥、ラッシャー池田

原作-唯川恵『きれい』(集英社短編集『めまい』より)

2004年/日本映画

購入価格-780円(中古)



《ストーリー》

美容形成外科「YOKOクリニック」。

医師1人、看護師2人だけという小さなクリニックだが、経営者でもある医師・庸子の天才的な技術のお陰で、美しさを求める客は後を絶たず、半年先まで予約が殺到するほどの大盛況ぶりであった。


そんなクリニックが診療時間を終えたある日、残っていた庸子に一人の女性が訪ねてくる。

吉江と名乗るその女性は、醜い自分の容姿を美しく変えて欲しいと庸子に頼みに来たのだった。

しかも、自らの姿を誰かに見られることすら恐れる吉江は、300万円もの大金を前金として渡し、庸子に勤務時間外の手術を懇願する。

助手の不在の状態で手術することになるため庸子は渋るが、通常の手術料を凌ぐ破格の報酬と、吉江の並々ならぬ気迫に負け、その申し出を受けることに。


後日、当事者以外に誰も居なくなったクリニックで、吉江の手術が行われ、庸子は独力ながら目と鼻の整形を無事終える。

しかしそれだけでは満足のいかない吉江は、さらに大金を提示し、今度は胴周りの脂肪吸引を依頼してくるのだった。

それからも手術を終える度、狂ったように次々と新たな整形を要求してくる吉江に、庸子は徐々に恐れを抱くようになる。

遂には、既に手を加えた箇所に不満があるからと、再度のやり直しまで求め出してくる始末。

耐えられなくなった庸子は、「これ以上は引き受けられない」と、とうとう断ってしまう。


だが、話はそれで終わらなかった。

吉江の「美」に対する異常なまでの執念、美しい女性に対する羨望、嫉妬、憎悪は、もはや常人には理解できない行動へと彼女を駆り立てていく…。



《登場人物紹介》

-野口 庸子-

整形外科医。岡元夕紀子。


20代の若さにして自らのクリニックを経営している天才整形外科医。

一応医者ではあるがそういった志はあまり無く、外科医として腕をふるっているのはあくまでも金儲けの為。

また腕に自信があるがゆえに、「どんな醜い女性でも自分にかかれば美しく作り替えられる」という少々傲慢な考え方を持っている。

ちなみに周囲が羨む美人だが、自分自身も整形しているワケではない。



-河野 吉江-

患者。黒沢あすか。


自らの容姿に病的なまでのコンプレックスを持つ女性。

診療時間外に現れ、法外な大金(出所不明)を提示し庸子に時間外の非公式な手術を依頼する。

一般基準で言うところの美人ではないものの、そこまで醜悪な顔というワケでもなく、どちらかと言うとその自意識からくる陰湿な雰囲気と歪んだ考え方になってしまっている女性。

あまりに卑屈で病的な性格ゆえに一度二度の手術では「美しくなった」という自覚を持てず、幾度と無く庸子に手術を頼みにやって来る。



-野村-

庸子の恋人。


大病院の跡取り息子で、庸子がその病院の外科医であった頃からの付き合い。

庸子が仕事の相談が出来る数少ない相手で、一時地方に出張することになり離れ離れになってしまうが、メールはやり取りしている。


-マリ-

クリニックの看護師その1。


庸子の手によって目をいじっているらしい。

庸子が自身の美容のためにクリニックに置いている高級天然水を無断でこっそり使っている。

それが仇となり、吉江によって天然水が硫酸とすり替えられていたことに気付かず使用してしまい、顔面が崩壊してしまう。



-ヒトミ-

クリニックの看護師その2。


彼女も庸子の手によって目をいじっており、同じような出来栄えからマスクをしているとマリと間違われることが多い。

硫酸事件が起きて間もなく、自分も巻き込まれては堪らないからとクリニックを退職する。

礼儀というものがあまり無く、人をナメた性格をしている。



《総評》
20140807231704a44.jpg
実際には切断しませんが、何か?(詐欺)






またしても邦画なのです。

というか、次回のレビュー予定の作品も邦画です。

休日にDVD漁りの旅に出掛けたのですが、方々のお店に出向いて「コレだ!」とチョイスした作品が、家に帰って改めて確認すると、なんと狙ってもないのに6作品中5作品が邦画だったのです(゜ロ゜;。


コレはちょっとスゴイです。ざわの眼力が選び抜いた芳ばし作品が、並み居る海外産を押し退けて軒並み国産だったんですから。

そもそも、日本という国は、食品然り工業製品然り、作る物の品質の高さがウリです。

そして遂には、これまではほぼ米国産の独壇場であったB級映画の領域にまで、日本製品が進出してきたワケですよ…日本らしい、極めて品質の高い作品を引っさげて…!

凄いぞ、日本!ビバ、日本!違う意味でな!!(゜ロ゜)(そうだね)


ま、当方はこれまで邦画のレビューが全体的に少な目だったし、たまにゃあこういう特集みたいなのもアリですな。流れ、的な?(゜-゜)(言いたいだけ)



発売元-C.V.C、カムテック

監督・脚本-山田 誠二

制作-山田 進也

語り・効果・音響-京極 夏彦

2003年/日本映画

購入価格-980円(中古)



《ストーリー》

1960年代の、京都。

ある日、公園にいたカップルが何者かに襲撃され、男は首をはねられ殺害、女は連れ去られてしまう事件が発生する。

刑事の加寿子は直ちに捜査に乗り出すが、犯人の目星も拐われた女性の足取りも一向に掴めず、また再び同様の事件が発生してしまう。

さらには、加寿子の妹の萌子までが失踪。妹の身を案じる加寿子は捜査に集中できない。


後日、萌子が発見される。見付かった場所は、上海の見世物屋だった。

病院で妹と面会した加寿子は絶句する。


手も、足も無い。

あるのは、水槽に培養された心臓、肺、多少の内臓、そして、異形に歪んだ首から上だけだった。

そこで見たのは、もはや人間の形をしておらず、うわ言のように自らの名前を繰り返す妹の姿だった。


萌子を懸命に看護する加寿子だったが、萌子は日に日に衰弱してゆく。

だが今わの際、萌子は自我を取り戻した。

萌子は、「田宮博士」という男が自らをこのような姿にしたことを加寿子に告げ、そして最後に、「田宮が憎い、恨みを晴らして」と言い遺し、萌子はこと切れてしまう。


萌子の話した「田宮博士」とは、世界的な外科医として確固たる地位を築いている田宮のことであった。

田宮は、人目を避けた森の奥に建つ一軒家を根城にしている。

加寿子は拳銃を手に復讐へと向かうが、田宮が作り上げた改造人間達が彼女を待ち受けていた…。



《登場人物紹介》

-笹井 加寿子-

主人公。女刑事。才谷ゆきこ。


部下に憧れられるほどの腕利き刑事。

過去の事故で両親を失っており、唯一の肉親である妹・萌子をとても大事にしているが、巷の猟奇殺人事件を捜査中、萌子までがその事件に巻き込まれて死亡してしまう。

敏腕刑事なので、射撃、格闘、剣術、なんでも優れる。



-笹井 萌子-

加寿子の妹。おさげ女子高生。


加寿子が常に気にかけている最愛の妹で、両親を失って以来心を閉ざしてしまっている。

両親との思い出の場所である森にハイキングに出掛けて怪力男に捕まってしまい、田宮に残酷な実験の材料にされてしまう。

散々実験台として扱われた挙げ句、上海の見世物屋に売り飛ばされていたところを発見されるが、既に人間と呼べぬほどの姿に変わり果ててしまっていた。

コロッケを乗っけた白飯が好物。



-婦警トリオ-

おさげだったりロングヘアーだったりのおねーちゃん′s。


加寿子の部下で、彼女に憧れる3人組。

曲がりなりにも警察官で拳銃を常時携帯していながら、包丁を振り回す通り魔に手も足も出ずアタフタ逃げ惑う鈍臭い娘達。

失踪してしまった萌子を捜して森に入るのだが…。



-田宮-

博士。


警察にも顔が利くほどの世界的な外科医。

しかしその本性は、罪も咎も無い女性に非人道的な実験を繰り返し、徹底的に苦痛と恐怖を与える、支配欲と肉体損壊欲にまみれた狂気のサディスト。

森の外れにある一軒家に住み、自身が実験によって生み出した改造人間を使役して、町から女性を拐っては実験を繰り返して暮らしている。



-怪力男(名称不明)-

田宮の下僕その1。顔に沢山シールを貼ったにーちゃん。


歩く度にロボットみたいにガシャガシャ鳴る。

言葉を話せず動きもぎこちないが、人体を容易く捻り潰す怪力を持つ。



-巨乳メイド(名称不明)-

田宮の下僕その2。青いメイド服。夢野まりあ。


元は普通の一般市民だったが、彼氏(多分)とちちくり合ってる時に怪力男に拐われ、田宮によって実験台にされて一度殺害され、忠実な下僕として復活する。

身体能力が上がったりしているワケではないが、何故か乳首から針を撃ち出すことができる。



-女忍者(名称不明)-

田宮の下僕その3。赤いくの一コスプレをしたおねーさん。


この人も元は普通の一般市民。

強姦魔にレイプされそうになっていたところを怪力男に拐われ、実験台にされてしまう。

実験後は身体能力が向上し、日本刀や分銅鎖を使って戦う。



-剣客ジジイ(名称不明)-

田宮の下僕その4。盲目で三度笠という座頭市風のオヤヂ。


田宮の初期の「作品」にして、秘蔵の「最高傑作」。

盲目でありながら仕込み刀を自在に操り、他の実験体とは一線を画す戦闘力を持つ。



-黒子木偶(名称不明)-

田宮の下僕その5。沢山の黒ずくめ忍者。


実験の失敗作(多分)であり、大して優れた面の無い雑魚達。

田宮のテリトリーに侵入した人間を排除する尖兵としての役割や、新しい実験体の戦闘力を試す練習台に使われている。



《総評》
201408030225332ed.jpg
サバーイヴ……カップヌードl(Σ言う思たわ)






会社が夏休みに入ったので帰省しとりました。


いやぁ、それにしても実家に帰るたび、いっつも思いますね。あんまり長居したくないわ( ̄▽ ̄;)。(コラ)

なんなんでしょうね?なんで帰る度に「はよ彼女の一人でもつくれ」って言われにゃならんのですかね?


大体からしてですね、ざわが彼女できない、っちゅーか女性に対して恐れがあるのはほぼ全部アンタらの所為ですからね。ホント、幼稚園児の頃から散々散々……(重いよ)

ソレを棚に上げて「はよ結婚せい」だの「まだ彼女も出来んのか」だの言いおって(-″- ;)。


「同級生の◯◯君結婚したで?」

「◯◯君の父親の◯◯さん、まだ40代やのにおじいちゃんやて。」

「そんな話、ウチには縁無いなぁ~」



…ヤダこの家。



で。(待て)


最近の更新速度が牛車並みの当ブログ、いつの間にか来客数が30000人になりますた。

このうち、ここ一ヶ月ほどの間足しげく来訪して頂いた皆様。度重なる無駄足、まっこと申し訳ございません。m(_ _)m

そして飽きもせず毎度のように来てくれる皆様。いまだ見捨てないでくれていてありがとうございます。m(_ _)m


さて、この30000hitを記念いたしまして、今回のレビューは特別企画ではありません。(゜-゜)


いやー…、そんな頻繁にやるモンでもないな、と。

なんか、5回に1回ぐらいやってるぢゃないですか。ソレって特別でもなんでもないですよね。

ざわ自身、そんなに企画ネタがあるワケでなし。


祭りは、たまにやるから祭りなんです。だから楽しいんです。ウン、良いこと言った(陳腐)。


なワケで今回のトコロは普通のレビューなんですが、作品がちょっと変わってて、2本立てのオムニーバスな仕様になっちょります。

一話一話がシンプルかつ短いので、レビューの方法がいつもと異なります。


そう。つまり、軽く特別企画なのだ!(偶然)




販売元-フルメディア

監督-元木 隆史、本田 隆一

助監督-田野 慶太

製作-永森 裕二、松井 健始

2006年/日本映画

購入価格-380円(中古)



第1話『Hunger』


《ネタバレなストーリー、と、それに沿ってのつぶやき》



若い女性が人里離れた山奥に赴き、首を吊ろうとしています。

ちなみに自殺しようとしている理由は、彼氏が電話に出てくれないから。ただそれだけです。

別に浮気とかが発覚したワケでなし。別れ話をされたワケでなし。単に忙しくて電話に出れないだけ。

早とちりにもほどがあんだろ(゜ロ゜) 。


で、そんな彼女は最初、山中(というか原っぱ)の樹にロープを引っ掛けて首を吊ろうとしますが、観ててもどかしくなるほどブキッチョなので、全然準備が整いません。

仕方なく山奥まで歩を進め、山小屋を発見。そこで自殺を図ることにします。


しかし、持ち前のブキッチョがここでもいかんなく発揮され、首を吊る筈がなんか失敗して右手首を吊ってしまいます。


ここからがさぁ大変。

右手は拘束され、爪先立ちになってしまった女性。

いくら頑張っても右手は外れず、密閉された山小屋でたまたま付けっぱなしになっていた電気ストーブがフル稼働。

手首痛い。爪先しんどい。暑い。


あまりの暑さから、服を脱ぎ下着姿になる女性。鑑賞意欲がそそられますが、その画ヅラはかなり滑稽です。

すると、離れた位置に置いていた携帯が鳴り出します。彼氏からです。

手や足を伸ばしても届きません。そこで女性は、ブラを外して投げ縄よろしく携帯に引っ掛けて取ろうとします。

届きそうで届かない、そうこうするうちに電話が切れちゃいます。


諦めます。


頑張れば届きそうなモンなのに、電話が切れたコトで心が折れてしまったようです。彼氏はともかく、電話を手に入れれば助かる気がしますが。


次に女性が目を着けたのは、近くに置いてある木箱です。


ははぁん…(゜-゜)。アレを踏み台にして手首から縄を外すワケか……と思ってたら、木箱そっちのけで中に入ってたボロボロのカッターナイフを手に取ります。

縄を切ろうとしますが、当然刃はサビサビ。全ッ然切れません。木箱を使った方が良い気がします。

いくらやっても縄は切れず、次第に半泣きになる女性。遂には半狂乱に。木箱を使った方が良い気がします。


その時、小屋の外に人影が。

小屋を利用している農夫のようです。女性は半裸なのも構わずHELPを連呼。

農夫、立ちションして去ります。


もう、精も根も尽き果てた女性。力尽き、宙ぶらりんのまま寝てしまいます。木箱も使った方が良い気がします。



翌朝。


縄が突然切れます。

錆びたカッターナイフによる根性の斬撃により入った僅かな切れ込みが、女性の体重がかかることで耐えられなくなったご様子。

目が覚めた女性。一瞬何が起きたのかわからず呆けています。呆然なのはコッチです。


服を着、小屋を後にする女性。

すると、今になって彼氏から電話。


「ゴメンゴメ~ン♪手が離せなくってさぁ~♪なんかあった?」


携帯、遠投。


女性、なんとも晴れやかな表情。


…なんでだ(゜-゜)。



(第1話完)



第2話『潜伏-Hidden-』
|08/03| スリラーコメント(4)TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。