上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
201407242124558ff.jpg
…ゴルゴs(自主規制)






しばし更新を止めておりました。最近こんなんばっかしですね。すいませんね(。_。)。

こんなに間が空いたのは初めてです。「そろそろハゲのあいつが更新してるかなぁ~」と足繁く訪問頂いた皆様、なんの前触れもなくパタリとお休みしてしまい申し訳ありませんでした(/_;)。


勿論、この休筆には理由がありました。というか現在進行形であります。レビューが手付かずになるほど悩む相応の事情が。


んでこの事情ってのが、第三者には大いに盛り上がれるネタだったりするんですが、公の場で大っぴらに書けない内容なんですよ。

ケツから大量出血とかを嬉しそうに前説に書いてるざわが書けないワケですから、余程の危険ネタであることは解っていただけるかと。


とはいえ、です。

ココまで更新を遅らせておきながら、「書くと色々とマズイから」って事情を全く明かさないのもアレですな。


っつーコトで、諸々の事情を考えてクイズ形式にしてみました。(Σどういう理屈だ)

前回更新から今回の更新までの間に、ざわの身に何が起こったのか。

どうして、更新に支障をきたすほど悩んでいたのか。

そして、何故その理由が大っぴらに語れないのか。


全ては以下の問題を解くコトで明らかになります。Let′sチャレンジ!答えあわせはやんないけどね!(意味あんのかソレ?)



問. 下記の文章の[ ]内のa~gに適当な語句を記入しなさい。



その日、ざわぞんが行きつけの居酒屋を訪れると、同じく店の常連の一人であり、日頃から懇意頂いているAさん(仮名)がいた。

酒をくみ交わして数時間、別の店へハシゴすることに。…事件はその店で起こった。


Aさんに[ a ]のだ。ちなみにざわぞん自身は[ b ]だったりする。

しかし、Aさんは[ c ]であり、さらには[ d ]まで。加えてざわぞんは[ e ]も[ d ]も知っているのだ。

いかに一般常識に疎かろうが、それが何を意味するかは解っていた。


[ b ]が[ d ]のいる[ c ]というのは、第三者からすれば耳がダンボになることこの上無い興味津々なハナシであるが、いざ当事者となるとエライコトである。

この後、ざわぞんは一体どうすべきなのであろうか。

[ f ]?いやいや、それは出来ない。[ e ]や[ d ]をどうするというのだ。

だからと言って、おいそれと[ g ]というワケにもいかない。今後に差し支えることは明白である。

なんとか、円滑に[ g ]方法は無いものであろうか…。



…解答は裏面に記載。(Σ裏って)



発売元-アット・エンタテインメント

監督-アレックス・デ・ラ・イグレシア

2000年/スペイン映画

原題:『COMMON WEALTH』

購入価格-500円(中古)



《ストーリー》

不動産会社に勤め、物件を客に紹介し契約まで持っていくのが仕事のフリア。

そんな彼女の担当物件のひとつに、マドリードの一等地に建つ高級アパート。

最上階まで螺旋状の階段がぐるりと囲む吹き抜け構造のそのアパートは、駅や商店からも近く利便は抜群、部屋数と広さも申し分なく、家具は全て備え付けで完璧。…ただ、値段もべらぼうに高い物件だった。


買い手がつく兆しが一向に見えない高級物件。フリアは、ちょっとした悪巧みを思い付いた。

担当者である自分がカギを持っているのを良いことに、家具からなにから完備のその部屋を、ホテルのスイートルームがわりに使ってやろうと考えたのだ。

細々とした日々の暮らしに嫌気がさしていたフリアは、夜だけその部屋に泊まることにした。


だが、その部屋の寝室の天井から、水やゴキブリが降ってきてから状況は変わる。

フリア達の部屋の上の階の部屋から大量に水漏れしていたのだ。

アパートの他の住人達は、その最上階の部屋は高齢の老人が一人で住んでいるのだと言う。

消防へ連絡して最上階の部屋をこじ開けてもらい、消防隊に続いて部屋に踏み込むフリア。内部はゴミに埋もれ、明かりは点いておらず、水浸しだった。


奥の一室で、腐敗し、激しく損壊していた老人の遺体が見つかった。

孤独のまま衰弱死し、その遺体は猫や鼠によって食べられたらしい。

フリアは、傍らに落ちていた老人の財布を拾う。だが何を思ったか、消防に提出することなく持ち帰るのだった。


財布の中身をあらためていると、紙幣や写真に紛れて、奇妙な図柄の描いてある一枚の紙片を見付けた。

ちょうどかかっていたTV番組を観て、フリアは閃いた。

何故、老人は誰とも接触せず、自室に閉じ籠ったまま生涯を終えたのか。


真夜中、老人の部屋に忍び込んだフリアは、床下からいくつものポリ袋を見付け、自室へ持ち帰った。

袋の中身は、途方もなく大量の紙幣。

老人はかつてスポーツくじに当選し、その巨額の賞金3億ペセタを自室に隠していたのだ。


人生がガラリと変わる大金を手にしたフリアは大いに喜ぶ。

しかし出所が出所である。このことは誰にも知られてはならない。

どうやって誰にも知られず、この金を我が物にするか、フリアは考えを巡らせる。


…だが、フリアは一昨日前に偶然アパートにやって来て、偶然に老人の遺体に遭遇し、偶然に金を手にしたに過ぎない。

彼女がやって来る何年も前から、既にその金は目をつけられていた。死んだ老人を除く、アパートの住人13人全員に……。

彼らは、老人が死ぬのをずっと待っていたのだ。その後に金を奪い取り、皆で山分けするために。


飛び入りで現れたフリアが金を手にしたことを察知した住人達は、「自分達の」金を渡してなるものかと、愛想を顔に張り付けたまま、静かに、それでいて執拗に彼女を包囲してゆく…。



《登場人物紹介》

-フリア-

主人公。ブロンド熟女。


不動産のセールスウーマン。

担当しているマドリッドのアパートを気に入り、カギを持っているのを良いことに不動産屋に内緒で住み始め、偶然にも3億ペセタという大金を手に入れることとなる。

以前から金を狙っていたアパートの住人をかわし、あの手この手でアパートから金を持ち逃げしようと奮闘する。


孤独死した老人の金を奪おうとするアパートの住人も住人だが、彼女自身も人様の金を平然と持ち逃げしようとするあたり、相応に身勝手な性格。



-リカルド-

フリアの旦那。ハゲヒゲ太っちょおやぢ。


4年前リストラに遭い、現在はディスコのドアボーイとして細々と働いている。

自分の冴えない人生を卑下しており、いつもマイナス思考。

フリアが3億ペセタを手に入れたその日、それまでの不満が爆発し、金のことを知らぬまま口論の末部屋を出ていってしまう。



-エミリオ-

アパートの管理人。ハゲおやぢ。


住人達をまとめあげて、最上階に住む老人から3億ペセタを奪い取ろうと最初に立案した人物。

フリアが老人の部屋から金を運び出した日は運悪く外泊しており不在だったが、翌日からは住人に指示を与えてフリアをアパート内に閉じ込め、金を狙う。



-ラモナ-

住人。ババア。


恐らくはアパートの住人の中でも(死んだ老人を除いて)最高齢でありながら、金に対する執着心が非常に強く、穏健派の多い住人の中でも好戦的な部類に入るごうつくババア。



-カストロ-

住人。ハゲメガネ太っちょジジイ。


これまた血の気の多い性格をしており、ことあるごとにフリアを殺すよう提案(というか悪態)している。

元折れ水平二連散弾銃を所持。



-オズワルド-

住人。ガタイのいいロン毛オールバックおっさん。


大人の男の色気が漂うハンサム中年。

落ち着いた雰囲気でいて情熱的でもあり容易くフリアを魅了するが、当然のように他の住人とグルであり、その本性は暴力的。



-チャルリ-

住人。小太りハゲなオタクにーちゃん。


いつもダースベイダーのコスプレを纏っている変人。

フリアが(無断で)住んでいる部屋の向かい斜め上の部屋に住んでおり、窓からフリアの入浴を覗いてセンズリこいたりする残念な子。

母親と同居しており、そのヘタレ生活を呆れられている。



-その他の住人-

アパートに住む他の人々。


子供を除けば皆中年以上。

全員が管理人エミリオの提案に合意しており、一致団結してあらゆる手段でフリアを(というか金を)アパートから外へ出さぬよう包囲する。

基本的に個々での行動力は皆無で、まとまっていないと何もできない。



-老人-

アパートの最上階に住んでいた老人。


20年前にスポーツくじに当選して3億ペセタという大金を手にするが、以来誰とも関わりを持つことなく自室に引き籠っていた。

玄関は鉄格子をはめ込んで強化しており、徹底的に大金を守っていたようだが、結局部屋に閉じ籠ったままフリアがアパートに住み始めた時点で既に孤独死していた。


この病的なまでの行動は、彼の存命時点からアパートの他の住人は3億ペセタを奪い取ろうと画策し、彼をアパートから出さないようにしていた為であり、実質的には住人達によって死に追いやられたようである。



《総評》
スポンサーサイト
|07/24| 犯罪コメント(4)TB(0)
20140706145310afc.jpg
燃え尽きてもうたねん…(なんで関西弁)。






いやー、ハッハッハ。


…何故かね?( ̄▽ ̄;)(聞くなよ)

何故、ざわの身の回りでは電子機器がこうもトラブるんですかね?

前回はフリーズでしたが、今回は充電が出来なくなってしまいました。

なんかもうここまでくると、ざわ自身の身体から妙な電磁波とか出てるような気がしますよ(人間か?)。


で、なんですがね。

後日てるゆきすたむる君に呟いたところ、


すた:「あぁ~。一回、電源切ってみたら?直るかもヨ?」

ざわ:「……(゜-゜)」

帰宅後、電源を落として充電器に繋いでみます。


…フツーに充電したー…(゜ロ゜;。


わざわざ「更新遅れます」記事をアップしたといふのに。なんだこのザマは。

電源切ったら直るって…電子機器はどこまでざわをコケにすれば気が済むんですか?(;_;)(無知なのが悪い)


まぁともあれ、ちょいと遅れて更新再開でございます。

礼を言うべきはすた君ですな。彼は電子機器とかの対応に詳しく、その辺では(Σコラ)頼りになります。単にざわが疎いだけではありませんよ。


お礼に今度、吉牛の並でもご馳走してあげよう(安価)。



発売元-トランスフォーマー

監督-ロバート・カーツマン

脚本-アート・モンテラステリ

製作-デボラ・デル・プレト、ジジ・プリッツカー

2007年/アメリカ映画

原題:『BURIED ALIVE』

購入価格-500円(中古)



《ストーリー》

大学生のゼインと従兄弟のルネは、自分達遊び仲間で結成した「オメガシティクラブ」に新しい会員を招く。

クラブの会員になるには一種の度胸試しのような通過儀礼があり、二人は新メンバーをテストするため、郊外のある屋敷に滞在することにした。

その屋敷は二人の一族が所有する別荘のようなもので、過去に忌まわしい惨劇が起き、一族の黄金が眠ると言われるいわくつきの屋敷だった。

新メンバーや気の知れた仲間を連れて屋敷を訪れたゼイン達は、入会テストもそこそこに酒やドラッグを楽しむ。


もちろん彼らは、この屋敷にいわくがあることは十分に承知していた。

だが、その忌まわしい過去の出来事が怨念となって土地に根付いていること、そしてその怨念の矛先が、一族の末裔である彼らに向けられていることには気付いていなかった…。



《登場人物紹介》

-ゼイン-

垂れ目にーちゃん。


金持ち一族のドラ息子。

今回のクラブ入会儀式の場所を自分の一族が所有する屋敷にし、ついでに屋敷に隠されている黄金を見つけてやろうと考える。

同年代の仲間に比べてどこか飄々とした独特の雰囲気があり、いつもヘラついている不思議な子。

女好きで手が早いが同時に女性には優しく、いざトラブルとなると皆を率先する行動力もあったりする。

表には出さないが幻覚に悩まされており、薬を服用している。

現在、大学停学中。



-ルネ-

ゼインの従兄弟。黒髪細目ねーちゃん。


クラブを取り仕切っており、ゼインや仲間をパシったり、新参の入会の儀式を決めたりパシったりと、ひたすらヒトに指図しパシる女王様気取りの残念な子。

ゼインとは従兄弟以上とも思える際どい関係のようで、口ではお姉さんのように振る舞っているが、彼が他の女の子と仲良くしたりすると嫉妬し、あからさまに相手の女の子を目の敵にする。



-ダニー-

ルネの彼氏。金髪にーちゃん。


ゼインとルネの奇妙な関係上、恋人の立場なのに半分都合のいいセフレ扱いの可哀想な子。

見るからにオタクっぽいフィルを馬鹿にしたり、ギャル達に鼻の下を伸ばしたりと、メンバー内では一番人間の程度が低い。

蛇が苦手。



-ローラ-

クラブの新メンバーその1。黒髪ねーちゃん。


入会の儀式という名目でルネに犬のコスプレを着せられてパシられている。

呪いやまじないを信じており、身体の各所に魔除けのタトゥーが入れている。



-フィル-

ゼインの大学の友人。のび太。


外見は絵に描いたようなのび太だが、PCによる情報収集に長ける。

ゼインの頼みで彼の一族にまつわる過去を調べあげ、屋敷に隠されているといわれる黄金を探すゼインに同行して屋敷にやって来る。

女性慣れはあまりしていないが、童貞ではない(らしい)。



-ジュリー-

クラブの新メンバーその2。金髪巨乳ねーちゃん。


入会の儀式という名目でルネに牛のコスプレを着せられてパシられている。

ちょっとオツムは足りていないが可愛げがあり、ゼインと少し親密になるが、それゆえルネに目の敵にされてしまう。

お色気要員。



-レスター-

屋敷の管理人。トビン・ベル。


屋敷近くの森小屋に住んでいる男。

ゼインやルネとは昔からの顔見知りだが、その言動は猟奇的で粗暴であり、全く信頼されていない。

反面ハンターとしては腕利きなようで、彼の住む小屋の周囲には夥しい獣の剥製が飾られている。

ゼインの一家に雇われている身でありながらゼインや彼の友達を若造と見下し、夜中に突然やって来ては冗談で斧をブン投げたり、怪物のマスクを被って脅かしてくる困ったヒト。

屋敷の地下に黄金が埋められていると信じており、夜な夜な屋敷に忍び込んでは床下を掘り返している。



《総評》
今日、更新しようと思っていたのですが。


なんか、スマホが急死しました(゜ロ゜;。

なんなんですかね?電子機器はざわに恨みでもあんですかね?(扱いが荒いんだよ)


とりあえず現在、以前使っていた携帯電話からお送りしておりまする。

だいぶ出来上がった記事があるにはあるんですが、いかんせんこの携帯だと文字数の限度の都合上、続きが書けない状態であります。


週末には中古屋で別の機体を購入する予定でおりますので、次回更新までもうしばしお待ち下されませm(。_。)m。
|07/03| 雑記コメント(5)TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。