上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
201312242040495aa.jpg
エンヤ婆のスタンd(禁句)





里帰りの準備中です。

今日はクリスマスイヴ?ハッ!年明け1週間前としか捉えてないわい。(言い訳)


…ま、とにかくサ(悲)。

出張で遠く離れた地で暮らすざわは、実家に帰るにあたり、なにかしらご当地のお土産を買うのが習慣になっております。

例えば、横浜にいた頃はシューマイとかを買って帰ったりしてましたね。横浜と言やシューマイですよ!(゜д゜)(何の宣伝だよ)

で、やはり全く違う土地に滞在してますから、実家近隣では中々御目にかかれない珍品を買って帰るのが王道かと思うのですが。


福島県と言やぁ、アレですかね…。

喜多方ラーメン。(現物持ち帰り不可)

野馬。(祭り)

八重たん。(Σ可愛いけどよ)


いやぁ、迷いましたね┐('~`;)┌。(嘘臭)

とりあえず、親父にはご当地限定の酒、オカンにはご当地限定と見せかけて大体ドコでも見掛けるスイーツを買ってみました。あの二人には鉄板ですから。(オイ)


…いやぁ、こういうお土産、あと何回買うことになるのかしら( ̄▽ ̄;)。



発売元-ページ・ワン

監督-イアン・マクルデン

脚本-ティモシー・トーリ

制作-ジェセフ・チェ

2005年/アメリカ映画

原題:『TRESPASSERS』

購入価格-498円(新品)



《ストーリー》

サーフィンが趣味のコリンは、兄タイラーから最高の波が来るビーチがあるという、メキシコのプント・アブリオボスの話を聞かされる。

先立ってそこに滞在しているタイラー一行と合流すべく、コリンは友人達を誘って車でメキシコへ小旅行へ出掛けることにした。


長旅の末に辿り着いたプント・アブリオボスの岬は、タイラーの話通り、照りつける太陽と素晴らしいビーチ、そして最高の波に恵まれた楽園であった。

だが、それほどの場所であるにも関わらず、岬は全くの無人。先にいるはずのタイラー達の姿も既に無かった。

当初はこの素晴らしい場所を存分に楽しんでいたコリン達。しかし、友達の1人ハビエルの発見が事態を急変させた。


彼が見つけたのはタイラーの車であった。

しかし車はまるで乗り捨てられたかのように放置され、ドアや窓も開けっ放し、さらにはタイラー達の荷物や財布、車のキーすら置きっぱなしという異様な状態だった。

岬の近くの集落に行っているのだろうか?それにしても財布や鍵まで置いていくものか?

気が気でなくなったコリン達は2手に分かれ、片方は集落に聞き込みへ向かい、片方は岬に残り周辺の探索を行うことにする。


集落を訪れたハビエル達は、地元民から興味深い話を聞く。

あの岬には、かつてとある宗教団体が共同生活していた。

しかし、教祖の裏切りが露呈したことで信者が反旗を翻し、教祖は残酷極まる罰を受けることになる。

凄絶な体験を経て、信者を憎悪した教祖には邪悪な力が宿った。

そして教祖はその力で信者達を狂わせ、「チャカル」と呼ばれる狂暴な悪魔に変えてしまう。

それ以来、地元民にとって岬は呪われた場所であり、あの場所には、いまだ教祖と狂った信者が徘徊し続けているのだという。


同じ頃、岬周辺の探索を続けていたコリン達は、丘の上に廃墟を見付けていた。

何年も前に打ち捨てられた、集落と言うにはあまりにも寂れた場所だった。

だが、そこにタイラー一行のものらしきテントが設営されているのを発見する。

中を覗くコリン。

そこにあったのは、おびただしい血と肉片のこびりついた複数の人骨であった…。



《登場人物紹介》

-コリン-

サーフィンが趣味の大学生。金髪ロン毛にーちゃん。


長らく会ってはいないものの、同じくサーフィンが好きな兄からの連絡でメキシコのプント・アブリオボスに向かう。

建設会社でアルバイトしているが、その会社から正社員に誘われており、大学を中退すべきかどうか悩んでいる。



-ハビエル-

コリンのサーフィン仲間。黒髪にーちゃん。


一見すると陽気に見えるが、実際は真面目でマトモな人物。

サーフィンの他にギターを弾くのも好き。



-アシュリー-

コリンの友人。黒髪ねーちゃん。


コリンに片想いしている。恋愛には真面目。



-ローズ-

アシュリーの親友。茶髪ねーちゃん。


アシュリーとコリンの仲を応援していると見せかけ、実は自分もコリンに気がある。

尻が超軽く、性格も極めて自分本意な残念な子で、それを見抜いたハビエルには嫌われている様子。



-ラッキー-

コリンの友人。低身長にーちゃん。


元々はメキシコ旅行の面子には入っていなかったが、どこから聞き付けたのか飛び入り参加。

絵に描いたようなカメラ小僧で、将来はポルノを撮影する気でおり、女性陣にしつこく迫る残念な子。



-エル・グリンゴ-

何年も昔、プント・アブリオボスに流れ着いた宗教団体の教祖。


カリスマ性はあったが先見性が無かったらしく、プント・アブリオボスの岬で集落を作ったが、潮風にさらされる土地では作物など育つ筈もなく、信者達を飢餓に苦しませることになる。

しかし、しばらくして彼はどこかから食糧を調達し、信者達から救世主として一層崇められるようになる。

だが実は、その食糧の正体は集落で生まれた子供達であり、彼が密かに殺害しては信者達に分け与えていたことが判明。

怒り狂った信者によって、瞼を切り取られ、朝日に向かった状態で首から下を地中に埋められるという凄惨な罰を受けることになるが…。



《総評》
スポンサーサイト
201312170656240a6.jpg
魔女でけぇ!(゜ロ゜;(Σいや待て)





クーリースーマスキャロルがァー♪あーふーれーるー頃にはァー♪(´д`〃)


…いつも通りだよ。悪いか。(悲)

モウ。入る店入る店、クリスマスソングを流さないで下さいよ。世界中からハブられてるみたいで寂しいぢゃないか(正直)。

まぁ…ざわは毎年サイレントナイトですから、慣れてるっちゃ慣れてますけども。


とはいえ、バレンタインとかクリスマスとかって、独り身の人間に対する差別みたいなモンですよねー。

そりゃあ、人間関係ヌクヌクな方々には楽しいイベントでしょうけどね。ざわみたいな人間にとっては迫害以外の何物でもないですからねぇ(思い詰め過ぎ)。

クリスマスツリーなんて、モミの木に電球とかプラスチックとか引っ付けてるだけクリスマスには大して感慨は沸きませんよ。


…まぁ、ミニスカサンタコスのおねーちゃんには別の意味で感慨g(自主規制)



発売元-ジャスティ

監督-アンソニー・C・フェランテ

脚本-ホセ・プレンテス

製作-デヴィット・マイケル・ラット

2012年/アメリカ映画

原題:『HANSEL & GRETEL』

購入価格-498円(新品)



《ストーリー》

アメリカのとある片田舎に住む双子の若い兄妹、ヘンゼルとグレーテル。

妹グレーテルは、女主人リリスの経営する町で評判のパン屋「ジンジャーブレッド」で働くしっかり者。

それに引き替え兄ヘンゼルは、今だ働くこともせず家に引きこもりTVゲームに没頭する困り者だった。


ある日、二人は唯一の肉親である父親に呼び出され、彼が再婚することを告げられる。

父親の再婚相手ルビーは、兄妹と年3つしか違わない若い女性である。

今は亡き母の死を引きずるヘンゼルは猛反対し、怒るままその場から立ち去ってしまった。


頭に血が昇ったまま、母との思い出の場所、町外れの森「ハンド・ツリー」を訪れるヘンゼル。

しかしその時、誤ってトラバサミを踏んでしまい大怪我を負ってしまう。

後を追ってきたグレーテルになんとか助けられ、二人は森の奥にあった山荘に助けを求める。

するとその山荘に住んでいたのは、なんとジンジャーブレッドの主人リリスであった。

快く迎えてくれたリリスは、手料理を振る舞い二人をもてなす。


だがその山荘の地下では、世にもおぞましい所業が行われていた。

町からさらった若者を地下牢に監禁しては、大量の甘い菓子を食事として与え、そして十分に肥えさせた後、オーブンで丸焼きにして食べていたのだ!


手料理に盛られた睡眠薬で眠らされたヘンゼルは新たな「食肉」として地下牢に入れられてしまう。

しかし何故か、グレーテルは相変わらずもてなし続けるリリス。

実はリリスは不死と化した魔女であり、グレーテルを自身の後継者として見初めたのだった。

果たして兄妹は、魔女の魔の手から逃れることが出来るのか?



《登場人物紹介》

-ヘンゼル・グリム-

おにいちゃん。短髪にーちゃん。


働きもせず朝から晩までゲームに熱中するオタク兄貴。

頭は良いようだが、「自分の左脳は勉学には適していない」と述べ、学校に行くこともせず、ほぼ一日中家に引きこもっている。

大人になりきれない少々屈折した性格しており、それは過去に事故死した母親の死にいまだ責任を感じていることに起因している。

やたらと妹に助けを求める情けない兄貴ではあるものの、それは妹に全幅の信頼を寄せているからに他ならず、また意外に正義感も強い。



-グレーテル・グリム-

いもうと。黒髪ねーちゃん。


兄貴とは違い自立性が強いシッカリ者。

町のパン屋ジンジャーブレッドで店員として働き、主人のリリスからも信頼されている。

兄のことは勿論大切に思っているが、いい加減過去に囚われず自立してほしいと願っている。



-ブランドン・グリム-

おとうさん。初老だけどダンディ。


ヘンゼルとグレーテルが子供の頃に妻を事故で無くし、以来男手一つで兄妹を育ててきたが、二人が一人立ちできる年齢になったため、かねてから付き合っていた恋人ルビーと結婚しようと考えている。

わが子を思う気持ちは非常に強く、二人が行方不明になったことを知ると、保安官とは別に独自に捜索を開始する。



-ルビー-

ままはは(予定)。金髪ねーちゃん。


兄妹と3歳しか違わないという、ブランドンの相手にしては非常に若い女性。

ゆえにヘンゼルは「なにか裏がある」と快く思っていないが、彼女自身はブランドンを愛するいたって真面目な女性である。

ブランドンと共に、消えた兄妹の捜索に乗り出す。



-ウッディ・メッケス-

ほあんかん。眼鏡ヂヂイ。


何年にもわたって町で起きる失踪事件を追っているが、いまだに手掛かりを掴めないでいる。

兄妹が失踪したことで、副保安官のジェリーと共に、グレーテルと親交のあったリリスやハンド・ツリーを捜査する。

ちなみにジンジャーブレッドの常連客であり、リリスの作るミートパイが好物。



-ジェーン-

しょくにくA(仮)。金髪ショートねーちゃん。


ヘンゼルより先に地下牢に監禁されていた1人。

町の人間ではなくよそ者であり、ピアニストになることを夢見て故郷を出てきたらしい。

気丈で優しく、ヘンゼルと打ち解け協力して脱出法を模索する。



-ケビン-

しょくにくB(仮)。黒髪短髪にーちゃん。


ヘンゼルより先に地下牢に監禁されていた1人。

自分より先に何人もの若者が丸焼きにされているのを見てきているからか、かなりネガティブで皮肉になってしまっている。



-リリス-

まじょ。ブロンドばーちゃん。


町一番のパン屋ジンジャーブレッドの女主人。

彼女の作るミートパイは絶品で、小さい店ながらかなりの人気がある。

その正体は、数百年前に人間の心臓を食すことにより、不老となった魔女。

町で若い人を拉致し、今なお人間の心臓と人肉を食べ続け力を保ち続けているが、ジンジャーブレッドで働くグレーテルを気に入り、自分の跡を継ぐ後継者にしようと企む。

そのためグレーテルに危害を加えることは殆ど無いが、ヘンゼルに対しては冷徹そのものであり何とも思っていない。



-ジョン&ロバート-

むすこ。ロン毛ヒゲのもじゃもじゃ。ガタイ。


リリスの実子であり、同じく不老の兄弟。

人前には姿を現さず、森から出ることなく生活している。

口がきけないのか一言も言葉を発することはなく、その大柄で筋肉質な体躯に違わぬ粗暴な振る舞いだが、斧や弓矢、罠の扱いに長ける狩人でもある。



《総評》
2013121021123070b.jpg
ティーンな風味。





ボーナスYHAAAO!!((8(≧д≦#)8))

冬のボーナスを頂きました。Pow♪(° ∀°#)

まぁ…減給食らっているので例年のほぼ半額ではありましたが(;´д`)。


それでも臨時収入が入ったのは嬉しい限り。

なので、この機会に楽天で買い物です。無論、銃関連のモノを。

新しいガンを入手するか、それとも既に入手済みのガンをカスタマーイズするか悩みましたが、もう既に一般人から見るとドン引きされる数を持ってるので、パーツを買うコトにしました。


で、今回カスタマーイズしようと考えたのが、KTW製イサカM37 Sowd-offであります。

コイツを購入したのはかれこれ6~7年前で、現在発売されているNewモデルより以前の古い個体です。

箱出しのまんまメンテなんて全くしていないのに、いまだに弾道性能は電動ガンと互角で、さらに本来は1発-2発の切り替え式な筈なのに、何故かざわのイサカは1発-3発。

たまたま性能の良い個体だった、程度では済まないオーバースペックなのです。


思えば、このイサカがざわの生涯のクジ運を全て費やしていたのかも知れません。

何にしても、これほどの素材を活かさない手は無い!と、7年経ってようやく気付いた次第で。(遅)


で、このイサカの欠点、照準器が無いのと、ソウドオフなのでストックが無く射撃が安定しないのを補うべく、楽天にて木製ストックとマウントベースを購入したのであります。

…計、13000円。


本体より高ェェエエエエ!!Σ(´д`;))



発売元-アートポート

監督-チャンチャイ・パンタシ

製作-サヴィチャイ・チャナシット

2002年/タイ映画

原題:『THE TREK』

購入価格-498円(新品)



《ストーリー》

アジアの象を保護・観察する活動を行っている「アジア象保護の会」の面々は、興味深い情報を入手した。

ジャングルの奥深く、現地の人間も近付かぬという秘境に、未だ確認されていない新種の象がいるというものだ。

早速事実を確認するべく、リーダーのタムサック以下、若いメンバーや海外からの実習生らで探検隊を結成、ジャングルの奥の奥、前人未踏の秘境を目指し調査に乗り出した。

ちょっとした冒険。もし本当に象が見付かれば大発見になる。


そんな軽い気持ちでジャングルに足を踏み入れた彼らだったが、早晩、ジャングルの恐ろしさを味わうこととなる。

人肉すら食い尽くすムカデの大群。

タランチュラを遥かに凌ぐ、人間の頭部サイズの巨大蜘蛛。

肉食性の蜂。

そして河に潜み、神出鬼没に襲い来る巨大アナコンダ…。


人では抗えぬ、超自然の脅威に次々と犠牲になる仲間達。

さらには密林は迷宮と化し、一向は逃げ出すことすら出来ず、延々とさ迷い続ける事態に陥ってしまう。

まるで、密林そのものが意志を持ち、人間に牙を剥いているかのように…。



《登場人物紹介》

-タムサック-

アジア象保護の会のリーダー。中年おやぢ。


新種の象を見つけて会の名声を高めようと、会員を引き連れて密林へ足を踏み入れる。

吹替え版では急に訛りが入ったり、負傷すると松田○作と化す。



-コン-

会員。ジャケの真ん中のロン毛にーちゃん。


なんだかんだで皆を引っ張ることが多い。左利き。

吹替え版では放送禁止用語を喋る。



-チョー-

会員。ジャケの左端の短髪にーちゃん。


行動力がある一方やたらと気性が荒く、仲間とケンカすることもしばしば。

護身用にベレッタM92FSを所持。

吹替え版ではちょくちょくブラックなユーモアを挟む。


-トン-

会員。ジャケの左から二番目の黒髪ねーちゃん。鼻ピアス。


姉御肌で気が強いが、仲間意識も強い。好みだ(Σコラ)。

吹替え版ではメタな発言をしたり、急にカタコトになったりする。



-エア-

会員。黒髪ロングねーちゃん。


メンバーで最もメンタルが弱く、弱音を吐いたりすぐに泣いたりする。でも可愛いから許す(しつこい)。

吹替え版ではさらに弱虫になり、最終的に「冒頭から叫びすぎてもうセリフが言えない」とまで言い出す。



-ヘンリー-

会員。黒人バンダナにーちゃん。


陽気で誰に対しても平等なアンチャン。状況を考えるとちと陽気過ぎる気もするが。

吹替え版では妙な歌を唄う。



-ロバート-

アメリカからの研修生。青髭にーちゃん。


当たり障りのない感じ。

吹替え版では常時関西弁になり、シリアスな場面で冗談を飛ばす。



-ミッシェル-

研修生その2。ジャケの右端の金髪ねーちゃん。


ロバートとは仲良しだが、恋人ではないらしい。

吹替え版ではロバートの合いの手役。自称「おみっちゃん」。



-サム-

研修生その3。長身黒髪にーちゃん。


ロバートやミッシェルと同じく研修生だが、二人とは面識が無い様子。

悲しいくらいに語るべきトコロが無い。キルカウント。

吹替え版では九州弁と化す。自称「サブ」。



-トング-

密林入り口の村に住む猟師。おやぢ。


密林の奥地で象を見つけ、写真を撮った張本人。

タムサックに案内役を頼まれるも、密林の危険さを知るがゆえに拒否する。

しかし、彼らが案内無しに密林へ入ったのか心配になり、後を追ってくる。イイ人。

猟師なので散弾銃を所持。

吹替え版ではノリツッコミをかましたり、ガッツ○松のモノマネをしたりする。


《総評》
20131203202720cdf.jpg
…ドコからツッコみゃイイですか?(聞くな)





風邪をひいちまいました(´x`;)。

鼻水が止まりません。咳も止まりません。

体調管理には気を配っていたつもりだったのですが。予想を上回る東北の厳冬にしてやられてしまいました。


マッタク、あんなに「体には気をつけて」ってお声を頂いていたのに。まこと不徳の致すトコロでござる(_ _ ;)。

きっと朝シャンからの出勤が原因なんですねぇ。だって酔っ払うとそのまま寝ちゃうんだモン(全然体調管理できてない)。

その結果がゴノザバ…ゴッフォゲフォァ!カァーッ、ヴエッ!(Σ汚ェ)


でね(流すな)。

鼻水はともかく咳が出まくってですね。

いい加減、端から見ると吐血しそうな勢いなんですよ。

周囲の方々にざわの変人病原菌と唾液を撒き散らしてしまうのは大変申し訳ないので、マスクを装備することに。

会社には、「ご自由にお取り下さい♪」な無料マスクが置かれています。ナイスな心配りです。たまにはやるやないかこの野郎

ありがたく、鷲掴みで頂きます(最低)。


ちょっとサイズでかいけど、まぁいいや。装着!


…( ̄仝 ̄〃)。



コンビニ強盗、完成。



発売元-アルバトロス

監督・脚本-マイケル・レナード・マーフィー

製作総指揮-サマンサ・ゼン・ナンス、マーク・ウォルター,M.D.、マイケル・ナス

製作-ウェイン・ジョーンズ、ロバート・マーチャント

2004年/アメリカ映画

原題:『MACHINE HEAD』

購入価格-498円(新品)



《ストーリー》

科学者を志す天才学生マックス。

科学に対する探究心と才能に溢れる若者だが、その弱々しい風貌と頭脳明晰ゆえの独特な思考から周囲から変人と蔑まされ、不良達からは毎日のように標的にされている。

家は葬儀屋で父親と二人暮らしだが、敬虔なクリスチャンである父親はマックスの研究や実験を疎ましく思っており、事あるごとに彼に辛く当たっていた。


そんなマックスの研究とは、生物と内燃機械の関係性の証明。

活動を停止した、つまり死亡した生物を、内燃機械、つまりガソリンによって稼働するエンジンと掛け合わせることで、再び活動させようというのだ。


一見見込みの無い馬鹿げた実験だったが、マックスの頭脳と努力により、成果は着実に上がってゆく。

そして研究にのめり込むあまり、遂にマックスは一線を越えてしまう。

自宅の安置室から身元不明の遺体をくすね、実験に使っていたエンジンと合体させたのだ。

マックスはエンジンを始動し、PCで遺体の脳内の電気信号を操作する。

すると、遺体は甦り、再び動き出した!


この結果に感嘆したマックスは、きたる市主催の科学コンクールでこの成果を発表し、世間に自分の名を知らしめてやろうと考える。

しかし、マシーンヘッドを生み出した時点で、すでに破滅の道を歩み始めていることにマックスは気付いていなかった…。



《登場人物紹介》

-マックス・ケルプ-

主人公。学生。線の細いヒゲメガネ。


科学に非凡な才能を持つ青年。

勉学に長け、IQは人並み外れて高いようだが、それゆえかモノの考え方が一般人とかなりズレており、空気が読めない残念な子。

そのため周囲から「変人」「異常者」と避けられ、バカにされている。

もっとも、自らを天才と自称し、毎夜自分の部屋で非常識な実験を繰り返しており、周囲の評価に相違無い奇人ではある。

独り言が異常に多く、しかも声がデカイ。



-サリー・カーティス-

多分ヒロイン(他に女優いない)。茶髪黒髪半々ねーちゃん。


マックスの同級生であり、周囲が彼をバカにする中で唯一優しく接してくれる。

ゆえにマックスは彼女に好意を寄せているが、本人はあくまで友人として接しているのであり、かつマックスの異常な研究のことも知らない。



-ハーマン・ケルプ-

マックスの父親。ハゲメガネ。


葬儀屋を営んでおり、遺体の修復を行ったり、葬式の祭事を執り行っている。

息子の異常な実験に真っ向から反対し、毎日のように怒鳴り付けてやめさせようとするが…。



-マシーンヘッド-

ジャケのエンジン頭。小太りロン毛。


元々はマックスの家に身元不明の遺体として保管されていた無縁仏だったが、マックスに実験材料にされてしまい、頭にエンジンを結合され、不完全な状態でこの世に甦ってしまう。

基本的にマックスの命令に忠実だが、制御が不安定でちょっとしたことで暴走する危ない子。

おまけに死体ゆえに肉体のリミッターが外れているのか、人間の体を易々と引き裂くほど力も強い。

エンジンの振動が激しいため、常時プルプルしている。

体臭がキツイ。



《総評》
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。