上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
201311282244210b0.jpg
躍動感があって大変よろしいです。文章の意味はわからないです。





後れ馳せながら『ダイ・ハード/ラスト・デイ』を観ました(ΣまたA級のハナシかい)。

中古DVDが値下がりしてて1000円だったのです。

ざわは『ダイ・ハード』、『ランボー』、『ターミネーター』、『エイリアン』、そして『スピーシーズ』は全シリーズALL鑑賞していまして、この作品も劇場公開時から観たくてウズウズしておったもので。


にしてもホント、回を重ねる毎にドンドンドンドンスケールが巨大化してますねェ。

もう警察とか軍隊とか蚊帳の外で、マクレーン親子とテロリストがロシア各地で大規模過ぎる破壊活動を展開してましたよ。さすがにやり過ぎだろコレ( ̄▽ ̄;)。

なんか終わり方も、親子仲直りしてメデタシなような実はロシア側は何も解決していないような(゜ロ゜;。

と、超メジャーどころに色々ケンカを売るようなコト言ってますが。

個人的に超楽しかったので良いのです。ブルース・ウィリス大好きです(フォローしきれてない)。


そんなざわが今回チョイスしたこの作品。

ハゲな主人公がベレッタを振り回す映画なのです。

そうです。マクレーンと共通点が多かったのでこれを選n


偶然です┐('~`;)┌。(だろうな)



発売元-ジャスティ

監督・脚本-ジャン=クリスチャン・タッシー

脚本-エリック・シェリエール

制作-アクセル・ギュイヨ

2011年/フランス映画

原題:『Calibre 9』

購入価格-498円(新品)



《ストーリー》

此所は、悪徳政治家やマフィアが支配する、欲望にまみれた街。

犯罪、汚職など日常茶飯事のこの街で、1人の娼婦が殺害される。

ヒモの恋人との喧嘩が引き金であった。

駆け付けた刑事が娼婦の死体を調べる。すると何故か、彼女の腹部の裂傷から、一丁のオートマチック拳銃が発見された…。


市職員のヤン・モローは、街を牛耳る市長に頭を垂れ、不正に手を染める悪徳職員の1人。

彼はある日、市長の命令で色々と黒い噂のある大財閥ポンタムッソーに、自身が無理矢理許可を出した事業着手許可書類を届けに行く。

だが何者かの策略により、書類は脅迫文書にすり替えられていた。

気付いた時は既に遅く、モローは激昂するポンタムッソーと手下達に囲まれてしまう。


殺されそうになったまさにその時、モローの耳に、書類が入っていたアタッシュケースから女性の声が聞こえてきた。

「手に取れ」

声の主は、銀色に輝く一丁の「オートマチック」であった…。



《登場人物紹介》

-ヤン・モロー-

主人公。市役所職員。ジャケのヒト。ハゲ。


市役所に勤務した当初は、市民の為に働こうと志す清い人物だったが、周囲の皆が権力者に取り入った見返りに優雅な暮らしをしている現実を目の当たりにし、自らも不正を働くようになってしまう。

都市開発計画を管理する立場にあり、計画を強硬に推進する市長の半ば奴隷のような日常を送っているが、そのお陰で高級マンションでなに不自由なく生活している。

本来は誠実で真面目な性格で、自らの悪行を恥じており、拳銃=サラに出会い、徐々に心の奥底に封じこめていた自らの意志に正直になっていく。

肉親は初老の母親だけであり、親しい友人や恋人などもいない。



-リシャール-

定年間近の老刑事。白髪じいちゃん。


悪性腫瘍によって余命数週間を宣告されている。

かつては優秀な刑事だったが、不正を働いていた親友の刑事を銃殺したらしく、今では同僚皆から疎まれている。

サラが殺害された現場を検証した際、サラの声に導かれて遺体の腹部から拳銃を発見、その正体を知る。

そして自分の命が尽きる前に、警察の力では変えられない街の腐敗を正すべく、一計を案じてモローとサラを引き合わせる。

別れた妻がいる。



-ウルフハウンド-

市長。七三おやぢ。


絵に描いたような悪徳政治家。

権力と金を肥やすためにありとあらゆる手段を講じ、不正なんぞ朝飯前、配下の者を奴隷のように扱い、失態は前任者(父親)になすりつけ、街が荒廃しようが市民が苦しもうが御構い無しの極悪人。

幼い一人娘は大切にしているが、妻はアル中で朝っぱらから飲んだくれている。

また、実はサラの客の1人でもある。



-サラ=オートマチック-

ヒロイン。元娼婦、今拳銃。モデルはベレッタM92FS。


安アパートで暮らし、麻薬に浸りつつ娼婦として荒んだ日々を送っていたが、ある日ヒモの恋人と争いになり射殺されてしまう。

その際、別室に隠れて事なきを得ていた常連客にブードゥーの秘術をかけられ、魂が拳銃に乗り移ることになる。

本来は明るく茶目っ気のある女性らしく、喋る拳銃に戸惑うモローを度々からかう。



スポンサーサイト
|11/28| ヒーローコメント(2)TB(0)
20131119230729381.jpg
指摘するトコロ無ェエー…。なんも言えねぇ~!(やめい)





最近、当ブログについて思うんですが。


更新速度がスンゲェ遅くなっておりますね( ̄△ ̄;)。

少なからずも楽しみにして頂いている方に、大変申し訳ないです。

かつては大体週に2回、3~4日に一回のペースで更新していたのですが。

原因はいくつかあります。


まぁ第1にですよね( ̄▽ ̄;)。

福島に来てから、酒を行き付けの居酒屋で飲んで帰るようになってしまい、帰ると寝ちゃうんですよね。

家で飲んでた時は、携帯片手、酒片手でやっていたのですが。

第2に、仕事です。

前の職場では休憩は自己判断だったので、暇な時や仕事に余裕がある時は結構ホゲーッとする時間があり、その時間でチョットずつ文章が書けていました(Σいや仕事しろや)。

しかし今の職場ではそんな余裕はありません。力の抜きどころがありません。死ぬぅ…(泣)

なので、レビューが全くはかどらんのです。暇が無


全部自分の責任です。スイマセン。


で、もう1つ、当ブログについて思うコト。


最近の前説、長過ぎますね( ̄▽ ̄;)。(わかってんならこーゆーのも書くなよ)



販売元-インターフィルム

監督・脚本-葉山 陽一郎

プロデューサー-釜口 佳人、前田 芳秀

製作-プロジェクト・サル

配給-アルゴ・ピクチャーズ

2004年/日本映画

購入価格-380円(レンタル落ち)



《ストーリー》

プロの映画監督を目指す福家は、製作中の自主製作映画の資金を調達すべく、撮影仲間達と共にとある製薬会社の新薬の臨床試験、つまり「治験」のアルバイトに参加する。

アルバイトの内容は、新薬を投与された後6日間、会社の提携病院にて宿泊、定期的に検診を受けるだけ。

病院を出ないことと、アルコールの摂取や外部との連絡が禁じられていることを除けば、行動に特に制限は無い。

それでいて食事が三食出るのは勿論、報酬そのものも通常のアルバイトとは比較にならないほど高額。普通に考えれば信じられないほどオイシイ仕事だ。


だが、治験を受けた彼らは知らない。

彼らがアルバイトを受けるほんの数日前に、この製薬会社から逃げ出した一匹のサルが、女子高生に襲いかかって重傷を負わせたというニュースを…。


治験開始から数日、彼ら被験者の中に、身体に異変が起きる者が現れ始める。

これは、福家達が治験の現場にカメラを持ち込み撮影した一部始終の物語。



《登場人物紹介》

-福家 稔-

一応主人公。


映画監督を志すフリーター。

自主製作映画の資金を手っ取り早く調達すべく、撮影仲間と共に治験に参加する。

自分の監督する映画に並々ならぬこだわりがあり、未だに映画を一本も完成できず中途半端になってしまっている。



-福家の友達′s-

福家の映画製作仲間達3人。特に語るほどでもないので割愛。


福家とは長い付き合いであり、皆で仲良く治験に参加する。

この中の1人、栗田が治験の一部始終を撮影する。

-井藤 和人-

福家の仲間で、映画出演する役者。


映画製作資金を稼ぐ方法として福家達に治験を提案、知り合いが勤めている病院を紹介する。

このヒトはドラマとかにもよく出演している。男前ですね。



-横尾 高志-

治験参加者。ヒゲメガネおやぢ。


半分趣味のようなカタチでロックバンドをやっている。

仲間2人と共に様々な病院・製薬会社を巡り、その治験のアルバイトだけで生活している男。

数多の治験に参加してきたこともあり、ルールや内情に非常に詳しく、なにかと福家達にアドバイスしてくれる。



-飯沼 亜矢子-

治験を管理する医師の1人。水川あさみ。


美人だがお堅い感じが漂う女性。

井藤とは、医者と被験者というだけではない何かしらの関係があるようだが…。


普段ドラマでは明るい役を演じることの多いヒトだが、本作では影のある妖しい美人女医を演じており、中々新鮮である。というか可愛い(オイ)。



《総評》
20131112220038a28.jpg
チョット速すぎるかもよ♪(Σ古いな)






「あ、タバコ無いや。コンビニ寄ろ」

と、帰り道とは逆方向にあるセブンイレブンへ。

今住んでる借家の最寄りにコンビニが無いので、あまり行くコトはないんですが。


店員のお姉ちゃんにタバコを頼みます。

ざわ「ホープのカートンを1つ」

店員「…」

5千円出します。

店員「…」

店員、釣りを渡します。

店員、商品を渡します。

ざわ、店から出ます。

店員「…」

ざわの後ろに並んでいた客がレジの前に立ちます。

店員「いらっしゃいませェ」


ざわ「…(゜-゜)」


なんでボクには口きいてくれないんですか?(゜△゜;

なんで?ざわ、何か恨まれるようなマネしましたか?コンビニ以外で会ったコト無いと思うんですが。

まったく身に覚えがありません。いや、もしかしたら前世で悪事を働いたのかもしれませんが。

それか、この店員さんが単にウエストサイドピープォーが嫌いなのかもしれません。

いや、もしくは、ざわの存在自体が気に食わないんですかね…?


…えーと、とりあえずざわが死ねばいいんですか?(おいおい)


まぁ確かに愛想は無いし、外見もこのザマですからね。一般客と区別されても仕方ないですが。

でも理由は知りたいですね。

もしざわぞんに明らかな非があるのなら、オーワダ常務ばりの渾身の土下座をするところです。


もしただ単に虫の居所が悪かっただけなら、全力で播州弁で罵詈雑言を浴びせ一応は接客商売なんだから改めてもらいたいところですね┐('~`;)┌。


ざわは仕事中いつもシカメっ面ですけどね┐('~`;)┌。接客業じゃないのでネ(良かないだろ)。



発売元-AMGエンタテインメント

監督-ドン・E・ファンルロイ

製作総指揮-スタン・リー

脚本-ジョン・グレイ、スティーヴ・ラッショウ

2005年/アメリカ映画

原題:『LIGHTSPEED』

購入価格-450円(中古)



《ストーリー》

アメリカ全土の科学研究所が襲撃され、最先端機器が強奪される事件が発生。

国家安全保障局の対テロ特殊部隊「ゴースト・スクワッド」は、テロリスト集団を壊滅すべく行動を開始した。

次に襲撃される研究所に当たりをつけ、戦闘部隊を派遣する。

しかし、まるでゴースト・スクワッドが現れるのを予知していたかのように、テロリストは絶妙のタイミングで逃亡、さらには研究所を爆破するのだった。

隊員のダニエルは爆発に巻き込まれ、瀕死の重傷を負ってしまう。

放射線治療によって一命は取りとめるダニエル。

しかし、そこへもテロリストが姿を現す。


テロリストは全身を黒いローブに包み、その顔面はまるで爬虫類のように変異した怪人。

実はテロリストの正体はかつてのダニエルの友人であり、今は国家、そしてダニエルに並々ならぬ憎悪を抱く「パイソン」であった。

パイソンはダニエルに浴びせられている放射線量を操作し、致死レベルまで引き上げてその場を去る。


だがダニエルは死ななかった。多量の放射線を身体に受けながらも、奇跡的に生還したのだ。

重傷だったダニエルの身体はみるみる治癒し、ものの数日で歩けるほどに回復した。

しかし、放射線が彼に与えた影響はそれだけではなかった…。


ある日療養中のダニエルは、自分の身体能力が劇的に飛躍していることに気付く。

その腕は目にも止まらぬ俊敏さで動き、その脚はひと度走り出せば誰にも捉えることは出来ないほど疾くなっていた。


その頃、パイソンの計画は佳境を迎えていた。

彼の最終目標は、強奪したテクノロジーを使用し、首都圏全域を業火に包むという常軌を逸したものだった。


復職をいまだ許可されないダニエルは、全身を青いスーツに包み、「スピードマン」として独力でパイソン挑む!



《登場人物紹介》

-ダニエル-

主人公。オッサン。スピードマン。


冴えない風貌であるが、特殊部隊ゴースト・スクワッドのエース隊員。

パイソンの罠にかかって瀕死の重症を負い、さらにパイソンの駄目押しにより致死レベルの放射線を浴びてしまうが、奇跡的に生還。その後全快し、さらには凄まじい超スピードを身に付ける。

超スピードで動くと空気摩擦で肌が焼けてしまうため、活動時には空気抵抗を最大限に減らしたジェットパック競技用のスーツのほか、同様に外的負荷から身体を守るゴーグル、グローブ、ブーツを着込む。

そのスピードと元来の特殊部隊員としての戦闘力から、並みの兵士など歯牙にもかけぬ圧倒的な強さを誇る。

しかしその反面、放射線を多量に浴びた為に定期的に特殊な薬品を服用しなければならず、特にスピードマンとして活動した際には薬の持続時間が短くなり、切れると行動不能に陥ってしまう。


ちなみに「スピードマン」とは日本語の翻訳・字幕表記。

実際の劇中では「ライトスピード」であり、エンドロールでも「LightSpeed」となっている。



-パイソン-

宿敵。テロリスト。


本名をエドワードといい、ダニエルのかつて友人。

事故で全身に大火傷を負った妹のアンを治療すべく、皮膚の再生能力に優れた蛇のDNAを利用した研究を行っていたが、助成金が打ち切られ研究は頓挫、アンは死亡してしまう。

さらに、研究所を撤収する際に火災に巻き込まれて大火傷を負い、咄嗟に試験段階の皮膚再生施術を行うが、未完成だったために表皮が蛇のように変異した怪物となってしまう。

以来、精神は邪悪に歪み、かつて自分の研究を打ち切った議員や、パイプ役だったダニエル、そして世界そのものに激しい憎悪を燃やしている。

蛇のDNAを取り込んだことにより外見は醜くなったものの、その身体能力は飛躍的に高まっており、スピードマンとなったダニエルとも互角以上に戦う。



-ベス-

ヒロイン。ブロンドおねーさん。


ダニエルの恋人であり、同じくゴースト・スクワッドの隊員。

公私共にダニエルを支えるナイス恋人。

スピードマンの正体に気付いたパイソンに拉致されてしまう。

管理人の好み(どうでもいいっつの)。なんでダニエルみたいな中年にゾッコンなのか不思議だ。



-バークロフト-

パイソン一味。黒髪にーちゃん。


パイソンの右腕。

部下にはとことん冷徹なパイソンが唯一信頼を寄せる人物。

その理由は彼がエドワード、つまりパイソンの実の弟だからである。

アンが死んだことで兄に協力しているが、無関係な人間には危害を加えるべきではないとも考えており、パイソンと比べても比較的良識がある。



《総評》
|11/12| ヒーローコメント(6)TB(0)
20131107212820ec1.jpg
凶悪な形相です。…初見では顔よりナマ足に目が行っちゃったのは内緒です。





寒いですねぇ(((--;)))。

まだ11月入ったばっかなんですが。この時期関西ならまだヒンヤリしてるくらいですよ。

しかし、寝具はアンビリーバリューな安値とはいえ一新しましたし、コタツも準備万端です。

加えて管理人自身も全身ユニクロ仕様のアンビリーバリューな完全防寒スタイル。厳冬、かかってこいや!

…と意気揚々と日々を過ごしていましたが。


ある日の朝。その日はいつもより少々寒さがキツめ。

バス停までプルプルしながら歩いていると、不意に突風がざわの左半身を急襲してきやがりました。

ビョォオ!!

ぬォオ!!ユニクロバリヤーー!!(゜ロ゜;(Σダサっ)

フン!この程度でざわを凍死させようなどとは片腹痛って左足寒ゥウーーーッ!!Σ(´д`;)


そうです。

服装は完全防寒だったのですが、靴が夏仕様のまんまだったのです。

この靴はメッシュ系の生地で、速乾性が高く、通気性抜群、浸水性もグンバツです。水溜まりに入ると沈没します。

通気性抜群というコトは、寒波が貫通するというコトです。そら寒いってモンです。


このままでは、ざわの足は凍傷になって指が無くなってしまいますので(オーバー)、新たな靴をゲッツしなくてはなりません。

てなワケで、冬仕様のお靴を買いにABCマーツにGOです。

完成イメージはマリコ様で(実現不可)。



発売元-トランスフォーマー

監督-スティーヴン・C・ミラー

製作-コートニー・ソロモン

脚本-アンソニー・C・フェランテ、ジェイコブ・ヘア

2011年/アメリカ映画

原題:『Scream of the Banshee』

購入価格-500円(レンタル落ち)



《ストーリー》

ある日、アメリカの某大学の考古学サークルに、差出人不明の荷物が届いた。

中身は中世時代のものと思しき古びた籠手、そして大学構内の地図であった。

地図に記されているのは地下の「第3区画」、しかしそこには本来存在しない部屋が印されていた。

興味を持ったサークルの学生がその場所を調べると、壁が崩れ秘密の隠し部屋が現れる。

そこには、テンプル騎士団の紋章が描かれた立方体の鉄箱が置かれていた。


鉄箱を調べるうち、何の気なしに籠手を手に着けていた1人の学生が触れた瞬間、箱が突然開く。

箱の中に入っていたのはなんと、明らかに人間のものではない生首であった。

さらに直後、生首はこの世のものと思えない凄まじい叫び声を発し、爆発を起こして跡形もなく消えてしまうのだった。


次の日、大学の構内で警備員の死体が発見される。

その警備員は前日の当直であり、あの叫び声を偶然聞いていた1人だった。

同時に、ウェランやあの場に居たサークルの学生達の周囲で不可解な現象が起こり始める。


実はあの生首は、12世紀ヨーロッパにおいてテンプル騎士団が退治し、鉄箱に封じていた伝説の妖精、「バンシー」の首であった。

彼らは、知らずにその封印を解いてしまったのだ。


古の妖精バンシー。その標的となった人間には、確実に死が待っている。

ウェラン達はバンシーから逃れることが出来るのか?



《登場人物紹介》

-モーラ・ウェラン-

大学教授。ブロンド美熟女。


様々な大学を転々としている考古学臨時講師で、短期的ではあるが考古学サークルの担当として活動している。

私生活では、二人暮らしの娘との仲がギクシャク気味。



-オーティス-

サークルの学生。黒髪ほっそりにーちゃん。


冗談半分で籠手を着けて箱に触れてしまい、封印を解いてしまう。

冗談好きで臆病な性格だが、行動力があり頭もキレる。



-ジェニー-

サークルの学生。黒髪長髪ねーちゃん。


考古学の勉学に熱心な真面目な子。

オーティスとは恋人といった間柄ではないが仲が良く、コンビで行動することが多い。



-シェイラ・ウェラン-

ウェランの娘。赤メッシュな茶髪ねーちゃん。


母親の職業上、様々な土地を転々として不定住な生活のためか、親子の仲はあまり良くない。

母親の手伝いで彼氏と共にサークルによく顔を出している。



-カーティス-

シェイラの彼氏。口ピアスにーちゃん。


ナリがチャラいためウェランの覚えは良くないが、シェイラに対する想いは本気であり、彼女が引っ越す際には一緒についていくとまで語るナイスガイ(死語)。



-ブロデリック・ダンカン-

かつて大学で教鞭をとっていた考古学教授。ランス・ヘンリクセン。


優秀な考古学者だったが、終末論思想に取りつかれて常軌を逸した行動を取り始めたために大学を追放され、現在は郊外の邸宅で1人暮らしている。

籠手と地図を大学に送り付けた張本人とされる。



-フレデリック・ページ-

大学の元助教授。中年オッサン。


ブロデリックの助手として研究を手伝っていたが、異常さに拍車のかかってゆく彼に耐えられず離反。

中身は知らなかったものの鉄箱の存在を脅威に感じ、ブロデリックに見付からぬよう第3区画に隠した。

現在は考古学の世界から退き、ひっそりと暮らしている。



-バンシー-

妖精。


中世の時代に怖れられた伝説の存在。

ある時は美しい少女、ある時は醜悪な老婆の姿をしており、赤いローブを纏っているのが特徴。

標的となった者に恐ろしい幻覚を見せつつ、この世のものと思えない凄まじい叫び声を発し、その声に耐えきれず悲鳴を挙げた者は凄惨な目に遭い殺害される。


本来のバンシーは、アイルランドやスコットランドに伝わる女性の姿をした精霊。

家の前でバンシーの泣き声を聞くと、近いうちその家の誰かが死ぬと言われている。



《総評》
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。